メインメニューを開く

黒羽 清隆(くろは きよたか、1934年昭和9年)2月25日[1] - 1987年(昭和62年)6月19日[1])は、日本歴史学者・教育者。静岡大学教育学部教授東京都杉並区[1]阿佐ヶ谷[要出典]出身。

目次

略歴編集

1952年東京都立武蔵丘高等学校を卒業し、東京教育大学文学部史学科に入学する。大学では、和歌森太郎家永三郎に師事する。和歌森は黒羽の就職の世話をし、家永は黒羽が結婚する際に、その仲人を引き受けている(これは家永が引き受けた唯一の仲人)[要出典]

1956年に東京教育大学を卒業[1]中学教諭として新宿区立東戸山中学校、同四谷第一中学校で教鞭をとった後[要出典]東京都立大学附属高等学校[1]東京学芸大学教育学部附属高等学校[1]教諭となる。この間、和歌森の後任として1969年から10年間、NHK通信高校テレビ講座日本史を担当した。

1975年には、東京学芸大学中央大学非常勤講師に併任され[要出典]1979年静岡大学教育学部助教授となる[1]1981年、同教授[1])。歴史教育日中戦争太平洋戦争について相次いで著作を世に問い、歴史教育界に多大な影響を与えたが、大腸癌のため[要出典]53歳で静岡県島田市の市民病院において[要出典]死去した。

著書編集

  • 『日本史教育の理論と方法』(地歴社、1972年。増補版1975年)
  • 『日本史への招待』(大和出版販売[グリーン・ブックス]、1974年)
  • 『日本史の森 ある歴史教育論の試み』(実教出版、1976年)
  • 『日本史の群像』(三省堂三省堂選書]、1977年)
  • 『日中15年戦争』上・中・下(教育社教育社歴史新書]、1977-1979年)
  • 『一問一答式日本史』(富士教育、1978年)
  • 十五年戦争史序説』(三省堂、1979年。[三省堂選書]上・下1984年)
  • 『人物史でまなぶ日本の歴史』(地歴社、1980年)
  • 『文化史でまなぶ日本の歴史』(地歴社、1981年)
  • 『軍隊の語る日本の近代』上・下(そしえてそしえて文庫]、1982年)
  • 『歴史教育と教科書問題』(地歴社、1982年)
  • 『見つめられてこそ人は生きられる 「自分」を生きるためのノート』(大和出版、1983年)
  • 『日中戦争前史』(三省堂[三省堂選書]、1983年)
  • 十五年戦争と平和教育』(地歴社、1983年)
  • 『生活史でまなぶ日本の歴史』(地歴社、1984年)
  • 『太平洋戦争の歴史』上・下(講談社講談社現代新書]1985年。[講談社学術文庫]2004年)
  • 『歴史教育ことはじめ』(地歴社、1985年)
  • 『鉄砲足軽ひとりごと抄 黒羽清隆講演・座談集』(地歴社、1987年)
  • 加藤正彦編)『昭和史』上・下(飛鳥、1989年)
  • 池ヶ谷真仁編)『日米開戦・破局への道 『木戸幸一日記』(1940年秋)を読む』(明石書店、2002年)
  • (池ヶ谷真仁編)『歴史を楽しむこと、歴史に参加すること黒羽清隆日本史入門講座』(明石書店、2005年)
  • (加藤正彦・八耳文之編)『黒羽清隆歴史教育論集 子どもとともに歴史を学び、歴史をつくる』(竹林館、2010年)

共編著編集

  • 『史料を中心とした中学生の歴史』家永三郎共著(学生社 1959年)
  • 『日本文化史の焦点』 芳賀登共編 (雄山閣出版 1963年)
  • 『日本史百三十一話』 芳賀登共著 (雄山閣出版 1963年)
  • 『新講日本史』家永三郎共著(三省堂 1967年。増補版1976年。上製版1976年。三訂版1986年)
  • 『増補 歴史教育の資料と扱い方』加藤文三・鈴木亮・吉村徳蔵・槐一男共著(地歴社 1975年)
  • 『歴史のとびら 授業の役に立つ話』吉村徳蔵・宮原武夫・梅津通郎共著(日本書籍 1982年)
  • 『歴史のとびら2 授業の役に立つ話』吉村徳蔵共編著(日本書籍 1983年)
  • 『歴史のとびら3 授業の役に立つ話』吉村徳蔵・大江一道・佐藤伸雄・鈴木亮共著(日本書籍 1984年)
  • 『まんが日本の歴史 全12巻』加藤文三・吉村徳蔵共編(大月書店 1987年)

脚注編集