D・W・W・コンデ (David W. Conde, 1906年 - 1981年)は、アメリカ人のフリーランスジャーナリスト

カナダオンタリオ州に生まれ、1932年にアメリカに帰化した。1945年10月から1946年7月まで軍属として民間情報教育局映画演劇課長になり、日本の映画会社軍国主義的・国家主義的・封建主義的な内容の映画を製作することを禁じた[1]労働組合の結成を奨励し、戦後最大の争議といわれる東宝争議の原因を作る。46年〜47年にロイターのジャーナリストとして極東国際軍事裁判を報じた[2]。47年に連合国軍最高司令官総司令部に説明せずビザを否定されて、アメリカに戻させられた[3]。コンデには、GHQの非難に処罰という説を立てた[4]

平野共余子の調査で、アメリカ共産党員であったことが明らかになっている[5]。60年代に日本を訪れ、主に『世界』や『朝日ジャーナル』などの雑誌に寄稿し、『現代朝鮮史』『CIA黒書』『アメリカの夢は終った』などの時事評論を日本語訳で出版し、韓国でも著作が出版されたが、英語の草稿はあるものの、アメリカで出版されたものはない[2]

日本では、自分の経歴をジャーナリストと語っていたが、日本以外でジャーナリストの経験はまったくなく、アメリカではデパートセールスマンをしていた[6]。 

金学俊(ソウル大学教授)や重村智計によると、コンデは著書『朝鮮戦争の歴史』において、朝鮮戦争は韓国による北朝鮮侵略という「北侵説」を主張して、共産主義社会主義の北朝鮮を支持する或いはシンパシーを持つ日本及び韓国の左翼革新研究者の韓国による北朝鮮侵略説の最大の根拠となったが [7]信夫清三郎がコンデの誤りを詳細に批判した[8][9]

脚注編集

  1. ^ 佐藤忠男『日本映画史2』166p
  2. ^ a b David W. Comte - An Inventory of His Papers
  3. ^ Charles Pomeroy. "Foreign correspondents in Japan: reporting a half century of upheavals, from 1945 to the present". C.E. Tuttle, 1998. p33
  4. ^ D・W・W・コンデ「日本映画の占領史」、『世界』1965年8月 p253
  5. ^ 平野共余子『天皇と接吻』草思社、1998年
  6. ^ 「デビッド・コンデ『反骨の記者』の活動に光」『毎日新聞』2013年4月11日 東京夕刊
  7. ^ 重村智計 2010, p. 192
  8. ^ 信夫清三郎『朝鮮戦争の勃発』(福村叢書1969年
  9. ^ 重村智計 2010, p. 193

参考文献編集

関連書編集

  • 『偽りの民主主義:GHQ・映画・歌舞伎の戦後秘史』浜野保樹、角川書店 2008