メインメニューを開く

AK LIVE(エーケーライブ)は、日本の音楽ユニット。1995年デビュー、2000年解散。2013年再び活動開始。

AK LIVE
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 1995年 - 2000年2013年 -
レーベル ダブル・オーレコード
(1995年 - 1997年)
テイチク
(1998年)
日本クラウン
(1999年 - 2000年)
事務所 サンディ
メンバー KOUSAKU(ボーカル)
ARCHE(DJ・ラップ・ボーカル)

目次

メンバー編集

  • KOUSAKU (コウサク、本名:石川 耕作(いしかわ こうさく)、現:向井 耕作(むかい こうさく)、ボーカル、1967年11月2日 - )
東京都生まれ・千葉県育ち。解散まではサンディに所属。解散後はGOLDFISH RESCUE GANGのボーカルとして活動する傍ら、シグマセブンに所属し、ラジオパーソナリティナレータースタジアムDJとしても活動している。まるごみ総合プロデューサー。
東京都出身。解散後も個人でサンディに所属し、ラジオパーソナリティナレーター俳優として活動している。

来歴編集

アマチュアで音楽活動をしていたKOUSAKUと、FMステーションの人気DJランキングで赤坂泰彦に次いで2位の人気を得ていたDJ・ARCHEの2人で結成。1995年にシングル「NO FAKE」でCDデビューした。

2人の出会いからデビューまでの軌跡は、「きみとぼく」(ソニー・マガジンズ)にて連載されていた「3D-boys」(著・内田一奈、全3巻)でフィクションを交えながら描かれた。

シングル6枚、アルバム2枚をリリース後、2000年に、KOUSAKUがGOLDFISH RESCUE GANGとして活動するためサンディを離れる形で解散した。

2007年、GOLDFISH RESCUE GANGのシングル「Fight or Flight?」にARCHEが参加。音楽活動で久々にAK LIVEの2人が共演した。

2013年1月27日、ネットTV「まほろばTV」でKOUSAKUとARCHEが共演し、AK LIVEとして再び活動することを発表[1]

ディスコグラフィ編集

シングル編集

  タイトル 発売日・発売元 収録曲
1st NO FAKE 1995年11月1日
ダブル・オーレコード
  1. NO FAKE
     作詞:ARCHE・KOUSAKU 作曲:上野圭市 編曲:上野圭市
  2. My Home Town
     作詞:ARCHE・KOUSAKU 作曲:櫻康 編曲:杉山卓夫
     ハーモニカで八木のぶおが参加している。
  3. NO FAKE (backing track)
2nd MADLY IN LOVE 1995年12月13日
ダブル・オーレコード
  1. MADLY IN LOVE
     作詞:ARCHE・KOUSAKU・KAORU 作曲:上野圭市 編曲:上野圭市
  2. Free Style
     作詞:ARCHE・KOUSAKU 作曲:向笠眞弘 編曲:大木雄司
  3. MADLY IN LOVE (backing track)
3rd ALIVE 1996年2月1日
ダブル・オーレコード
  1. ALIVE
     作詞:ARCHE・KOUSAKU 作曲:向笠眞弘 編曲:杉山卓夫
  2. SHOW ME THE WAY
     作詞:ARCHE・KOUSAKU 作曲・編曲:真田カオル
  3. ALIVE (backing track)
4th LOVE-SUN-BODY 1997年8月21日
ダブル・オーレコード
  1. LOVE-SUN-BODY
     作詞:ARCHE・KOUSAKU 作曲:中道勝彦 編曲:松本晃彦
     NHK-BS2「WEEKEND Joy」オープニング・テーマ
  2. 手紙
     作詞:ARCHE・KOUSAKU 作曲:向笠眞弘 編曲:松本晃彦
  3. LOVE-SUN-BODY (backing track)
5th Go! Go! Go! and Goes On!! 1998年8月21日
テイチク
  1. Go! Go! Go! and Goes On!!
     作詞:ARCHE・KOUSAKU 作曲:土屋学 編曲:土屋学
     曲名はラジオDJ・糸居五郎の代名詞から。
  2. 同じ空の下で…
     作詞:ARCHE・KOUSAKU 作曲:YASUSHI ONODERA(櫻康) 編曲:土屋学
  3. Go! Go! Go! and Goes On!! (instrumental)
6th ナントナク… 1999年9月22日
日本クラウン
  1. ナントナク…
     作詞:安井歩 作曲:安井歩 編曲:安井歩
     JFN系「AKジャンボPARTY」オープニング・テーマ
  2. AIR OF RUINS 〜Eternal Dance〜
     作詞:安井歩 作曲:安井歩 編曲:安井歩
  3. ナントナク… PEAKBOYS-DJ FEILONG & KENN.N'S REMIX featuring AYAKO JOHIRA
     作詞:安井歩 作曲:安井歩 編曲:PEAKBOYS-DJ FEILONG & KENN.N
  4. ナントナク… (instrumental)

