メインメニューを開く

黒沼 ユリ子(くろぬま ゆりこ、1940年6月4日 - )は、日本の女性ヴァイオリニスト東京都出身。兄は元テレビ東京プロデューサーの黒沼昭久(1933年3月29日 - )。

黒沼 ユリ子
生誕 (1940-06-04) 1940年6月4日(79歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
学歴 プラハ音楽芸術アカデミー
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
音楽教育家
担当楽器 ヴァイオリン

目次

来歴編集

1940年、東京に生まれる。8歳の頃よりヴァイオリンを始める。1956年桐朋女子高校音楽科1年で日本音楽コンクール第1位および特賞を受賞。その後、1958年よりプラハ音楽芸術アカデミーに留学する。プラハでいくつかの賞を受賞した後、首席で卒業し、以降世界各地で演奏活動を行っている。1980年より2012年まで、メキシコシティコヨアカン地区に「アカデミア・ユリコ・クロヌマ」を開校した[1]メキシコを本拠に世界各地で音楽活動を行っている。1988年フェリス女学院大学大学院の教授に就任。2007年メキシコで音楽家に与えられる最高の賞とされるモーツァルトメダルを受賞。

主なディスク編集

著書編集

  • 「アジタート・マ・ノン・トロッポア 激しく,しかし,過ぎずに」(1978年、未來社
  • 「メキシコからの手紙―インディヘナの中で考えたこと―」(1980年、岩波新書
  • ドヴォルジャーク物語―わが祖国チェコの大地よ」(1982年、リブリオ出版
  • 「メキシコの輝き―コヨアカンに暮らして」(1989年、岩波新書
  • 『メキシコのわが家へようこそ』主婦と生活社 1996
  • 「ヴァイオリン・愛はひるまない―プラハからメキシコへ」(2001年、海竜社)

出演編集

  • ラジオ深夜便「ワールドネットワーク」(メキシコからのレポート担当の時期があった。)

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集