メインメニューを開く

黒田 長重(くろだ ながしげ、1659年4月26日万治2年3月5日) - 1710年12月19日宝永7年10月29日))は、筑前国秋月藩の第2代藩主。

初代藩主・黒田長興の次男。母は佐竹義隆の娘・法流院。正室は黒田光之の娘・勝真院(富貴子)。子は黒田長軌(長男)。官位は従五位下、甲斐守。奏者番を務めた。幼名は千之助。

江戸にて生まれた。寛文5年(1665年)、父の死去により家督を継ぐ。秋月藩では長興の晩年からすでに財政窮乏化が始まっていた。このため長重は厳しい倹約令を出して藩札を発行し、京都大坂の商人に対して借金返済の停止を行い、上米制度を実施するなどの藩政改革を行った。また、家老制度も確立している。元禄5年には外様大名でありながら奏者番となった。宝永7年(1710年)10月29日、52歳で秋月において死去し、跡を長男の長軌が継いだ。