BPM(ビーピーエム、1986年 設立 - 1988年 活動停止)は、近田春夫が主宰したかつて存在したレコードレーベルである。

略歴・概要編集

前史編集

近田春夫は、1980年(昭和55年)に古巣のキングレコードから日本コロムビアに移籍、ジューシィ・フルーツのプロデュースや1981年(昭和56年)からの近田春夫&ビブラトーンズとしてのレコードリリースは、日本コロムビアで行なっていたが、1983年(昭和58年)にはゲートボールを結成とともに徳間ジャパン(現徳間ジャパンコミュニケーションズ)に移籍していた[1]1984年(昭和59年)1月にはビブラトーンズは解散、ゲートボールも活動停止していた。1985年(昭和60年)には、かつて日本コロムビア移籍第一作のアルバム『星くず兄弟の伝説』(1980年)が手塚眞によって映画化され、そのサウンドトラックは改めてレコーディングされ、SMSレコードからリリースされた[1]

活動期編集

そういった近田のレコード会社の変遷を経て、1986年(昭和61年)、当時の新興レコード会社SIXTY RECORDS内に近田春夫が設立した[1]ヒップホップ専門レーベルである[2]。近田がヒップホップに踏み切った背景には、同年8月のRun-D.M.C.Walk This Way』のヒットがあった[1]。同曲は、Run-D.M.C.が1975年(昭和50年)のエアロスミスのヒット曲を、スティーヴン・タイラージョー・ペリーを迎えてカヴァーしたもので、ビルボード・ホット100の5位以内にチャートイン(最高位4位)した初めてのヒップホップであった。

近田は、President BPMを名乗り、同年10月25日、同レーベル第1弾として自ら、12インチシングル『MASS COMMUNICATION BREAKDOWN』を発表する[2]。すでにヒップホップを始めていた藤原ヒロシと元東京ブラボー高木完のユニットTINNIE PUNXや、いとうせいこう細野晴臣F.O.E.らをレーベルを超えてフィーチャーし、短期間に5枚の12インチシングルを連打した。宮崎美子の7インチシングル『だからDESIRE』、BPMワークの集大成としてのベストアルバム『HEAVY』を1987年(昭和62年)6月5日にLPとCDを同時リリース、翌1988年(昭和63年)に12インチシングル『FAITH, HOPE & CHARITY / DO the PUNK ROCK』をリリースしたのを最後に、同レーベルは幕を閉じる[2]

その後編集

近田は、1988年、BPMを離れると同時にビブラストーンを結成、人力ビッグバンドによるヒップホップを開始する。次のレーベルは高護率いるソリッドレコードである。ビブラストーンのファーストアルバム『Vibra is Back』はライヴ盤で、ソリッドレコードから1989年(平成元年)にリリースされた。

アルバム『HEAVY』は、のちに1993年(平成5年)3月24日、SIXTY RECORDSからCD再発売された(SXCR-304)[2][3]

ディスコグラフィ編集

12インチシングル編集

  1. MASS COMMUNICATION BREAKDOWN 1986年10月25日発売 (12SL-2) - President BPM
  2. NASU-KYURI / I Luv Got The Groove 1986年12月25日発売 (12SL-3) - President BPM / TINNIE PUNX
  3. Hoo! Ei! Ho! / NASTY BEAT 1987年2月25日発売 (12SL-4) - BPM PRESIDENTS featuring TINNIE PUNX / HIP HOP CREW
  4. COME★BACK / Cold Getting Down 1987年4月25日発売 (12SL-5) - F.O.E. featuring HARUOMI HOSONO with President BPM and SEIKOH ITOH / M.I.D.
  5. FAITH, HOPE & CHARITY / DO the PUNK ROCK 1988年発売 (12SL-6) - TINY P@NX

7インチシングル編集

  1. だからDESIRE / タカラ本みりん 1987年6月5日発売 (7SS-16) - 宮崎美子

アルバム編集

  1. HEAVY 1987年6月5日発売 (28SL-12 / 32SD-12) - President BPM featuring TINNIE PUNX and F.O.E.

関連事項編集

編集

  1. ^ a b c d 石川誠壱のウェブサイト「近田春夫と私」の記述を参照。
  2. ^ a b c d #外部リンク内の「BPM」リンク先の記述を参照。
  3. ^ #外部リンク内の「HEAVY」リンク先の記述を参照。

外部リンク編集