スカンジナビア航空

スカンディナヴィアの航空会社

スカンジナビア航空(スカンジナビアこうくう、Scandinavian Airlines System, SAS)は、デンマークスウェーデンノルウェースカンジナビア3カ国が共同で運航する航空会社で、スターアライアンスのメンバーである。本社はスウェーデンの首都ストックホルム

スカンジナビア航空
Scandinavian Airlines System
IATA
SK
ICAO
SAS
コールサイン
SCANDINAVIAN
設立 1946年
1918年に設立され、後に SAS と合併した Det Danske Luftfartselskab A/S
ハブ空港 コペンハーゲン国際空港
ストックホルム・アーランダ空港
焦点空港 オスロ空港
マイレージサービス EuroBonus
会員ラウンジ Scandinavian Lounge
航空連合 スターアライアンス(脱退予定)
スカイチーム(加盟予定)
親会社 SAS AB
保有機材数 133機
就航地 112都市
本拠地 スウェーデン王国ストックホルム (SAS グループ & スカンジナビア航空 Sverige)
ノルウェー王国オスロ (SAS Braathens)
デンマーク王国コペンハーゲン (スカンジナビア航空デンマーク & 国際)
代表者 Jørgen Lindegaard (SAS グループ CEO), Gunilla Berg (SAS グループ CFO)
外部リンク https://www.flysas.com/jp-ja/
テンプレートを表示

概要 編集

出資比率はスウェーデン4、デンマークとノルウェーがそれぞれ3の割合となっている。各国政府が自国出資比率の50%の株を保有し、事実上、三国共同のナショナル・フラッグキャリアとなっている。スウェーデンの首都ストックホルムのアーランダ国際空港がアメリカに対する拠点、デンマークの首都コペンハーゲンコペンハーゲン国際空港がアジアに対する拠点となっている。また、ノルウェーを含むスカンジナビア半島は勿論、フィンランドアイスランドなどのその他北欧諸国・バルト三国ヨーロッパアフリカ中東アジア、北アメリカに幅広い旅客・貨物のネットワーク[要曖昧さ回避]を築いている。

近年は北欧バルト三国航空会社を次々傘下に入れ、SAS運航路線からの移管とコードシェア化が進む。さらに、スターアライアンスの結成でルフトハンザドイツ航空や、その後スターアライアンスに加盟したオーストリア航空との関係が強化されている。今後、SAS運航国際路線の見直しがさらに進むものと見られる。

航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している。 [1][2]

歴史 編集

 
スカンジナビア航空の本部
  • 1918年2月設立 DNL(Det Norske Luftfarsrederi)、ノルウェー
  • 1918年10月設立 DDL(Det Danske Luftfarselskab)、デンマーク
  • 1924年設立 ABA(AB Aerotransport)、スウェーデン

1940年6月に上記3社による合意がされるも、第二次世界大戦の勃発とその後のドイツ軍のノルウェーへの侵攻のために白紙となる。第二次世界大戦が終結した1945年に、スウェーデンでSILA(Svensk Interkontinental Lufttrafik AB)が設立されたこともあり、1946年の設立時にはスウェーデン政府が7分の3とノルウェー政府7分の2、デンマーク政府7分の2よりも多くなる。その後もスウェーデン政府が主導権を握り、デンマーク政府とノルウェー政府がそれに抵抗するという構図が続いており「スウェーデンのためにデンマークとノルウェーが飛ばす」などと揶揄されることもある。

第二次世界大戦後まもない時期に日本への乗り入れを開始した航空会社の一つで、1951年4月に南回りのバンコク線を延長する形での乗り入れとなった。1952年には、受領したばかりのダグラスDC-6Bの初号機でロサンゼルスからコペンハーゲンまで旅客機としては初めて北極圏を飛行し、1954年には世界初のポーラールートを飛ぶ定期便として同路線の運航を始めた。また日本線においても1957年に、他の航空会社に先駆けてダグラスDC-7Cで北極ルートの北回りヨーロッパ線を開設するなどこの類の路線ではパイオニア的存在を果たした。

1959年に、タイ政府とSASの合弁事業としてタイ国際航空を設立し、運航やサービスの基盤作りに協力するとともに機材の提供も行った。その後も両社の深い関係は、両社がスターアライアンスの設立メンバー(他にはユナイテッド航空ルフトハンザ航空エアカナダヴァリグブラジル航空)となり、コードシェア運航を行うことで現在も続いている。

 
1980年代のスカンジナビア航空のロゴ

1980年代にはヨーロッパアメリカの航空規制緩和の影響を受けて経営状況が悪化するものの、政府からの様々な支援を受けて復活した。1996年に組織変更を行い、SASグループ傘下となったABAとSILAが合併し、SASスウェーデンになる。さらに、DDLはSASデンマーク、DNLはSASノルウェーとなる。

