メインメニューを開く

マシンロボ 600は、マシンロボシリーズの初期メインアイテムとして1982年1985年バンダイから発売された玩具シリーズ。

商品名に「600」の名は冠されていないが、価格(600円)から通称として呼ばれるようになり、定着した。

概要編集

第1期シリーズとしてMR-01から06までの6種が1982年に発売。

600円という低価格でありながらも合金やメッキ等のパーツを多用した豪華な商品仕様や大胆な変形機構などが好評を呼んだ。玩具店の定番人気アイテムとなってシリーズは長期化し、最終的に54種以上がラインナップ。また600シリーズを中核に、大型基地や巨大ロボといった連動玩具も多数発売され、マシンロボは一大人気シリーズとなった。

マシンロボのテレビアニメ化作品『クロノスの大逆襲』『ぶっちぎりバトルハッカーズ』『GoBots』にも、多くがキャラクターとして登場している。またテレビ化以前にプロモーション用のアニメビデオも制作されており、アメリカ版はハンナ・バーベラ社、日本版はスタジオぴえろが制作を担当した。

『クロノス』放映にあたり型番をリニューアルされ、「MRJ=ジェット族(飛行マシン)」「MRB=バトル族(地上マシン)」の2系統にカテゴリ分けされた。リニューアルから漏れたラインナップは型番無しで販売継続。

ラインナップ編集

600シリーズ編集

ベスト5シリーズ編集

600シリーズの色違いバージョンを5体セットにした特別セット。当時の定価は3000円。

  • スペシャルシリーズ
    • バイク、バギー、ファイアー、パトカー、救急ロボの色違いセット。
  • ハイマシンシリーズ
    • スーパーカー、バギー、パトカー、ポルシェ、カウンタックロボの色違いセット。
  • コンストラクトシリーズ
    • ダンプ、ブルドーザー、トレーラー、クレーン、ジープロボの色違いセット。
  • スカイマシンシリーズ
    • ジェット、ジャイロ、シャトル、ハリアー、イーグルロボの色違いセット。

デビルインベーダー編集

悪役版の600シリーズとして、同価格で発売されたシリーズ。全5種。

600シリーズ同様、『クロノス』『バトルハッカーズ』にも登場。型番はそれぞれ「MRD-10○」から「MRGD-○」へ改められた。

  • MRD-101 キャスモドン
  • MRD-102 ファルゴス
  • MRD-103 ザリオス
  • MRD-104 ギルディス
  • MRD-105 バルダス

非売品編集

  • MR-747 ジャンボジェットロボ
    • 日本航空国内線の搭乗記念品及びクイズキャンペーンの景品として配布された限定品。
  • 変身ボールペン
    • 「マシンロボワールドキャンペーン」景品。ボールペンからロボに変形する。ボディと芯の色は青と黒の2種が存在。

関連項目編集