黒田 利高(くろだ としたか)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将黒田氏の家臣。黒田二十四騎黒田八虎の筆頭。

 
黒田利高
Kuroda Toshitaka.jpg
兵庫助利高(福岡市博物館蔵)
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文23年(1554年
死没 文禄5年5月18日1596年6月13日
改名 小寺利隆→黒田利高
別名 通称:次郎、小一郎、兵庫助
墓所 長圓寺(福岡市中央区)
主君 織田信長豊臣秀吉黒田孝高
氏族 小寺氏黒田氏
父母 父:黒田職隆、母:明石正風娘・岩(小寺政職の養女)
兄弟 孝高利高利則直之
斎藤仁左衛門娘
政成、女(野村三十郎室)、女(栗山利章室)
テンプレートを表示

生涯編集

天文23年(1554年)、黒田職隆の次男として播磨国姫路城で誕生した。同母兄に孝高(官兵衛・如水)がいる。

天正5年(1577年)、織田信長による中国攻めが開始されると、兄・孝高と共に羽柴秀吉の配下として参加し、秀吉の馬廻となった。天正6年(1578年)から天正8年(1580年)の三木合戦、その後の英賀城攻めにも従軍し、町坪城の城代となった。天正10年(1582年)の信長死後は秀吉に仕え、備中高松城の戦い山崎の戦いでも秀吉に従っている。天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦い時には、甥の黒田長政らと共に和泉国で一揆の鎮圧に当たっている。

天正14年(1586年)から天正15年(1587年)の九州征伐にも参加した。この頃、兄・孝高の勧めにより周防国山口でキリシタンの洗礼を受けた。その後、兄・孝高が戦後の九州国分によって豊前国6郡があたえられ、豊前中津城主となったため、兄から1万石を分与されて豊前高森城主となった。

兄が隠居すると、その家督を継いだ甥の黒田長政の後見役を務めた。文禄元年(1592年)からは文禄の役にも大組頭として参加したが、一度講和状態となった文禄5年(1596年)に帰国。その後体調を崩して和泉国で療養中に死去した。享年43。

参考文献編集

関連作品編集