メインメニューを開く

プーヤン』は、1982年10月にコナミ(現・コナミアミューズメント)より稼働されたアーケードゲーム。さらわれた子ブタのプーヤンを助けるため、襲い来るオオカミたちを母ブタが弓矢で打ち落とす童話風のシューティングゲームである[1]

プーヤン
ジャンル 固定画面シューティング
対応機種 アーケード
開発元 コナミ
発売元 日本 コナミ
アメリカ合衆国 Stern
ヨーロッパ コナミ
ディレクター 藤原得郎
人数 1 - 2人(交互プレイ)
メディア 業務用基板
(56.53キロバイト
稼働時期 INT 1982101982年10月
対象年齢 日本 CEROA(全年齢対象)
デバイス 2方向レバー
1ボタン
CPU Z80 (@ 3.072 MHz)
サウンド Z80 (@ 1.790 MHz)
AY-3-8910A (@ 1.790 MHz)×2
RC (@ 1.789772 MHz)×6
ディスプレイ ラスタースキャン
縦モニター
256×224ピクセル
60.00Hz
パレット32色
その他 型式:GX320
テンプレートを表示

かわいらしいキャラクターと、それに似合わぬ高度なゲーム性が人気を呼んだ[1]

目次

ゲーム内容編集

ステージのパターンは以下の3種類。プレイヤーである母親は画面の右端で上下に移動するゴンドラに乗っている。

  • オオカミが風船の浮力で上から降下し、その風船を弓矢で撃つ。オオカミが地上に降りてしまうと、ゴンドラの後ろの梯子にオオカミが(最大4匹)出現し、時折噛み付いてくるため動ける範囲が狭くなる。
  • オオカミが風船の浮力で下から上昇し、その風船を弓矢で撃つ。オオカミが7匹上に到達すると、ゴンドラの上から岩が落ちてきてミス。最後に出てくる紫色のボスオオカミはガードが固い上、撃ち逃してしまうとオオカミの残数が5匹増えてしまう。
  • ボーナスステージは肉でオオカミを落とす(オオカミは攻撃してこない)のと、ボスオオカミが投げるフルーツを射るの2種類。

オオカミには、弓矢でそのオオカミが着けている風船を狙撃するだけでなく肉による攻撃(投げられた肉に釣られたオオカミは風船から手を離して墜落する)も出来る。一撃必殺(ピンクのオオカミも)かつまとめて落とすことも可能だが、風船に阻まれる事もある。一部のボーナスステージではこれがテーマになっている。

風船には割るために数発矢を当てなければならない物もある。それは当てるごとに上昇速度が落ちていく。

オオカミ自身に当たりそうになった矢は、盾で下に落とされる。その矢で下にある風船を割ることができる。

オオカミは石を投げて攻撃してきて、当たるとミスになるが、ゴンドラの外観に当たった場合は跳ね返すことができる[1]

ハイスコアのためには、矢を一度に2本までしか射ることができないため、狙い撃ちが重要になる。肉を使って連続落としをすると、400、800、2000と倍倍に点数が上がる(2000に達すると、それ以降はずっと2000)ので、それを狙うことが推奨される[1]

隠れキャラとして「葉っぱ」、「キノコ」、「毛虫」、「ちょうちょ」、「鳥」、「ゴキブリ」がおり、矢やゴンドラのスピードが上がったり、肉が無制限になったりする効果がある。中でも「ゴキブリ」は80000点に加えて自機が5機アップする効果を持っていた[1]

他機種版編集

No.タイトル発売日対応機種開発元発売元メディア型式売上本数
1Pooyan
  1982年
Atari 2600コナミコナミロムカセットRC-100-X 02-
2プーヤン
  1983年
M5タカラタカラロムカセット[2]SLPM-86052-
3プーヤン
  1983071983年7月
ぴゅう太トミートミーロムカセット--
4プーヤン
  1983101983年10月
PV-1000カシオカシオロムカセット--
5Pooyan
  1983年
  1983年
Atari 8ビット・コンピュータ
TRS-80
コモドール64
DatasoftDatasoftカセットテープ--
TRS-80版は北米のみの発売
6Pooyan
  1984年
Apple IIDatasoftDatasoftフロッピーディスク--
7プーヤン
  198509201985年9月20日
ファミリーコンピュータハドソンハドソンロムカセットHFC-PO-
8  コナミのプーヤン
  Pooyan

