2015年女子アイスホッケー世界選手権

2015年女子アイスホッケー世界選手権2015 IIHF Women's World Ice Hockey Championships)は、国際アイスホッケー連盟によって開催された第17回目の女子アイスホッケー世界選手権である。トップディヴィジョンからディヴィジョンIIIまで4つのディヴィジョンで32か国が参加。各ディヴィジョンの結果に応じ2016年女子アイスホッケー世界選手権でのディビジョンが振り分けられる予定である。

2015年女子アイスホッケー世界選手権
概要
開催国 スウェーデンの旗 スウェーデン
期間 2015年3月28日-4月4日(トップディビジョン)
参加チーム数 8チーム
会場数 2会場 (1都市)
最終結果
優勝 Gold medal blank.svg  アメリカ合衆国
準優勝 Silver medal blank.svg  カナダ
第3位 Bronze medal blank.svg  フィンランド
第4位  ロシア
統計
試合数 20試合
ゴール数 115点 (1試合平均5.75点)
観客動員数 15,522人 (1試合平均776人)
得点王 アメリカ合衆国の旗 ヒラリー・ナイト
MVP アメリカ合衆国の旗 ヒラリー・ナイト[1]
2016

入れ替え戦編集

開催に先立ち、2015年世界選手権の最終予選を兼ねた入れ替え戦が2014年11月に日本の新横浜スケートセンターソチオリンピック最下位の  日本と2014年世界選手権ディビジョンIグループA優勝の  チェコの間で争われた。本大会は3番勝負2勝先取でチャンピオンシップ進出国を決定した。日本が2勝1敗で世界選手権進出を決めた。

チャンピオンシップ編集

トップディヴィジョンは2015年3月にマルメ(  スウェーデン)で開催される。

脚注編集

  1. ^ Living the American dream”. worldwomen2015.com (2015年4月4日). 2015年4月8日閲覧。

外部リンク編集