日本路線は成田国際空港から毎日、コペンハーゲンへ運航し、1996年からはボーイング 747Fをリースして関西国際空港からヨーテボリへの貨物路線の運航も開始した。日本路線は長らくボーイング767を使用していたが、新塗装への変更と共にエアバスA340-300で運航するようになり、A340退役とともにA330-300へ機材は変更された。

また、日本ではTBS系にて1990年まで放映されていた「兼高かおる世界の旅」の番組後期の協賛スポンサーであったことも知られている(初期はパンアメリカン航空が協賛していた。)。なおヴァイキングの本場、北欧にふさわしく全機に「○○ Viking」と伝統的にバイキングの英雄の名を愛称として名づけている。

2019年4月26日から大規模なストライキが発生しており、およそ7割の便が欠航となった。このストライキで約28万人の乗客が影響を受けている[3]

2022年7月5日、パイロット組合との労使交渉決裂により連邦倒産法第11章の適用を申請し、再建を目指し運航継続するが、組合ストによる運航に影響が出る可能性があるとしている[4][5]。破綻による事業再編で長距離機材を数機リース返却したことで運航機材A350はアジア、ニューアーク線限定運用となりニューアーク線以外の北米線はA330運用一部A320シリーズで運航している。

2023年10月、経営再建中のSASは再建スポンサーにエールフランス - KLM、デンマーク政府など4団体によるコンソーシアムを選定。コンソーシアムは11億7,500万ドルを投資、またエールフランス - KLMはSASの株式19.9%を買収する予定である。 これにより今まで加盟していたスターアライアンスを脱退、新たにスカイチームに移籍する。SASはスターアライアンスの創立メンバーであり、航空連合創立メンバーが脱退することは今回が初[6]

運航機材 編集

保有機材 編集

スカンジナビア航空 保有機材(2024年現在)[7][8][9]
機材 保有数 発注数 座席数 備考
C PY Y
エアバスA319-100 4 - - 141 141
エアバスA320-200 11 - - 168 168 A320neo導入に伴い順次退役中
エアバスA320neo 36 19 - - 180 180 A320-200を置き換え
25 SASコネクトによる運用
エアバスA321LR 3 22 12 123 157
エアバスA330-300 8 - 32 56 174 262
178 266
エアバスA350-900 3 - 40 32 228 300 破綻により3機(SE-RSA,B,C)リース返却後1機(SE-RSC)は再導入見込み
ATR 72-600 7 - - - 70 70 エックスフライによる運航
ボーイング737-700 1 - MEDEVAC 旅客運用からは退役[10]
ロシアのウクライナ侵攻により
2022年からLN-RPJはMEDEVAC専用機として運用中[11][12]
ボンバルディア CRJ-900LR 17 - - - 88 88
90 90
エンブラエル 195 10 - - - 114 114 SASリンクによる運用
120 120
125 19

なお、同社が発注したボーイング製旅客機のカスタマーコード(顧客番号)は83で、航空機の形式名は767-383ER、737-883などとなる。

2023年11月19日をもって、同社のボーイング737-700が退役されることが発表[13]。737-700の最終便はストックホルム発オスロ行きであり、特別に"737便"として運航される。使用するのはLN-RRB (Dag Viking)が使われる。

退役機材 編集

2007年10月28日、スカンジナビア航空は「機体の品質に度重なる問題があり、使用を継続するとSASのブランドを傷つける可能性がある」として、同型機全27機の運航終了(退役)を発表。
詳しくは、スカンジナビア航空1209便胴体着陸事故スカンジナビア航空2748便胴体着陸事故を参照。

ギャラリー 編集

就航都市 編集

スカンジナビア航空は、以下の都市に就航している (2021年9月現在):

  スウェーデン
  デンマーク
  ノルウェー
ヨーロッパ
北アメリカ
アジア

サービス 編集

長距離路線ではビジネスクラス『SAS Business』、プレミアムエコノミークラス『SAS Plus』、エコノミークラス『SAS Go』の3クラス制。ヨーロッパ域内とスカンジナビア国内線では、全席エコノミークラスで運航される。長距離路線には、最新の機内エンターテイメントシステムを搭載している。2015年より順次、長距離路線のビジネスクラスをフルフラットシートに更新するなど、全クラスで大規模なリニューアルを行なう[17]

また、B737-800で運航されている路線には機内インターネット接続サービス「Wi-Fi」が搭載されており、プレミアムエコノミークラス利用者とマイレージサービス「ユーロボーナス」会員は無料で利用できる。

機内食は、国内線・国際線問わず提供され、国内線の一部はコーヒーと紅茶が無料で提供されるほか、機内販売を利用してスナック類などの購入が可能である。

ユーロボーナス 編集

ユーロボーナス(EuroBonus)とはスカンジナビア航空のマイレージサービスである。 全日本空輸ルフトハンザドイツ航空ユナイテッド航空などのスターアライアンス加盟各社及びスカンジナビア航空グループ各社に加え、カンタス航空エア・ワンなどの提携航空会社の搭乗でマイルを取得出来る。 また、提携ホテルクレジットカードの利用でもマイルを取得する事が出来る。

