メインメニューを開く

100人の20世紀』(ひゃくにんのにじっせいき)は、1998年平成10年)から1999年(平成11年)まで、朝日新聞日曜版に掲載された連載読み物である。

概要編集

激動の20世紀の幕が降りようとしていたこの時期、20世紀を代表する偉人100人をピックアップし、その人生、栄光、苦悩などを紹介したノンフィクションである。1999年(平成11年)と2000年(平成12年)に朝日新聞社から単行本上下2巻がそれぞれ刊行され、さらに2001年(平成13年)には朝日文庫から文庫本上下2巻が刊行された。また、1999年(平成11年)4月4日から2001年(平成13年)3月25日までの毎週日曜18:30 - 18:56(JST)には、これを原作としたテレビ朝日Vivia(テレビ朝日映像)共同製作のドキュメンタリー番組が放送され、ナレーターを江守徹が担当した。

ロケ地協力編集

テレビ朝日系列 日曜18時台後半枠
前番組 番組名 次番組
素敵な宇宙船地球号
※18:30 - 19:00
【23時台前半枠に移動して継続】
100人の20世紀