ANAK(息子)』は、フィリピンのフレディー・アギラ1977年に作曲したポップス。原曲の歌詞はタガログ語で歌われている。

概要編集

1977年に、フィリピンにおいて、フレディー・アギラ (Freddie Aguilar) の自作自演がヒットした。Anakとは、タガログ語で(息子ではなく)「わが子」という意味である(つまり、女の子も "Anak" と言う)。

原詞の内容は、親が息子がよからぬ道に進むことを嘆く内容である。フレディー・アギラ自身が、親にわびる気持ちで書いたと、英語版ウィキペディアにある。

世界中で、26言語訳詞された。

日本では1978年7月にNHKの『ニュースセンター9時』で2度にわたり紹介された[1]。続いて日本では同年9月1日にフレディー・アギラの原曲とアシン英語版のカバー、杉田二郎日本語版カバーが同時発売され[1]、同年9月10日加藤登紀子日本語版カバーが発売された[1]

杉田のカバーはフィリピンの日本大使館による直訳をもとになかにし礼[1]、加藤のものは英語の直訳詩をもとに加藤自身が訳詞を書いた[1]

エピソード編集

1978年のある日、東芝EMIの新田和長ディレクターは、日音の村上司社長よりフレディー・アギラの「ANAK(息子)」を「いい曲があるから聴いてみてよ」と紹介される。タガログ語のため言葉の意味はわからないが、強く引かれるものがあった。「フィリピンに行ったときラジオでたまたま聴いて、これは素晴らしいと思ったので、権利を取って来たんだけど」と。[2]

そこで加藤登紀子でレコード化しようと思っていると聞かされ、新田が杉田二郎(東芝EMIと日音の共同プロデュース歌手)ではどうですかと強く打診し、杉田二郎でもレコード化されることになった。[2]

村上は訳詞をなかにし礼に依頼し、その訳詞で加藤登紀子に歌わせる予定だったが、解釈をめぐって意見が対立し、加藤登紀子版は本人の作詞で歌われることとなった。[2]

カヴァー編集

フィリピン

日本

香港


杉田二郎のシングル編集

ANAK (息子)
杉田二郎シングル
A面 ANAK (息子)
B面 オリジナル・カラオケ
リリース
ジャンル ポップス
時間
レーベル EXPRESS
作詞・作曲 なかにし礼(訳詞)
Freddie Aguilar(作曲)
杉田二郎 シングル 年表
(青春は)まるで映画のように
1978年
ANAK (息子)
(1978年)
エンドマーク (2'46")
1979年
テンプレートを表示

ANAK (息子)」は、1978年9月1日に発売された杉田二郎の12枚目のシングル。

収録曲編集

  1. ANAK (息子)(4分11秒)
    訳詞:なかにし礼/作曲:F.Aguilar/編曲:石川鷹彦
  2. ANAK (息子) オリジナル・カラオケ(4分11秒)
    作曲:F.Aguilar/編曲:石川鷹彦

加藤登紀子のシングル編集

ANAK (息子)
加藤登紀子シングル
A面 ANAK (息子)
B面 赤いダリア
リリース
ジャンル ポップス
時間
レーベル Kitty
作詞・作曲 加藤登紀子(訳詞)
Freddie Aguilar(作曲)
加藤登紀子 シングル 年表
夜の静けさの中で
1978年
ANAK (息子)
(1978年)
生きてりゃいいさ
1979年
テンプレートを表示

ANAK (息子)」は、1978年9月10日に発売された加藤登紀子の30枚目のシングル。

収録曲編集

  1. ANAK (息子)(4分28秒)
    訳詞:加藤登紀子/作曲:F.Aguilar/編曲:星勝小野崎孝輔
  2. 赤いダリア(5分23秒)
    作詞・作曲:加藤登紀子/編曲:告井延隆、星勝

脚注編集

  1. ^ a b c d e 「フィリピンの大ヒット曲『息子』を3社4人が競作」『朝日新聞』1978年8月28日付東京夕刊、9頁。
  2. ^ a b c 富澤一誠著「青春のバイブル 魂を揺さぶられた歌」シンコーミュージック、1993年、235頁。ISBN-10: 4401614135。