メインメニューを開く

山本 丈晴(やまもと たけはる、1925年5月22日 - 2011年9月7日[1])は、日本作曲家ギタリスト山梨県南都留郡河口村(現:富士河口湖町)出身。

山本丈晴
出生名 古屋武治
別名 古屋雅章、古賀丈晴、古屋丈晴
生誕 (1925-05-22) 1925年5月22日
出身地 日本の旗 日本山梨県南都留郡河口村(現:富士河口湖町
死没 (2011-09-07) 2011年9月7日(86歳没)
学歴 豊島師範学校(現:東京学芸大学)中退
ジャンル 流行歌歌謡曲演歌映画音楽、テレビ・舞台音楽、社歌校歌
職業 作曲家ギタリスト
担当楽器 ギターマンドリン、琵琶ギター、ビウェラ
活動期間 1945年 - 2011年
レーベル キングレコード
日本コロムビア
共同作業者 古賀政男
アントニオ古賀
山本富士子
著名使用楽器
TAKEHARU GUITAR、琵琶ギター、ビウェラ
古賀政男

目次

人物編集

山梨県南都留郡河口村(現:富士河口湖町)出身。出生名は古屋 武治(1925年 - 1945年)。作曲家の古賀政男に師事し、ギター演奏により古賀メロディの普及に貢献。作曲作品は、美空ひばりに代表される流行歌歌謡曲演歌から映画・テレビ・舞台音楽、社歌・校歌と数多く幅広い。第48回日本レコード大賞功労賞受賞。

音楽活動を始めた当初は古屋 雅章(1946年 - 1948年)の筆名を名乗っていたが、その後に古賀の正式な養子となった際、本名の「武治」を「丈晴」にして古賀 丈晴(1948年 - 1958年)に改名。キングレコード専属作曲家時代は古屋 丈晴(1958年 - 1962年)名義となっている。

私生活では1962年第1回ミス日本に選ばれ当時「天下の美女」と謳われた女優の山本富士子と結婚したことも人生の大きな転機となった。山本の実家には男兄弟がなく、家の後継者が居なかったことから丈晴は婿養子となり以降山本姓を名乗る。富士子とはその後1968年の愛息誕生などを挟み丈晴自身の逝去まで夫婦生活を全うした。

2011年9月7日、肺炎のため東京都渋谷区の病院で死去。86歳没[1]

略歴編集

音楽作品編集

作曲活動は流行歌歌謡曲演歌、テレビ・ドラマ、舞台音楽をはじめ、CM 、社歌等幅広く、ギター演奏レコード・CDも多数。

  • 1946年-1957年 古賀政男作曲作品にて古賀と共にギター伴奏の録音(古屋雅章・古賀丈晴名義)
霧島昇麗人の歌」、近江俊郎湯の町エレジー」、美空ひばり「娘船頭」、山本富士子「青春日記」等
林伊佐緒「哀愁のフラメンコ」、三橋美智也「俺たちは狙われている」、春日八郎「風林火山の歌」等
  • 1963年-1966年 映画音楽(以下、山本丈晴名義)
『銀座の次郎長』、『日本残酷物語』、『けんかえれじい』等
美空ひばり「芸道一代」「武蔵野の恋」「どっこい俺がいる」、村田英雄「浪花の勝負師」「捨てて勝つ」等
  • 1967年- 古賀メロディや日本の愛唱歌のギター・インストゥルメンタル・アルバムの録音
『我が心ギターによせて(第1〜8集)』、『琵琶ギターと我が心のうた』、『我が心のうた ビウェラ・ギターによる古賀メロディ』等
『湯島の白梅』背景音楽等
  • その他、出身地の山梨県の小・中学校校歌や各地の町歌、社歌など
明治製菓株式会社「社歌」、関西医科大学「学生歌」等

エピソード編集

  • 当時大スターだった山本富士子は、レコード録音のため古賀政男邸にレッスンに行ったことが縁で、古賀門下の丈晴と知り合う。この時のレコード「青春日記」は、古賀政男と古賀丈晴がギター伴奏をした。この「天下の美女」との結婚はマスコミにも大きく取り上げられ、丈晴は追っかけを避けるために亀印(現:株式会社カメックス)という会社に隠れていたほどであった。また丈晴は肺結核を患っており、手術が成功したら結婚をすると約束。手術は無事に成功した。
  • 丈晴に師事をした弟子は、原荘介、鈴木征一、森山教郎、鈴木徹(ギタリスト)、雪次郎(歌手、旧芸名:北野登美夫、本名:吉田富男)など。
  • 古賀メロディー沼津音楽祭の審査委員長を務めたことから、夫婦で「燦々ぬまづ大使」第10〜12期(平成12〜14年)となる。

楽器編集

TAKEHARU GUITAR編集

1970年代に山本丈晴がプロデュースした木曾鈴木バイオリン社製のギター。独自の TAKEHARU GUITAR のロゴとマーク、山本のサインのあるラベル。新星堂より同ブランド弦も販売していた。

琵琶ギター編集

山本が考案したオリジナル・ギター。琵琶の形でフレットを付け、ギターのように弾ける楽器。自身で演奏したアルバムを発表。

ビウェラ編集

自身で演奏したアルバムを発表。

書籍・楽譜編集

著書編集

  • コードから入る ギター独習(全音楽譜出版)
  • 生誕百年記念 ギターでつまびく古賀政男110名曲集 我が心の歌(編曲:山本丈晴、編:古賀政男音楽文化振興財団)
  • 僕のそばには、いつも音楽と感動と愛のときめきがあった』(2006年5月、ワンー・ツー・ワン・プロダクツ)

寄稿編集

  • 「ギターと我が人生」『オリジナル盤による 古賀政男全集』(日本コロムビア)

雑誌編集

  • 週刊現代 寺内大吉問答「花の相合傘」山本富士子+古屋丈晴(1962年2月18日号、講談社
  • 週刊平凡 <青島幸男のおしゃべりジャーナル> ゲスト:山本富士子、山本丈晴(1963年7月4日号)
  • ミセス 表紙:山本富士子 表紙の人その周辺から:山本丈晴(1978年10月号 NO.246)

出演テレビ番組編集

ゲストの古賀政男が、弟子の山本丈晴、アントニオ古賀のギター伴奏で、自作の「男の純情」を歌う。
  • 歌うロマンスタジオ 夫妻ゲスト出演(フジテレビ 1970年2月26日放送)
  • 幾山河は越えたれど 〜昭和の心 古賀政男〜(NHK 1979年4月14日放送 90分×2本 二部構成)
1978年に亡くなった古賀政男を追悼し、彼の生涯をたどり、昭和史を生きた人々の思いにかさね合わせて描くドキュメンタリーと、渥美清主演のドラマで構成。インタビュー出演と音楽を担当。NHK アーカイブス・スペシャルとして2002年に再放送された。(NHK 12月29・30日)
夫婦で司会のトーク番組
  • この人「山本富士子ショー」花はけなげに美しく… ミス日本物語(NHK総合 1983年1月6日放送)

その他編集

  • 日本ゼオン ケミカルルネッサンス —来たるべきものの予感—(1988年 21分)制作会社:(株)TVC山本、制作:山本丈晴・中田俊雄
日本産業映画ビデオコンクール奨励賞受賞

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 時事ドットコム:山本丈晴氏死去(作曲家、女優の山本富士子さんの夫)
  2. ^ 新潟テレビ211983年(昭和58年)10月開局時のタイムテーブルによると、九州朝日放送制作となっている。

外部リンク編集