メインメニューを開く

10人抜きのど自慢』(じゅうにんぬきのどじまん)は、1962年3月1日から1966年9月29日までTBS系列局で放送されていたTBS製作の歌謡番組である。放送時間は毎週木曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。

10人抜きのど自慢
ジャンル 歌謡番組
出演者 青空千夜・一夜
吉田正
ほか
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
大学10人抜きのど自慢
放送期間 1962年3月1日 - 1964年4月16日
放送時間 木曜 19:00 - 19:30
放送分 30分
サンテ10人抜きのど自慢
放送期間 1964年4月23日 - 1966年3月31日
放送時間 木曜 19:00 - 19:30
放送分 30分
ナショナル10人抜きのど自慢
放送期間 1966年4月7日 - 1966年9月29日
放送時間 木曜 19:00 - 19:30
放送分 30分
テンプレートを表示

概要編集

出場者たちが10人勝抜きを目指して歌で競っていた視聴者参加型番組。司会は漫才コンビの青空千夜・一夜が務めていた。毎年新春には、過去のチャンピオンたちを招いての「優勝者大会」を行った。本番組の出場者であった水戸浩二光宮正田中星児[要出典]、後に歌手となった。

本番組は、東京放送がラジオ東京を社名としていた1950年代後期、同ラジオ部門(現・TBSラジオ)で放送されていた『スーパー10人抜きのど自慢』をテレビ向けにリメイクしたものである[要出典]。1964年4月16日までは、『スーパースターメロディ』(1956年 - 1960年8月)の放送開始以来この時間帯のスポンサーとなっていた参天製薬の一社提供で放送されていた。これはラジオ版も同じで、ラジオ版のタイトルに入っていた「スーパー」は1954年に発売された「大学スーパー目薬」の略である。そしてラジオ版と区別するため、当時同社が主力としていたブランド「大学目薬」から取った[要出典]大学10人抜きのど自慢』(だいがく - )をタイトルに用いていた。しかしスポンサーの主力ブランドながら、「大学」という冠では「大学生しか出場できない」と誤解する視聴者が増えたこと、さらに大学ブランドよりも「サンテ・ド・ウ」などのサンテブランドに製品の比重が置かれていったことから[要出典]、同年4月23日放送分をもって『サンテ10人抜きのど自慢』と改題。さらにその後、参天製薬に替わって松下電器産業(現・パナソニック)がスポンサーに付いたことから、1966年4月7日放送分をもって『ナショナル10人抜きのど自慢』と改題した。

審査員編集

賞金編集

  1. 1,000円
  2. 2,000円
  3. 3,000円
  4. 4,000円
  5. 5,000円
  6. 10,000円
  7. 15,000円
  8. 20,000円
  9. 25,000円
  10. 100,000円(内訳:勝ち抜き賞金3万円+チャンピオン賞7万円)

『サンテ10人抜きのど自慢』への改題後には、さらに「スカンジナビア航空で行くヨーロッパ旅行」も副賞として贈られた。これは、1964年4月の海外旅行自由化に伴うものである。

参考文献編集

TBS系列 木曜 19:00 - 19:30
参天製薬一社提供枠 → 松下電器産業一社提供枠】
前番組 番組名 次番組
サンテンラッキーセブンショー
(1961年4月6日 - 不明)
大学10人抜きのど自慢
(1962年3月1日 - 1964年4月16日)

サンテ10人抜きのど自慢
(1964年4月23日 - 1966年3月31日)

ナショナル10人抜きのど自慢
(1966年4月7日 - 1966年9月29日)
がんばれ!マリンキッド
(1966年10月6日 - 1966年12月29日)