  1985年
  1985年
MSXハドソンハドソンBEE CARD  BC-M5
-
9  コナミ80'sアーケードギャラリー
  Konami 80's AC Special
  Konami 80's AC Special

INT 1998111998年11月
アーケードコナミコナミ業務用基板--
10  コナミ80'sアーケードギャラリー
  Konami Arcade Classics

  199905131999年5月13日
  199911301999年11月30日
PlayStationコナミコナミCD-ROM  SLPM-86228
  SLUS-00945
-
アーケード版の移植
11プチプーヤン
コナミネット
  2002年6月4日[3]
iアプリコナミコナミダウンロード--
12プーヤン
コナミ J-APPLI
  2002年7月1日 [4]
Jスカイ
Javaアプリ
コナミコナミダウンロード--
13プーヤン
  2003年3月26日[5]
EZアプリコナミアイレボダウンロード--
14プーヤン
オレたちゲーセン族
  200605252006年5月25日
PlayStation 2コナミハムスターCD-ROMSLPM-62731-
アーケード版の移植
15  コナミ アーケード コレクション
  Konami Classic Series - Arcade Hits
  Konami Arcade Classics

  200703152007年3月15日
  200703272007年3月27日
  200710262007年10月26日
  200710292007年10月29日
ニンテンドーDSM2コナミDSカード  NTR-A5KJ-JPN
  NTR-ACXE-USA
  NTR-ACXP-EUR
-
アーケード版の移植
16プーヤン
バーチャルコンソール
  2007年6月26日[6]
WiiハドソンハドソンダウンロードFB9J-
ファミリーコンピュータ版の移植
17プーヤン
バーチャルコンソール
  2015年6月10日[7]
Wii UハドソンKDEダウンロードFDZJ-
ファミリーコンピュータ版の移植

音楽編集

アーケード版

ゲームスタート時には「森のくまさん」、一部のステージにはドヴォルザーク作曲の「ユーモレスク Op.101 No.7」(1894年)の曲が流れる。

ファミリーコンピュータ版

ファミリーコンピュータのハードウェア割り込みの分解能は本体のみでは1/60秒が最小単位となっているが、オリジナルであるアーケード版のドライバの割り込み周期は1/300秒となっており、その短い周期によって独特のSE等が実現されていた。ファミリーコンピュータへの移植の際、CPUの命令の実行クロックから1/300のインターバルタイマを作成し、ハードウェア割り込みによらない高速な周期の処理によりアーケード版によく似たSEの再生を実現している[8][9]

評価編集

評価
レビュー結果
媒体結果
AllGame      (AC)[10]
ファミリーコンピュータ版

ゲーム誌『ファミリーコンピュータMagazine』の1991年5月10日号特別付録「ファミコンロムカセット オールカタログ」では、「数々の『隠れキャラ』が当時話題になった。ほのぼのとした雰囲気のゲームだが、内容が単調で飽きやすいのも事実だ」と紹介されている[11]

関連作品編集

ゲーム内にフルトン回収(ヘリウム入り風船を背負わせて上昇させ飛行機やヘリで回収する)でアブダクトされている敵兵の風船を撃って打ち落とす『プーヤン・ミッション』がある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e M.B.MOOK『懐かしファミコンパーフェクトガイド』80ページ
  2. ^ パッケージ画像等 プーヤン(m5)ROMカセット beep hop
  3. ^ 田名網陽平 (2002年6月4日). “コナミ、「プーヤン」、「パステルじゃんけん」など新作iアプリを多数追加! 「コナミネット」” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2018年12月29日閲覧。
  4. ^ 北村孝和 (2002年7月1日). “コナミ、J-スカイで「パワプロサクセス」、「プーヤン」など新作アプリを多数追加! 7月1日より配信開始” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2018年12月29日閲覧。
  5. ^ 北村孝和 (2003年3月20日). “コナミネット、EZweb「コナミアプリコレクション」「けっきょく南極大冒険」など6本を順次リリース” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2018年12月29日閲覧。
  6. ^ VC プーヤン” (日本語). 任天堂ホームページ. 任天堂. 2018年12月29日閲覧。
  7. ^ POOYAN(プーヤン)|Wii U” (日本語). 任天堂ホームページ. 任天堂. 2018年12月29日閲覧。
  8. ^ 60分の1秒の世界
  9. ^ こんな仕事もしました
  10. ^ Pooyan for Arcade (1982)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2018年1月27日閲覧。
  11. ^ 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店、1991年5月10日、 215頁。

外部リンク編集