メインメニューを開く

黒谷 了太郎(くろたに りょうたろう、1874年1月23日 - 1945年5月11日)は、日本官吏都市計画家、第3代旧鶴岡市長。

人物編集

酒田県田川郡鶴岡(現・山形県鶴岡市)生まれ。名古屋の都市計画に携わっていた折、イギリスの田園都市の設計を担当したレーモンド・アンウィンに教えを請うたことがきっかけで、アンウィンに傾倒するようになる。田園都市思想を日本の事情を踏まえたうえで、「山林都市」という形で具現化すべく提唱するも、賛同を得るに至らなかった。後に請われて生地、鶴岡市の市長となるも、教育人事をめぐる政争がきっかけで、排斥運動が起き、辞任する。名古屋時代の同僚に石川栄耀がいる。

経歴編集

著作物編集

著書編集

  • 1895年(明治28年) - 『台湾』 博文館(出版)
  • 1923年(大正12年) - 『都市計画概要』 都市計画愛知地方委員会(出版)
  • 1925年(大正14年) - 『都市計画と農村計画』 昿台社(出版)

編纂編集

訳著編集

  • 1929年(昭和4年) - 『都市内容分配論 : 住宅の閑暇時利用に及ぼす影響』 レーモンド・アンウィン(著) 曠台社(出版)

参考資料編集

  • 『庄内人名辞典』 大瀬欽哉(代表編者) 致道博物館内「庄内人名辞典刊行会」(発行)1986年
  • 『鶴岡市史中巻』 鶴岡市発行 1975年
公職
先代:
金野岩治
  鶴岡市長
第3代:1927年-1930年
次代:
熊田周八