黒磯板室インターチェンジ

日本の栃木県那須塩原市にある東北自動車道のインターチェンジ

黒磯板室インターチェンジ(くろいそいたむろインターチェンジ)は、栃木県那須塩原市にある東北自動車道インターチェンジ地域活性化インターチェンジ)である。IC名は旧黒磯市板室温泉の「板室」に因む。

黒磯板室インターチェンジ
Kuroiso-Itamuro ic.jpg
黒磯板室インターチェンジ(入口料金所)
所属路線 E4 東北自動車道
IC番号 12-1
料金所番号 07-899
本線標識の表記 黒磯板室IC
起点からの距離 145.5 km(川口JCT起点)
(7.0 km) 那須IC
接続する一般道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
栃木県道0351号標識
栃木県道351号黒磯板室インター線
供用開始日 2009年3月29日
通行台数 x台/日
所在地 329-3121
栃木県那須塩原市鹿野崎
北緯36度57分30.7秒 東経139度59分22.6秒 / 北緯36.958528度 東経139.989611度 / 36.958528; 139.989611座標: 北緯36度57分30.7秒 東経139度59分22.6秒 / 北緯36.958528度 東経139.989611度 / 36.958528; 139.989611
テンプレートを表示

概要編集

行楽シーズンにおける渋滞の緩和などを目的として計画され、2009年3月29日に供用を開始した。

黒磯PAと隣接しているが、インターチェンジとパーキングエリアの相互利用はできない構造になっている。なお、インターチェンジの建設時は同パーキングエリアを一時閉鎖して工事が行われた。

取付け路である県道351号を経由して東北本線東北新幹線那須塩原駅の駅前通り(県道53号・標識等の現在の名称は「大学通り」)と接続しており、また、先行してオープンした複合商業施設那須ガーデンアウトレットとも直結している。

なお、このICの上り線(東京方面)への出入り口は平面Y型であるため、信号機が設置されている。

道路編集

直接接続
間接接続

料金所編集

  • ブース数:5

入口編集

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

出口編集

  • ブース数:3
    • ETC専用:1
    • 一般:2

編集

E4 東北自動車道
(12)西那須野塩原IC - (12-1)黒磯板室IC/黒磯PA - (13)那須IC

周辺編集

関連項目編集

外部リンク編集