メインメニューを開く

齋藤貢(さいとう みつぐ、1954年- )は、日本の詩人。本名は齋藤貢一。

略歴編集

福島県生まれ、いわき市在住。茨城大学[1]1979年に教員となり、福島県立小高商業高等学校福島県立郡山東高等学校の校長を歴任[2]。詩誌「白亜紀」「歴程」同人。福島県現代詩人会理事長。1987年、第40回福島県文学賞受賞(詩集『奇妙な容器』にて)[3]2019年『夕焼け売り』で現代詩人賞受賞。

著書編集

  • 『蜜月前後 詩集』思潮社 1999
  • 『追想記』文芸社 2004
  • 『モルダウから山振まで』思潮社 2006
  • 『竜宮岬』思潮社 2010
  • 『汝は、塵なれば』思潮社 2013
  • 『夕焼け売り』思潮社 2018

脚注編集

  1. ^ 『文藝年鑑』2016
  2. ^ 現代詩人賞に 斎藤貢さん(いわき)「夕焼け売り」
  3. ^ 『夕焼け売り』著者紹介