メインメニューを開く

黒田 武彦(くろだ たけひこ、1946年 - )は、日本の天文学者。専門は天体物理学[1]。元兵庫県立西はりま天文台長・天文台公園長。

目次

略歴編集

姫路市生まれ。香川大学教育学部卒、東北大学理学部天文科研究生課程修了。自動車販売会社を経て1972年、大阪市立電気科学館天文研究室[2]。後に大阪市立科学館設立準備室に配属[3]

1989年、兵庫県立西はりま天文台長。2002年より西はりま天文台公園長を兼任。「教育・普及のためだからこそ、本物を見せたい」との持論を掲げ[4]、世界最大の公開望遠鏡「なゆた」設置に尽力[5]。初代公園長を務めた森本雅樹とともに強力な個性とリーダーシップで天文台・天文台公園の運営を行った[6]。2012年退職。

受賞等編集

  • 1999年 国際天文学連合が小惑星7241に「Kuroda」と命名。
  • 2005年 アブラハム・ヴァルデロマル勲章(ペルーイカ地方政府)。ペルーへの望遠鏡寄贈運動に関して[7]
  • 2009年 姫路文化功労賞(姫路地方文化団体連合協議会)。天文学の理解増進と普及、科学と文化、芸術との融合等の実践に対して[7]
  • 2012年 文部科学大臣表彰。科学技術賞理解増進部門。業績は「公開天文台での活動の新展開と大型望遠鏡導入による理解増進」[8]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集