メインメニューを開く

龍門 孝幸 (りゅうもん たかゆき、本名:松岡 貴行(まつおか たかゆき)、1953年4月16日 - )は、埼玉県川口市出身で出羽海部屋に所属していた元大相撲力士。得意技は右四つ、寄り、吊り。最高位は西十両筆頭(1977年3月場所)。

龍門孝幸 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 松岡 → 龍門
本名 松岡 貴行
生年月日 (1953-04-16) 1953年4月16日(66歳)
出身 埼玉県川口市
身長 187cm
体重 149kg
BMI 42.61
所属部屋 出羽海部屋
成績
現在の番付 引退(廃業)
最高位 西十両筆頭
生涯戦歴 325勝307敗(77場所)
優勝 幕下2回
データ
初土俵 1969年7月場所
引退 1982年5月場所
備考
2011年7月28日現在

経歴編集

川口工業高校入学後、野球部に入部し投手を務めプロ野球選手を目指していたが、その体格を見出した近所の鰻屋の主人から出羽海に連絡があり、訪ねてきた出羽海に勧誘されて3ヶ月で高校を中退し、出羽海部屋に入門。1969年7月場所で初土俵を踏んだ。入門後約3年を経た1972年5月場所で幕下に昇進し、その後しばらくは幕下上位から中位の往復が続いていたが、西23枚目で迎えた1975年5月場所で初の7戦全勝を果たし優勝。西筆頭に上がった次の7月場所でも5勝2敗の好成績を残し、9月場所で新十両に昇進した。

2度の幕下転落を経験し、3度目の十両昇進となった1976年7月場所で四股名を本名の松岡から龍門に改めた。この場所は10勝5敗と十両で初の勝ち越しを決め、9月場所からは幕内を狙える十両上位での相撲がしばらく続いたが、西3枚目で迎えたその年の11月場所で11日目に勝ち越してから全敗したり、結果的に最高位となった西筆頭で迎えた1977年3月場所で、7勝7敗で迎えた千秋楽の相撲に敗れるなどして、幕内昇進は果たせなかった。その後は十両中位から幕下上位で相撲を取っていたが、1981年3月場所から7場所連続で全休し、1982年5月場所ではついに番付外に転落した。関取経験者が番付外に転落するのは昭和以降では史上初であったが、この場所にも出場せず、そのまま5月場所限りで廃業した[1]

通算成績編集

  • 通算成績:325勝307敗52休(77場所)
  • 十両成績:126勝159敗(19場所)
龍門孝幸
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1969年
(昭和44年)
x x x (前相撲) 東序ノ口5枚目
5–2 
西序二段43枚目
4–3 
1970年
(昭和45年)
東序二段23枚目
5–2 
東三段目75枚目
2–5 
西序二段7枚目
2–5 
西序二段29枚目
4–3 
西序二段21枚目
4–3 
東序二段10枚目
5–2 
1971年
(昭和46年)
東三段目52枚目
2–5 
西三段目71枚目
3–4 
東三段目79枚目
4–3 
東三段目67枚目
5–2 
東三段目38枚目
5–2 
東三段目6枚目
2–5 
1972年
(昭和47年)
東三段目26枚目
5–2 
西三段目筆頭
4–3 
東幕下55枚目
5–2 
西幕下31枚目
3–4 
東幕下39枚目
6–1 
東幕下17枚目
3–4 
1973年
(昭和48年)
東幕下25枚目
2–5 
東幕下43枚目
4–3 
西幕下37枚目
3–4 
東幕下48枚目
4–3 
西幕下40枚目
5–2 
東幕下22枚目
4–3 
1974年
(昭和49年)
東幕下16枚目
4–3 
西幕下12枚目
2–5 
東幕下28枚目
4–3 
東幕下25枚目
6–1 
東幕下7枚目
1–3–3 
東幕下27枚目
3–4 
1975年
(昭和50年)
西幕下38枚目
6–1 
東幕下17枚目
3–4 
西幕下23枚目
優勝
7–0
西幕下筆頭
5–2 
西十両12枚目
3–12 
西幕下7枚目
5–2 
1976年
(昭和51年)
東幕下3枚目
5–2 
東十両13枚目
7–8 
東幕下筆頭
6–1 
東十両11枚目
10–5 
西十両2枚目
7–8 
西十両3枚目
8–7 
1977年
(昭和52年)
西十両2枚目
8–7 
西十両筆頭
7–8 
西十両2枚目
7–8 
西十両3枚目
4–11 
東十両12枚目
6–9 
東幕下3枚目
4–3 
1978年
(昭和53年)
東幕下2枚目
優勝
6–1
東十両10枚目
8–7 
東十両9枚目
9–6 
東十両6枚目
7–8 
東十両8枚目
5–10 
東十両12枚目
9–6 
1979年
(昭和54年)
西十両7枚目
6–9 
東十両11枚目
8–7 
東十両8枚目
2–13 
西幕下4枚目
2–5 
東幕下16枚目
4–3 
西幕下12枚目
4–3 
1980年
(昭和55年)
西幕下8枚目
4–3 
西幕下5枚目
4–3 
東幕下4枚目
4–3 
東幕下2枚目
4–3 
東幕下筆頭
4–3 
東十両13枚目
5–10 
1981年
(昭和56年)
東幕下6枚目
2–5 
西幕下17枚目
休場
0–0–7
東幕下47枚目
休場
0–0–7
東三段目19枚目
休場
0–0–7
東三段目59枚目
休場
0–0–7
東序二段14枚目
休場
0–0–7
1982年
(昭和57年)
東序二段70枚目
休場
0–0–7
東序ノ口筆頭
休場
0–0–7

引退
0–0–0
x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴編集

  • 松岡 貴行(まつおか たかゆき)1969年7月場所 - 1976年5月場所
  • 龍門 貴行(りゅうもん たかゆき)1976年7月場所
  • 龍門 孝幸(りゅうもん たかゆき)1976年9月場所 - 1980年9月場所
  • 龍門 政克(りゅうもん まさかつ)1980年11月場所 - 1982年5月場所

脚注編集

  1. ^ 関取経験者が番付外に転落し実際に前相撲で相撲を取ったのは、2010年9月場所における北勝国が昭和以降では初である。

関連項目編集