AEWダイナマイト』は、アメリカのプロレス団体オール・エリート・レスリング(AEW)が制作し、TNTで放送されているプロレス中継。

AEW Dynamite
ジャンル プロレス中継
原案 トニー・カーン
司会者 ジム・ロス
トニー・スキアボーネ
エクスカリバー
オープニング "Dynamite" by No One Hero[1]
国・地域 アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 1
話数 13 (2020年1月1日現在)
各話の長さ 120分
製作
撮影体制 マルチカメラ
製作 オール・エリート・レスリング
放送
放送チャンネル TNT
映像形式 HDTV 1080p
放送期間 2019年10月2日 - 放送中
公式ウェブサイト
番組年表
関連番組 AEWダーク
テンプレートを表示

概要編集

2019年に旗揚げしたAEWはウィークリー番組のためにダイナマイトとして商標申請[2][3][4]。同年4月、ジム・ロスは2時間のライブショーをテレビ番組として放送が計画[5]。6月、水曜日に放送されることが判明[6][7][8][9]。英国ではITV4、アメリカではTNTで生中継で放送決定。TNTにおけるプロレス中継としては2001年3月のWCWマンデー・ナイトロ以来となる。日本国内ではFITE TVで毎週木曜朝にライブ配信されている。

初回放送は10月2日にワシントンD.C.のキャピタル・ワン・アリーナからの生中継で、AEW女子世界王座決定戦など5試合が放送。

同時間帯にはWWE・NXT(USA)が放送されている。

またAEWダイナマイトではAEWダークも同時収録される。こちらは日本時間翌週水曜日朝にAEW公式YouTubeチャンネルで配信されている。

脚注編集

  1. ^ We've been underground reorganizing but now we are back and pleased to announced that our new upcoming single "Dynamite" is now the official Theme Song Show opener for All Elite Wrestling's "DYNAMITE" which premiers this Wednesday 8pm/7C on TNT!! Check it out!!!”. Facebook.com. No One Hero (2019年9月30日). 2019年9月30日閲覧。
  2. ^ Trademarks filed in Florida for All Elite Wrestling, All Out, and more”. F4wonline. Wrestling Observer Newsletter (2018年11月21日). 2019年1月2日閲覧。
  3. ^ NEW TRADEMARKS POINT TO ELITE PROMOTION, NEXT STEP FOR BUCKS AND CODY”. PWInsider (2018年11月11日). 2019年1月2日閲覧。
  4. ^ All Elite Wrestling trademarks filed, startup promotion linked to Young Bucks, Cody Rhodes, Omega, and cast of Being the Elite (w/Radican's Analysis)”. PWTorch (2018年11月21日). 2019年1月2日閲覧。
  5. ^ (英語) Jim Ross Interview, https://wfan.radio.com/media/audio-channel/jim-ross-interview 2019年7月18日閲覧。 
  6. ^ Report: AEW Applied To Trademark "Wednesday Night Dynamite" On 6/18 | Fightful Wrestling” (英語). www.fightful.com. 2019年7月18日閲覧。
  7. ^ A BIG CLUE AS TO WHEN AEW WILL AIR THEIR WEEKLY TV | PWInsider.com”. www.pwinsider.com. 2019年7月18日閲覧。
  8. ^ AEW on TNT: The Latest News On Which Night The Show Will Air” (英語). Comic Book.com. 2019年7月18日閲覧。
  9. ^ AEW News: AEW files for new trademark, possible indication of which night weekly TV will air on (w/Radican's Analysis) -” (英語) (2019年6月22日). 2019年7月18日閲覧。

外部リンク編集