アルバム編集

  タイトル 発売日・発売元 収録曲
1st TUNING 1996年2月21日
ダブル・オーレコード
1997年11月4日(ソニーレコードより再版)
  1. Free Style (Album version)
     作詞:ARCHE・KOUSAKU 作曲:向笠眞弘 編曲:大木雄司
  2. ON THE WAY
     作詞:ARCHE・KOUSAKU 作曲:櫻康 編曲:杉山卓夫
  3. MADLY IN LOVE
     作詞:ARCHE・KOUSAKU・KAORU 作曲:上野圭市 編曲:上野圭市
  4. My Home Town
     作詞:ARCHE・KOUSAKU 作曲:櫻康 編曲:杉山卓夫
  5. X・KISS
     作詞:ARCHE・KOUSAKU 作曲:大木雄司 編曲:上野圭市
  6. DON'T BE AFRAID
     作詞:ARCHE・KOUSAKU 作曲:土屋真奈部 編曲:TRAVIS MILNER
  7. NO FAKE
     作詞:ARCHE・KOUSAKU 作曲:上野圭市 編曲:上野圭市
  8. DREAMS
     作詞:ARCHE・KOUSAKU 作曲:濱方保 編曲:上野圭市
  9. ALIVE
     作詞:ARCHE・KOUSAKU 作曲:向笠眞弘 編曲:杉山卓夫
  10. LOVE & PEACE
     作詞:ARCHE・KOUSAKU・KAORU 作曲:OSAMU 編曲:真田カオル
2nd Go! Go! Go! and Goes On!! 1998年9月23日
テイチク

日本のラジオDJの先駆者・糸居五郎に捧げられたアルバム。
アルバム名及びトラック5の曲名はラジオDJ・糸居五郎の代名詞から。

  1. OPENING
     曲中に、糸居五郎の「Go! Go! Go! and Goes On!!」というボイスがサンプリングされている。
  2. RADIO WORLD)
     作詞:ARCHE・KOUSAKU 作曲:KOUSAKU
  3. NOISY
     作詞:ARCHE・KOUSAKU 作曲:向笠眞弘
  4. LOVE FIRE
     作詞:ARCHE・KOUSAKU 作曲:TADASHI SHIRAKAWA
  5. Go! Go! Go! and Goes On!!
     作詞:ARCHE・KOUSAKU 作曲:土屋学
  6. SECRET OF DESERT〜砂漠の秘密〜
     作詞:ARCHE・KOUSAKU 作曲:HIROTO ISHIKAWA
  7. iの花
     作詞:ARCHE・KOUSAKU 作曲:NIEVE KOBAYASHI
  8. 同じ空の下で
     作詞:ARCHE・KOUSAKU 作曲:YASUSHI ONODERA(櫻康)
  9. ON & ON & ON
     作詞:ARCHE・KOUSAKU 作曲:土屋学
  10. ここにいるよ
     作詞:ARCHE・KOUSAKU 作曲:土屋学
  11. Mr. Lonely DJ
     作詞:ARCHE・KOUSAKU 作曲:土屋学
     糸居五郎に捧げた楽曲。
     糸居がよく口にしていた「太陽のかわりに音楽を、青空のかわりに夢を」というフレーズが詞中に登場する。
     曲中に、糸居の「Go! Go! Go! and Goes On!!」というボイスがサンプリングされている。

その他編集

内田一奈の「INNOCENT」ドラマCDに参加
  • STEP BY STEP
  • INNOCENT
  • LAST LOVE
内田一奈の「ぼくはこのまま帰らない」ドラマCDに参加
  • ユルサレナイ恋
  • 笑顔の太陽
内田一奈の「ナーシサス・ブラック」ドラマCDに参加
  • THE SENSUAL OF EDEN エデンの悪戯
  • NARCISSUS BLACK ナーシサス・ブラック
  • THE SENSUAL OF EDEN エデンの悪戯(re-mix version)

出演編集

  • AK LIVEヒットギャング(任天堂サテラビュー、1995年)
  • ラジカルモンスター(1995〜1998年)
  • アーチと耕作のラジマンガOK
  • AK LIVE SATURDAY HIT FACTORY(JFN四国4局ネット)
  • AKジャンボPARTY(JFN系)
  • PUMP UP RADIO(FM-FUJI、2014年7月15日)

参考文献編集

  1. ^ AK LIVE 復活決まりました”. DJ KOUSAKUオフィシャルブログ「強引ing my way」. 2013年2月1日閲覧。