かつては、ノルウェー政府およびスウェーデン政府の命令により、「ノルウェー国内線全線」及び「スウェーデン国内線で他社と競合になっている路線」でマイルの付与を禁じられていたが、スウェーデンは2009年2月1日[1]、ノルウェーも2013年5月21日[2]に命令を撤回したため、今日ではSASが運航する全線でマイル取得が可能となっている。

なお、両国当局はスカンジナビア航空と提携しているマイレージサービスを運営している他航空会社にも同様の要請をしていたため、従って規制対象となる路線については提携他社のマイレージサービスでもマイルの取得が出来ない事となっていた[3]

事故 編集

スカンジナビア航空では、以下の通りに事故がたびたび発生している。

1948年7月4日、ロンドンのノースウッド上空でRAFノーソルト基地へ向かっていたスカンジナビア航空のDC-6イギリス空軍アブロ ヨーク C.1空中衝突し両機とも墜落、スカンジナビア航空の乗員乗客32人とイギリス空軍の乗員乗客7人の計39人全員が死亡した。スカンジナビア航空にとって創業以来初の重大事故である。

1960年1月19日、エセンボーア国際空港へ向かっていたスカンジナビア航空871便(シュド・カラベル)が空港へのアプローチ中に墜落し、乗員乗客42人全員が死亡した。

1991年12月27日、ストックホルム・アーランダ空港から離陸直後のスカンジナビア航空751便(マクドネル・ダグラス MD-81)が翼に付着していた氷を両エンジンが吸い込み、ゴットゥローラの平原に不時着。乗員乗客123人のうち100人が負傷したが、幸い死者は出なかった。

2001年10月8日、ミラノリナーテ空港を離陸滑走中のスカンジナビア航空686便(マクドネル・ダグラス MD-87)が濃霧のため滑走路に誤進入したAir Evexのセスナ機(セスナ サイテーション CJ2)と衝突した。セスナ機は大破し、686便は滑走路脇のハンガーに激突。2機の乗員乗客全員とハンガーにいた4人を含む118人が死亡した。

2007年9月9日に1209便が、三日後の9月12日に2748便が着陸ギアの問題で胴体着陸を起こした。どちらの事故もボンバルディア社製デ・ハビランド・カナダ DHC-8-Q400であった。事故後スカンジナビア航空は同型機の運航を全面的に取り止めた。

2013年5月2日、ニューアーク・リバティー国際空港にて、離陸準備をしていたスカンジナビア航空908便(エアバスA330型機)とユナイテッド・エクスプレス航空4226便(エンブラエル145型機)が誘導路で衝突、両機は大きな損傷を負った。

系列航空会社、子会社 編集

完全子会社は以下の2社。

資本関係のある系列会社は以下のとおり。

脚注 編集

  1. ^ 日本発着路線をもつアルテア利用航空会社 (2015年6月現在)”. アマデウス・ジャパン. 2015年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月26日閲覧。
  2. ^ Airlines using Amadeus” (英語). アマデウスITグループ. 2015年9月27日閲覧。
  3. ^ https://www.cnn.co.jp/business/35136466.html
  4. ^ スカンジナビア航空が破産法申請 ストでリストラ困難に
  5. ^ “SAS søker konkursbeskyttelse i USA” (ノルウェー語 (ブークモール)). NRK. (2022年7月5日). https://www.nrk.no/nyheter/sas-soker-konkursbeskyttelse-i-usa-1.16027540 2022年7月5日閲覧。 
  6. ^ スカンジナビア航空、再建スポンサーにエールフランスKLMら選定 スターアライアンス脱退
  7. ^ SAS Scandinavian Airlines Fleet Details
  8. ^ SAS Group Fleet Details
  9. ^ About SAS Fleet
  10. ^ スカンジナビア航空、737完全退役でエアバス機に統一へ
  11. ^ The Flying Hospital Bringing Ukraine's Wounded West
  12. ^ This airline turned its jet into a flying hospital to bring Ukraine's wounded soldiers to Europe
  13. ^ スカンジナビア航空、737完全退役でエアバス機に統一へ
  14. ^ スカンジナビア航空、2016年9月からマイアミ発着2路線に就航
  15. ^ スカンジナビア航空、コペンハーゲン/ボストン線に就航 1日1便
  16. ^ スカンジナビア航空、ストックホルム/香港線に就航 週5便
  17. ^ 長距離路線のキャビンがリニューアル - さらに快適な空の旅を!

参考文献 編集

「航空情報 2011-4月号と5月号」酣燈社 "スカンジナビア航空物語"

関連項目 編集

外部リンク 編集