Automattic

2005年8月に設立されたアメリカ合衆国サンフランシスコに本拠を置くWeb開発会社

Automattic(オートマティック)は、2005年8月に設立されたアメリカ合衆国サンフランシスコに本拠を置くWeb開発会社である。WordPressオープンソースブログソフトウェア)とWordPress.com英語版(レンタル・ブログサービス)による自由な情報発信への貢献で注目されている[1]

Automattic Inc.
種類
非公開
業種 インターネット
設立 2005年8月
創業者 マット・マレンウェッグ
Matt Mullenweg
本社 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ
主要人物
マット・マレンウェッグ (創業者、CEO、社長)
製品
従業員数
1,273 (2020年9月)
ウェブサイト automattic.com

概要編集

 
創業者マット・マレンウェッグ(日本・関西で)

2005年8月に創立したAutomatticの社名は、創業者マット・マレンウェッグ(Matt Mullenweg)のファースト・ネームにちなんでいる。

Automatticは、過去6回の資金調達で6億1730万ドルを用立てた。2019年9月時点で時価総額30億米ドルと評価されている[2]。 この会社の従業員数は2020年9月時点で1,273人[3]であり、企業として根付くそのテレワーク文化はスコット・バークン(Scott Berkun)による参加型ジャーナリズム・プロジェクトの主題にもなった。バークンは2013年に著書『マイクロソフトを辞めて、オフィスのない会社で働いてみた』(新潮社、2015年)[4]に自らの経験をまとめている[5]

おもな事業はコンテンツ管理システムWordPressを基盤に、ブログやネットサービスWordPress.com英語版に組み込む関連技術のスパムフィルター(Akismet英語版)やアバターGravatar)あるいはネットコマース用プラグイン(WooCommerce英語版)、またウェブ上で使えてマークダウンによる装飾やリンクが書けるメモ帳(Simplenote)などを提供している。TumblrはマイクロブログでスタートしSNSサービスに育った企業で、2019年にベライゾン・コミュニケーションズから買いとり吸収した[6]

参照項目編集

脚注編集

  1. ^ オープンソースでWebの世界をもっと自由に。WordPressの創始者が語る、“情報発信の民主化”” (日本語). TECHBLITZ. 2020年10月25日閲覧。
  2. ^ WordPress.com Parent Automattic Raises $160 Million, Valued at $1.16 Billion” (英語). 2019年11月5日閲覧。
  3. ^ About Us” (英語). Automattic (2005年7月23日). 2020年5月13日閲覧。
  4. ^ Scott Berkun (10 September 2013) (英語). The Year Without Pants: WordPress.com and the Future of Work. Wiley. ISBN 978-1-118-66063-8. https://books.google.com/books?id=nU1KlwEACAAJ  原題:The Year Without Pants: WordPress.com and the Future of Work(仮題『長ズボンをはかない年:WordPress.comと仕事の未来』)、John Wiley & Sons、2013年。
  5. ^ Automattic社唯一の日本在住社員 高野直子さんにインタビュー”. mydeskteam.com. 2019年11月5日閲覧。
  6. ^ Alexander, Julia (2019年8月12日). “Verizon is selling Tumblr to WordPress’ owner(ベライゾン、タンブラーをワードプレス社主に売却へ)” (英語). The Verge. 2020年10月25日閲覧。

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、Automatticに関するカテゴリがあります。