2100年(2100 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による金曜日から始まる平年で、21世紀最後の年。この項目では、国際的な視点に基づいた2100年について記載する。

千年紀: 3千年紀
世紀: 20世紀 - 21世紀 - 22世紀
十年紀: 2080年代 2090年代 2100年代 2110年代 2120年代
: 2097年 2098年 2099年 2100年 2101年 2102年 2103年

グレゴリオ暦の規定により、100で割り切れてかつ400では割り切れない為、閏日のない年である。4で割り切れる年で閏日のない年は1900年以来200年ぶりとなる。

目次

他の紀年法編集

※主体暦は、朝鮮民主主義人民共和国1997年に制定された。

カレンダー編集

予定編集

予測編集

2100年は21世紀最終年であり区切りがよいため、この年を目安にした様々な予測が出されている。

  • この頃の世界人口は、110億人強となる(国際連合経済社会局の人口推計2014年版の中位予測による)。
  • 日本人口は推計により1億人を割ると予測されている。主な推計は次のとおり。
    • 日本政府の予測:6400万人前後(2002年の中位推計[1])、4800万人前後(2006年の中位推計[2]
    • 国連の予測:9100万人前後(2010年の中位推計[3]
  • 20世紀に生まれた者がこの年から全員100歳以上になる。
  • この頃、ポラリス(現在の北極星)が最も天の北極に近づく(最接近は2102年頃と予測される)。
  • この頃には、沈没したタイタニック号が腐食により自重に耐えられず崩壊する見込み。
  • 3月1日頃、グレゴリオ暦ユリウス暦のずれが14日に広がる。

周年編集

フィクションのできごと・設定編集

  • 4月7日 - 外惑星連合軍の仮装巡洋艦「バシリスク」が、航空宇宙軍のフリゲート艦「タウルス」と交戦中にタウルスの攻撃によってエンジンが暴走。その影響によって太陽系外へと飛び出してしまう。(小説『仮装巡洋艦バシリスク』)[1]
  • 7月13日 - 外惑星連合の中で最後まで抵抗を続けていたガリレオ衛星群が航空宇宙軍に対して無条件降伏し、第一次外惑星動乱が終結する。(小説『航空宇宙軍史』)[2][3]
  • 地球と人類に降りかかった危機に立ち向かうため、ガチャピンの系譜を引き継ぐ「ガチャピンキッド」が立ち上がる。(窓花さなえ・ガチャピン・ムック・世田谷児童合唱団の楽曲『2100ねんガチャピンキッド』)
  • X線観測衛星の誤操作によって、太陽系外縁部に存在する小型ブラックホール「カーリー」が偶然発見される。(小説『AADDシリーズ』)[4]
  • 悪のコンピュータプログラム「デリトロス」によって、仮想現実空間「マジカルゲート」内に多くの子供たちが捕らわれる。(アニメ『電脳冒険記ウェブダイバー』)
  • 遙大地、夏休みを利用して、町内の福引きで当たった月旅行へと出発する。(アニメ『魔動王グランゾート』)

脚注編集

注釈編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 谷甲州 『航空宇宙軍史 仮装巡洋艦バシリスク』 早川書房1985年、200・223 - 231頁。ISBN 978-4-15-030200-9
  2. ^ 谷甲州 『航空宇宙軍史 終わりなき索敵〔下〕』 早川書房、1996年、348頁。ISBN 978-4-15-030570-3
  3. ^ 谷甲州 『航空宇宙軍史 エリヌス―戒厳令―』 早川書房、1988年、447頁。ISBN 978-4-15-030281-2
  4. ^ 林譲治 『ウロボロスの波動』 早川書房、2005年、7・8・16頁。ISBN 978-4-15-030815-5

関連項目編集