1950年ブリティッシュコロンビアB-36爆撃機墜落事故

1950年ブリティッシュコロンビアB-36爆撃機墜落事故は、1950年2月13日アラスカ州からテキサス州に向けて飛行していたアメリカ空軍戦略爆撃機B-36が、カナダブリティッシュコロンビア州で墜落した航空事故である[1][2]

1950年ブリティッシュコロンビア
B-36爆撃機墜落事故
1950 British Columbia B-36 crash
Convair B-36B Peacemaker of the 7th Bombardment Wing in flight, in 1949 (176246696).jpg
B-36 (航空機)
事故の概要
日付 1950年2月13日
概要 エンジン火災
現場 カナダの旗 カナダ ブリティッシュコロンビア州
北緯56度1分27.61秒 西経128度37分11.91秒 / 北緯56.0243361度 西経128.6199750度 / 56.0243361; -128.6199750座標: 北緯56度1分27.61秒 西経128度37分11.91秒 / 北緯56.0243361度 西経128.6199750度 / 56.0243361; -128.6199750
乗客数 0
乗員数 17[1]
負傷者数 不明
死者数 5[1]
生存者数 12[1]
機種 B-36 (航空機)
運用者 アメリカ合衆国空軍の旗 アメリカ空軍
出発地 アメリカ合衆国の旗 アラスカ州イールソン空軍基地英語版
目的地 アメリカ合衆国の旗 テキサス州カースウェル空軍基地英語版[1]
テンプレートを表示

同機は、秘密の核攻撃模擬訓練の任務を帯びて、ウラントリニトロトルエンを搭載した核爆弾「マーク4」を積載、移送していたが、飛行開始数時間後にエンジン火災が発生し、乗員17人はパラシュートで脱出した[1][2]。その際上空約2400mで核爆弾を投棄、現在もその行方はわかっていない[2]。この核爆弾には起爆に必要なプルトニウムが組み込まれておらず、核爆発のおそれはないとされる[1]

事故機の残骸は、脱出地点から約300㎞北東のコロジェット山(Mount Kologet)中で発見された[3]

乗員のうち生還したのは12人で、消息を絶った5人のうち一人は事故機の残骸から遺体となって発見された。残る4人は早く降下した結果、海上に着水して低体温症で死亡したと推測された。

編集

[脚注の使い方]

関連項目編集