14』(ジューシー)は、原作:朝田光、作画:亜桜まるによる日本漫画作品。白泉社ヤングアニマル嵐』にて、2005年No.4から2008年No.4まで連載された。また、番外編として「かがいかつどう」および読み切り「ボクは友だち」が、『ヤングアニマルあいらんど』へ掲載された。各話タイトルは「ぶかつどう:xx(話数)」で表記され、本編は全33話が連載された。

14
漫画
原作・原案など 朝田光(原作)
作画 亜桜まる
出版社 白泉社
掲載誌 ヤングアニマル嵐
レーベル ジェッツコミックス
発表号 2005年4号 - 2008年4号
巻数 全2巻
話数 全33話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

あらすじ編集

XX市立西瓜中学校の部活マネージャーである結城リエコ野上真奈天美幸子

彼女たちを中心に、西瓜中学校に存在する色とりどりの部活マネージャーたちが織り成す日常をゆるやかに描く「まったり中学生部活日記」。

登場人物編集

主人公たち編集

結城 リエコ(ゆうき リエコ)
本作の主人公。ボクっ娘。身長173センチメートル、体重49キログラム、スリーサイズ83/56/83、血液型AB型(RH+)。
サッカー部のマネージャー。スラリとした長身と端麗な容姿から女子、男子を問わず人気がある。
絶対音感を持ち、運動神経も抜群で、バレー部やバスケ部からの勧誘も頻繁に受けている。
サッカー部へも部員として入部したが、西瓜中に女子サッカー部が存在しなかったため、やむを得ずマネージャーとなった。
後に彼女の尽力で設立された女子サッカー部では部長に就任。男子サッカー部マネージャーも兼任している。
いっぽう勉強や料理、裁縫などの家事全般はからっきしダメで、母からは「女の子の才能ゼロ」とまで酷評されている。加えて、極度の味オンチでもある。
野上 真奈(のがみ まな)
野球部のマネージャー。身長150センチメートル、体重45キログラム、スリーサイズ90/48/81、血液型O型。
着ぐるみ頭巾ツインテールがトレードマークな、リエコの親友。
リエコに対する過剰な好意を開けっ広げにしており、その想いはつねに暴走気味。
リエコに寄り付く「悪い虫」たちを追い払うことはもちろん、ラブレターへの検閲も欠かさない。
身長が低いことを気にしており、身体測定の際は替え玉測定をするべく悪知恵を発揮していた。
中学生らしからぬ学力を誇るが、本人の進学希望は「リエコと同じ学校」。
着ぐるみ頭巾はもっぱらがメインだが、ときどき他の動物を着用するレアケースも存在する(トナカイいぬ白猫黒猫、白黒猫、うさぎが登場)。
天美 幸子(あまみ さちこ)
陸上部のマネージャー。身長147センチメートル、体重38キログラム、スリーサイズ70/50/66、血液型A型。
ドジっ娘メガネっ娘(真奈談)、泣き虫。
部員として陸上部に入部したものの、スキップすら出来ない運動神経から、マネージャーに納まった。
メガネがなければ至近距離でも他人の見分けがつかないド近眼。
また、極度のブラコンで、兄に彼女ができたことを浮気と称するほど。
将来の夢は「お兄ちゃんのお嫁さん」。

