AN/USQ-20は、アメリカ海軍コンピュータ・システム[1]UNIVAC(後のユニシス)のCP-642コンピュータを中核として、制御コンソールテープドライブなどを連接したものである[2]

AN/USQ-20の筐体。

概要編集

海軍戦術情報システム(NTDS)は、開発段階では表面障壁トランジスタを用いたAN/USQ-17英語版コンピュータを使用していたが、艦上試験以前の1959年の時点で、既に性能不足が指摘されていた[3]。この課題に対し、UNIVAC社は、プレーナー型トランジスタを用いたコンピュータであれば大幅な改善が見込めると提案し、他にも多くの大型プロジェクトを抱えていたにもかかわらず、わずか9か月半で完全に新しいコンピュータの設計を完成させた[3]。これによって開発されたのがCP-642である[3]

USQ-17と同様に30ビット英語版プロセッサを用いているが、スループットは倍増し、約100 kIPSとなった[3]命令のレパートリーは62個であった[2]主記憶装置としては磁気コアメモリが採用され、メモリサイズは32キロワード、サイクルタイムは、初期モデルであるCP-642Aコンピュータでは8マイクロ秒であったが、CP-642Bコンピュータでは2-3マイクロ秒に短縮された[2]筐体のサイズは高さ1.83メートル×幅0.97メートル×奥行き0.94メートルであった[2]

CP-642は1961年より運用を開始し、初期のNTDSの主計算機として用いられた[2]。その後、1962年には改良型のCP-642Bが登場し、こちらも広く用いられたが[2]1969年に後継機であるAN/UYK-7が登場すると[4]、以後に開発されたシステムではこちらが用いられるようになり、順次に代替されていった[1]

採用国と搭載艦編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 「はるな」の近代化改修に伴い搭載されたOYQ-6-2でもCP-642Bが用いられたという説もある[9]

出典編集

  1. ^ a b 海人社 2002.
  2. ^ a b c d e f g h i j Friedman 1997, pp. 54–55.
  3. ^ a b c d Boslaugh 2021.
  4. ^ Friedman 1997, pp. 56–58.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m Boslaugh 2003, p. 373.
  6. ^ a b Friedman 1997, pp. 87–88.
  7. ^ 香田 2015, pp. 112–117.
  8. ^ 香田 2015, pp. 134–143.
  9. ^ Friedman 1997, p. 90.
  10. ^ Friedman 1997, p. 84.

参考文献編集

  • Boslaugh, David L. (2003). When Computers Went to Sea: The Digitization of the United States Navy. Wiley-IEEE Computer Society Press. ISBN 978-0471472209 
  • Boslaugh, David L. (2021年). “First-Hand:Legacy of NTDS - Chapter 5 of the Story of the Naval Tactical Data System” (英語). Engineering and Technology History Wiki. 2022年1月15日閲覧。
  • Friedman, Norman (1997). The Naval Institute Guide to World Naval Weapon Systems 1997-1998. Naval Institute Press. ISBN 978-1557502681 
  • 海人社編「艦載コンピュータの現況と将来 (特集 システム艦隊)」『世界の艦船』第594号、海人社、2002年4月、 86-89頁、 NAID 40002156293
  • 香田洋二「国産護衛艦建造の歩み」『世界の艦船』第827、海人社、2015年12月。 NAID 40020655404