メインメニューを開く

CGロボ(シージーロボ)は1992年12月〜1993年バンダイから発売された変形ロボット玩具シリーズ。

概要編集

人気シリーズ『マシンロボ』の後継として企画され、マシンロボ600のリメイク要素も持つシリーズ。当時の価格は1500円。

PVCMでは当時の先端技術であるポリゴンによる映像が使われたが、名称の「CG」はコンピュータグラフィックスではなく「Change&Glow Robot(変形と発光能力を持ったロボット)」の略と設定されている。

ヨーロッパではROBO MACHINESのタイトルで販売が行われた。

マシンロボ600同様の変形機構に加え内蔵ボタン電池(LR-41×2個・交換不可)による発光・サウンドギミックを持つが、マシンロボほどの人気は得られず短期で展開を終了した。

蒸気機関車から変形するエスエルシージー、マシンロボ600の人気アイテム・ロッドドリルロボをリメイクしたドリルシージーも発売予定があったが実現はしなかった。これらは書籍「マシンロボウェッジ マシンロボ大全集」(ミリオン出版)にてデザイン画が掲載されている。

ラインナップ編集

CG-01 パトカーシージー
CG-02 ファイアーシージー
CG-03 レスキューシージー
CG-04 キャリアシージー
CG-05 ヨンクシージー
CG-06 スパイシージー
CG-07 アーマーシージー
CG-08 のぞみシージー
CG-09 ダンプシージー
CG-10 クレーンシージー
CG-11 シャベルシージー
CG-12 つばさシージー
CG-13 ドーザーシージー
CG-14 シャトルシージー

関連項目編集