部活マネージャーたち編集

太田 千影(おおた ちかげ)
男子バスケ部マネージャー。身長152センチメートル、体重49キログラム、スリーサイズ90/57/85、血液型A型。
部員のメンタルケアについて模索中にリエコと出会う。
彼女の落ち着きぶりから、その秘訣を授かろうとするが、真奈からやや偏ったリラックス法を伝授されてしまう。
そのリラックス法は、後に各部マネージャーへと伝播していった。
さとう コウスケ
男子バスケ部員。背番号7番。
千影が授かったリラックス法の第1被験者でもある。
後に、あることから我妻先生から「外道くん」との不名誉なあだ名を授けられる。
美桜 ハルナ(みさくら ハルナ)
女子バレー部マネージャー。身長150センチメートル、体重43キログラム、スリーサイズ78/50/77、血液型AB型(RH-)。
リエコから見ても「すごいカワイイ」容姿の持ち主。
リエコを女子バレー部へ勧誘するが、本心は別の目的があった様子。
猪瀬 ナオカ(いのせ ナオカ)
水泳部マネージャー。身長174センチメートル、体重51キログラム、スリーサイズ89/51/84、血液型O型。
彼女のスパルタ方針により、西瓜中水泳部は冬でも屋外プールで練習を行なう。
真奈から吹き込まれたマメ知識により、とんだ災難に遭うことに。
佐伯 奏(さえき かなで)
ブラスバンド部マネージャー兼部長。身長160センチメートル、体重44キログラム、スリーサイズ73/52/75、血液型B型。
リエコからサッカー部の応援を頼まれるが、弱いから応援しがいがないと一蹴。
愛煙家で、喫煙をリエコに見つかった時はタバコを「チョコレート」と誤魔化すなど苦しい言い訳をしていた。
初登場時は、幸子にちょっかいを出すチョイ役として登場。
王城 姫子(おうじょう ひめこ)
テニス部マネージャー。身長152センチメートル、体重42キログラム、スリーサイズ75/49/80、血液型A型。
通称「お嬢様」。部員のケガを手当てする際、血を見た途端に失神した。
また、理由もなく気を失うこともある虚弱体質。
里美 紀子(さとみ のりこ)
ラグビー部マネージャー。身長154.2センチメートル、体重44キログラム、スリーサイズ73/49/75、血液型O型。
通称「のりちゃん」。オードリー、裕次郎(ゆうじろう)という名のヤカンを溺愛している。
必殺技は「のりこビーム」「のりこスプラッシュ」。
山門 カオル(やまと カオル)
女子バスケ部員。
オレっ娘。男子のような容姿だが、れっきとした女の子。
鳥飼 なつみ(とりかい なつみ)
男子バスケ部マネージャー。身長148.8センチメートル、体重40.2キログラム、スリーサイズ70/47/78、血液型B型。
サッカー部・バスケ部合同合宿の道中、王様ゲームでリエコにお姫様だっこされる。
蒙那岡 七(もなおか なな)
男子バスケ部マネージャー。身長156.2センチメートル、体重52キログラム、スリーサイズ81/60/86、血液型O型。
一人称およびアダ名は「モナ岡」。
自分が女子であることを忘れ、男子トイレに入る程のうっかり者。その行為がちょっとした騒動を引き起こす。
中田(なかた)
男子バスケ部員。下の名前は不明。
バスケ部に相応しい長身で、蒙那岡からは「ちゅうた」と呼ばれている。
田中ゆうじ(たなか ゆうじ)
サッカー部員。
実力はいま一つで、登場時はミスを連発したためメンバーから外されていた。
リエコからドリブルのコツを伝授されるが、別のことに気を取られた挙句すっかり上の空だった。
永島 ヒロト(ながしま ヒロト)
剣道部員。
寡黙なため周囲にはクールな印象を与えるが、本当は上がり性で女の子が苦手なだけ。
メガネが無くなった幸子にリエコと勘違いされ、天美家に上がり込むことになった。
桜田 ゆかり(さくらだ ゆかり)
男子バレー部マネージャー。身長150センチメートル、体重42キログラム、スリーサイズ74/53/80、血液型A型。
リエコから「歯の大切さ」を説かれ、神楽先生じきじきにバレー部員の歯磨きを請うことに。
川上 豊(かわかみ ゆたか)
男子バレー部キャプテン。
神楽先生から風邪をうつされてしまった際には、何故か本来以上の実力を発揮。
以降、西瓜中にあらたなウワサを生み出してしまう。
川村 章吾(かわむら しょうご)
サッカー部キャプテン。
リエコが女子サッカー部を設立した際、男子サッカー部のマネージャーも兼任するよう懇願したのは彼。
雨隆 由紀(うりゅう ゆき)
男子バレー部マネージャー。身長146センチメートル、体重37キログラム、スリーサイズ68/50/71、血液型B型。
体育倉庫内に用途不明の「キノコ」が保管されていた際にチョイ役で登場。
穂谷 綾香(ほたに あやか)
体操部マネージャー。身長150センチメートル、体重42キログラム、スリーサイズ69/49/68、血液型A型。
謎の「キノコ」は、体操部の備品だったことが彼女の口から語られる。
里美 ミエ(さとみ ミエ)
演劇部部長。
演劇の王子様役としてリエコを抜擢するが、とんだ邪魔が入り、リエコの主演は無期限延期となる。
浜野 ユカリ(はまの ユカリ)
女子バスケ部員。小柄な体格にコンプレックスを持つ。
体格を大きくするためにとリエコに関節を鳴らしてもらうも、最後は首をキメられてしまうことに。

教師陣編集

我妻 アキラ(あがつま アキラ)
数学教師。愛煙家で、禁煙の職員室を逃れて保健室へ転がり込むことも(もちろん保健室も禁煙)。
恋愛に対する特異な持論を掲げており、真昼間から酔いが回った際に披露していた。
サッカー部・バスケ部合同合宿の際は、代理引率として同伴。
神楽 あおい(かぐら あおい)
保険医。穏やかな雰囲気を纏う、グラマラスな美人。
校内に存在する様々な"ウワサ"の元として、彼女を目当てに保健室を訪れる生徒も少なくない。

その他編集

リエコのママ
海外を飛び回る、売れっ子女優。
リエコを宝塚歌劇団に入れ、娘役のトップにすべく幼少期より英才教育を施していた。
のちにリエコがその長身から娘役が不可能になって以降は、モデルとしての教育へと方針を転換。
ゆくゆくは海外へと留学させるべく画策する。
リエコのパパ
本編未登場で、コミックス話間のエピローグ絵にて語られるのみ。
職業はスポーツ選手。
幸子のお兄ちゃん
本編未登場で、幸子の口から語られるのみ。
水泳部に所属しており、妹と違い運動神経は良好。陸上部に彼女がいる。
アイドルのグラビア写真集を妹に見られた際には、「水着の研究」のためと言い訳をしている。

単行本編集

第1巻の帯コメントおよびイラストは、ばらスィーによるもの。