龍江寺(りゅうこうじ)は、愛知県刈谷市小垣江町北竜6にある曹洞宗寺院である。竜江寺とも表記される。山号は宝玉山。刈谷藩の藩主を務めた三河稲垣氏菩提寺である。小垣江町(旧小垣江村)にあるが高須町に近い[1]。「腕割り狭」(うでわりはざま)という竜宮伝説が伝わる[1]

龍江寺
所在地 愛知県刈谷市小垣江町北竜6
位置 北緯34度58分28.0秒
東経137度00分24.7秒
座標: 北緯34度58分28.0秒 東経137度00分24.7秒
山号 宝玉山
宗派 曹洞宗
創建年 建久4年(1193年)
開基 行中綱八
龍江寺の位置(愛知県内)
龍江寺
テンプレートを表示

歴史編集

文治元年(1185年)の壇ノ浦の戦い後に平家が滅亡すると、平氏の武将である行中綱八が平家一族の冥福を祈るために、建久4年(1193年)に当山を開基したとされる[2]

万治元年(1658年)には刈谷藩の藩主である稲垣重昭(信濃守)が山門を建立した[2]。万治元年(1673年)3月18日、稲垣重昭によって当山が中興され、延宝元年(1674年)には本堂が改築された[2]三河稲垣氏菩提寺となり、稲垣氏の先祖の位牌も置かれた[2]。延宝4年(1676年)には稲垣重昭によって権現宮と弁財天堂が建立された[2]。稲垣重昭は楼門も建立したが焼失したため、延宝2年(1674年)に別地点に建立した総門を当山に移築して山門とした[2]。元禄8年(1695年)1月8日には鐘楼が鋳造された[2]

1881年(明治14年)4月4日には火災で本堂などが焼失した[2]。1903年(明治36年)11月22日、本堂など各種の建物が再建された[2]太平洋戦争中の金属類回収令では鐘楼が供出されたため、新たに鐘楼を鋳造し直した[2]。1973年(昭和48年)6月29日、刈谷市今川町にある今川八幡宮の本殿を当山に移築して権現宮とした[2]

境内編集

  • 本堂
  • 鐘楼堂
  • 権現宮
  • 弁才天堂
  • 山門

現地情報編集

所在地
交通アクセス

脚注編集

  1. ^ a b 『写真集 明治大正昭和 刈谷』国書刊行会、1981年
  2. ^ a b c d e f g h i j k 曹洞宗寶玉山龍江寺 小垣江の山車

外部リンク編集