石川鷹彦

日本のギタリスト、アレンジャー

石川 鷹彦(いしかわ たかひこ、1943年7月16日 - )は、北海道札幌市生まれのギタリストアレンジャースタジオ・ミュージシャンである。アコースティックギタリストの草分け的存在。

石川 鷹彦
生誕 (1943-07-16) 1943年7月16日(79歳)
出身地 日本の旗 日本北海道札幌市
学歴 多摩美術大学
ジャンル フォークソング
職業 ギタリスト
アレンジャー
スタジオ・ミュージシャン
担当楽器 ギター
フラットマンドリン
バンジョー
ブズーキドブロ
共同作業者 六文銭
公式サイト 石川鷹彦オフィシャルサイト
著名使用楽器
マーティン・D-18
マーティン・D-45
ギブソンドブロ・ギター

来歴編集

小学生の時に東京に移る[1]1960年代から活躍し、1968年同じ多摩美術大学小室等とともに六文銭を結成、初期メンバーとして「さよならだけが人生ならば」などを発売している[1]。その後吉田拓郎かぐや姫イルカアリスなどのバック・ギタリストとして1970年代フォークニューミュージックシーンにおいて数多くの演奏を残した他、アレンジャーとしても数々のヒット曲や名曲の誕生に貢献した[1]

1992年さだまさしのアルバム『ほのぼの』をプロデュースしてから、さだとの関係が密になり、さだのバックメンバーとしての活動が多くなっている。このため、さだのコンサートや『NHK紅白歌合戦』などの音楽番組では、さだの後ろでギターを弾いている姿を見ることが出来る。

1996年9月から10月にかけて、NHK趣味百科「アコースティック・ギター入門」に講師として加藤和彦とともに出演。同年、玉置浩二と「玉置浩二&石川鷹彦アコースティックLIVE」を行う。年末の紅白歌合戦にもさだまさしのバックとしてサポート出演。

2006年にはつま恋で行われた拓郎&かぐや姫のコンサートにも、バックメンバーとして出演している。

2016年脳梗塞で倒れた後、現在は活動を休止・療養している。

2019年にイルカのコンサートを尋ねており、その時の様子がイルカ公式サイトに掲載されている[2]


2021年のさだまさしのコンサートに観客として来場、楽屋へも訪問している。さだまさしのHP、ファンクラブサイト内11月の記事に映っている動画がある。(右手をかばっているよう)

人物編集

アコースティックギターを弾く様々なミュージシャンから尊敬されている。アコースティック以外にも、フラットマンドリンバンジョーブズーキエレキギターリゾネーターギターなどの弦楽器、更に、シンセサイザープログラミングまでをもこなすマルチプレイヤーの先駆け[1]50本以上のギターを所有している。

また、アレンジャーとして編曲を手がけたアーティストは数多く、アリス伊勢正三かぐや姫佐々木好さだまさしダ・カーポ中島みゆき長渕剛松山千春みのや雅彦森田童子森山良子森山直太朗山崎ハコ吉田拓郎などがいる。中でもアリスはオリコンチャート10位以内に入った曲は全て石川鷹彦が編曲した楽曲である[3]。レコーディングに参加したミュージシャンは上記の他に、大瀧詠一鈴木茂などロック系のミュージシャンも含まれ、そのジャンルは多岐にわたる。また、風の『22才の別れ』、山崎ハコの『呪い』など、ギターイントロの名作も数多く生み出している[1]

ディスコグラフィー編集

ソロアルバム編集

  • ステンド・グラス(1973年
  • The Firmament(1993年
  • WORDS (1994年
  • WORDSⅡ (1996年
  • WORDS 3rd (2001年
  • WORDS 3.5 ~Solo Guitar Style~ (2004年
  • WORDS 4 (2007年
  • WORDS BEST 〜KAMUY〜(2008年
  • WORDS BEST 〜Sirius〜(2008年)
  • PLAY FORK SONGS 〜WORDS 4.5〜(2010年

オムニバスアルバム編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 「あの人に迫る 石川鷹彦 ミュージシャン」中日新聞、2011年8月19日夕刊2頁。
  2. ^ 「イルカ with Friends Vol.15」今年もありがとうございました!ご報告その2!石川鷹彦さん・船山基紀さん&古村比呂さん!”. www.iruka-office.co.jp. 2021年5月9日閲覧。
  3. ^ アリス在籍中の堀内孝雄のソロシングル「君のひとみは10000ボルト」「南回帰線」も石川の編曲