1968年ウィンブルドン選手権

1968年 ウィンブルドン選手権(The Championships, Wimbledon 1968)は、イギリスロンドン郊外にある「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」にて、1968年6月24日から7月6日にかけて開催された。

大会の流れ編集

  • プロテニス選手の出場を解禁する「オープン化制度」のもとで開かれた最初のウィンブルドン選手権である。
  • 男子シングルスは「128名」の選手による通常の7回戦制で行われた。シード選手は16名。
  • 女子シングルスは「96名」の選手による7回戦制で行われ、32名の選手は「1回戦不戦勝」(抽選表では“Bye”と表示)があった。シード選手は8名。シード選手でも、1回戦から出場した人と、2回戦から登場した人がいる。2回戦から登場した選手が初戦敗退の場合は「2回戦=初戦」と表記する。

シード選手編集

男子シングルス編集

  1.   ロッド・レーバー (優勝、6年ぶり3度目)
  2.   ケン・ローズウォール (4回戦)
  3.   アンドレス・ヒメノ (3回戦)
  4.   ジョン・ニューカム (4回戦)
  5.   ロイ・エマーソン (4回戦)
  6.   マニュエル・サンタナ (3回戦)
  7.   ルー・ホード (3回戦)
  8.   パンチョ・ゴンザレス (3回戦)
  9.   デニス・ラルストン (ベスト8)
  10.   アール・ブックホルツ (ベスト8)
  11.   フレッド・ストール (4回戦)
  12.   トム・オッカー (ベスト8)
  13.   アーサー・アッシュ (ベスト4)
  14.   クリフ・ドリスデール (3回戦)
  15.   トニー・ローチ (準優勝)
  16.   ニコラ・ピリッチ (1回戦)

女子シングルス編集

  1.   ビリー・ジーン・キング (優勝、大会3連覇)
  2.   マーガレット・スミス・コート (ベスト8)
  3.   ナンシー・リッチー (ベスト4)
  4.   アン・ヘイドン=ジョーンズ (ベスト4)
  5.   バージニア・ウェード (1回戦)
  6.   マリア・ブエノ (ベスト8)
  7.   ジュディ・テガート (準優勝)
  8.   レスリー・ターナー・ボウリー (ベスト8)

男子ダブルス編集

  1.   ロイ・エマーソン  ロッド・レーバー
  2.   ケン・ローズウォール  フレッド・ストール
  3.   アンドレス・ヒメノ  パンチョ・ゴンザレス
  4.   ジョン・ニューカム  トニー・ローチ
  5.   アール・ブックホルツ  デニス・ラルストン
  6.   ボブ・ヒューイット  フルー・マクミラン
  7.   トム・オッカー  マーティー・リーセン
  8.   クリフ・ドリスデール  ロジャー・テーラー

女子ダブルス編集

  1.   ビリー・ジーン・キング  ロージー・カザルス
  2.   マリア・ブエノ  ナンシー・リッチー
  3.   フランソワーズ・デュール  アン・ヘイドン=ジョーンズ
  4.   レスリー・ターナー・ボウリー  ジュディ・テガート

混合ダブルス編集

  1.   オーウェン・デビッドソン  ビリー・ジーン・キング
  2.   パンチョ・ゴンザレス  ロージー・カザルス
  3.   フレッド・ストール  アン・ヘイドン=ジョーンズ
  4.   ケン・フレッチャー  マーガレット・スミス・コート

大会経過編集

男子シングルス編集

準々決勝

準決勝

女子シングルス編集

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果編集

男子シングルス
女子シングルス
男子ダブルス
女子ダブルス
混合ダブルス

みどころ編集

外部リンク編集


先代:
1968年全仏オープン
テニス4大大会
1968年
次代:
1968年全米オープン
先代:
1967年ウィンブルドン選手権
ウィンブルドン選手権
1968年
次代:
1969年ウィンブルドン選手権