BBS運動(ビービーエスうんどう、Big Brothers and Sisters Movement) は、日本の青年ボランティア運動。その運動団体はBBS会と呼ばれ、法務省所管の更生保護制度における民間協力者(更生保護ボランティア[1])の一つに位置付けられる[2]。「犯罪や非行のない明るい社会の実現[3]」を理念に掲げ、「非行を初め社会適応に悩む多くの少年少女[4]」を対象としたメンタリング活動[5]などを行っている。

概要編集

日本のBBS運動は、メンタリング運動の歴史的起源とされるアメリカBBBS運動英語: Big Brothers Big Sistersが日本に紹介され、表記を若干変えて独自の発展を遂げたものとして理解されている[6]

同じく更生保護ボランティアである保護司会とは関係が近いほか、更生保護施設更生保護女性会とつながりが深い地区もある[7]

平成26年度の内閣府世論調査結果では、一般国民のBBS会に対する認知度は1.6%[8]

歴史編集

日本においては1947年に運動が始まったとされる[4]

組織編集

日本BBS連盟
略称 日B連
設立 1950年
種類 特定非営利活動法人
法的地位 特定非営利活動促進法
目的 BBS運動の強化発展の支援
本部 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-10-9
更生保護会館3階
貢献地域   日本
会長 戸田信久
関連組織 法務省
ウェブサイト http://bbs-japan.org/
特記事項 1952年に現名称へ改称
2016年法人登記
かつての呼び名
全国BBS運動団体連絡協議会
テンプレートを表示

NPO法人日本BBS連盟を頂点として、地方更生保護委員会に対応する形で[9]8つの地方BBS連盟、さらに50の都府県BBS連盟[注 1]が存在し、約500の地区BBS会(地区会)が全国各地で活動を行っている[10]。地区会は行政単位の地域を単位とするものが基本であるが[11]、大学単位で組織される場合などもあり、そうした地区会は特に学域BBS会と呼ばれる[12]

活動編集

日本BBS連盟による「BBS運動基本原則」では、BBS運動の実践活動は次の3領域に分類されている[13]

ともだち活動
BBS運動の主柱とされる活動。「非行少年や社会不適応少年と『ともだち』になることを通して、彼らの自立を支援する活動[14]」であり、いわゆるメンタリング活動にあたる[15]
非行防止活動
「青少年や地域に広く働きかけ、青少年の健全な発達支援や明るい社会環境作りを行う活動[16]」。「健全育成活動」などの別称を用いる地区会もある[12]
自己研鑽
「BBS活動を行うために必要な知識・技術等を身につける[17]」ための活動。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 北海道は広域のため、札幌函館旭川釧路の4つに分かれている。

出典編集

  1. ^ 法務省:更生保護を支える人々
  2. ^ 法務省『平成28年版 犯罪白書』日経印刷、2016年、83頁。ISBN 978-4-86579-069-6
  3. ^ BBS運動発足70周年記念式典が開催されました」『法務省だより あかれんが』第59巻、法務省大臣官房秘書課広報室、2017年11月、 2頁、2019年3月28日閲覧。
  4. ^ a b BBSの歴史”. 日本BBS連盟. 2019年3月28日閲覧。
  5. ^ 渡辺かよ子 2012, p. 121
  6. ^ 渡辺かよ子 2012, pp. 121-122
  7. ^ 長谷川洋昭 2012, pp. 55-56
  8. ^ 「基本的法制度に関する世論調査」の概要 (pdf)”. 内閣府大臣官房政府広報室. p. 18 (2015年1月). 2019年3月28日閲覧。
  9. ^ 長谷川洋昭 2012, p. 57
  10. ^ BBSの組織”. 日本BBS連盟. 2017年12月5日閲覧。
  11. ^ 日本BBS連盟 2005, p. 12
  12. ^ a b 早稲田大学広域BBS会「早稲田大学広域BBS会の活動について」『家庭の法と裁判』第10巻、日本加除出版、2017年7月、 141-143頁、 ISSN 2189-1702
  13. ^ 日本BBS連盟 2005, pp. 5-11
  14. ^ 日本BBS連盟 2005, p. 5
  15. ^ 渡辺かよ子 2012, p. 121
  16. ^ 日本BBS連盟 2005, p. 9
  17. ^ 日本BBS連盟 2005, p. 11

参考文献編集

主要参考文献のみを記載。この他の参考文献については脚注方式で#出典に記載している。

関連項目編集

外部リンク編集