メインメニューを開く
BEE CARDを題材とした
テレホンカード

BEE CARD(ビーカード)とは、1985年ハドソン三菱樹脂が共同開発し、MSXおよび日本電気PC-9800シリーズで使われた世界初メモリーカードである。

MSX用ゲームソフトとしては、野球狂ジェットセットウィリースターフォースプーヤンボンバーマン・スペシャルスターソルジャー高橋名人の冒険島の計7タイトルがリリースされた。そのままではMSXのカートリッジスロットに挿入できないため、「BEE PACK」という別売のアダプターを介して使用する。第1弾ソフトの野球狂は「BEE PACK」同梱で価格据え置きの初回限定版が5,000セット販売された。

その他編集

BEE CARD自体はあまり普及したとは言い難いが、その後、1987年にハドソンとNECホームエレクトロニクスPCエンジン用のカード型ROMカートリッジとして共同開発したHuCARDに技術が活用され、日の目を見たと言える。

物理的にはPCエンジン用HuCARD、SG-1000マイカードとはほぼ同等品であるが、ピンアサイン・フォーマットが違い互換性はない。

関連項目編集

脚注編集


外部リンク編集