メインメニューを開く

A重油(Aじゅうゆ)は軽油の一種である。日本独自の税制上の油種区分では、A重油とは重油の一種とされているが、化学組成的、世界標準的には、軽油の一種である。

概要編集

重油はJIS規格によって、動粘度により「1種 - 3種」に分類されており、順に「A重油」「B重油」「C重油」と呼ばれる。

これは日本独自の税制上の分類で、ディーゼル車の燃料としてガソリンスタンドで販売されている軽油と比べると若干炭素の含有率が高いものの、ディーゼルエンジンを回すうえでは基本的には問題ないと言われるほど成分が似ている。軽油には1リットルあたり32.1円の税金軽油引取税)がかかるが、用途を農業用・漁業用に限定することを条件に無税としたものがA重油である。

精製原価を超える租税がかかるため、無税のA重油をトラック燃料に用いようとする脱税行為が後を絶たない。管轄省庁では簡易に検査できるように、A重油にはクマリンを混入することを義務づけている。クマリンはブラックライトにより蛍光する為、簡易に軽油とA重油を、または混合の有無を識別することが可能である。

なお、A重油をディーゼルエンジンに使用する行為は、現在では旧型に類するディーゼルエンジンに限られる事に注意する必要がある。2000年代以降の自動車用ディーゼルエンジンでは、排気ガス対策としてEGRDPF触媒を設けており、またガソリンエンジン同様燃料噴射やノックコントロールなどを電子制御ECUで行っている。

そのため、熱量や硫黄含有量の異なるA重油を使用すると、トルク低下・黒煙増大・バルブリセッション(バルブやバルブシートが腐食してしまいバルブが閉じる事が出来なくなる)の原因となり、最終的に内燃機関の寿命を縮める事になる。さらに、冬季における軽油からA重油への切り替えについては、始動性が悪化することもある。

A重油の規格編集

  • 引火点:60以上
  • 動粘度(50℃):20cSt(mm2/s)以下
  • 流動点:5℃以下
  • 残留炭素分:質量4%以下
  • 水分:容量0.3%以下
  • 灰分:質量:0.05%以下
  • 硫黄分:質量2.0%以下
  • 非課税
  • 農業・漁業用途に限る (陸上輸送に用いると違法行為となる。陸上輸送には課税された軽油を用いる。)
  • クマリンを含むこと

関連項目編集