メインメニューを開く

DDRオーバーリーガ

DDRオーバーリーガドイツ語: DDR-Oberliga)は、旧東ドイツにおけるサッカー1部リーグ。東西ドイツの統一にともなって消滅した。所属チームの多くは、旧西ドイツで行われていたブンデスリーガに編入された。

DDRオーバーリーガ
加盟国 東ドイツの旗 東ドイツ
大陸連盟 UEFA
開始年 1949年
最終年 1991年
参加クラブ 14
リーグレベル 第1部
下位リーグ Liga
最新優勝クラブ ハンザ・ロストック (1990/91)
最多優勝クラブ ベルリナーFCディナモ(10回)

目次

歴史編集

DDRオーバーリーガの成立まで編集

第二次世界大戦後、敗戦国のドイツソ連イギリスフランスアメリカ合衆国の四国に占領された。そのうち、ソ連の占領地区で、1947年から1948年にかけて占領地区内の優勝を争うトーナメントが開始された。占領地区内で優勝したSGプラニッツは、各占領地区選抜の優勝決定戦に進出したが優勝は果たせなかった。1948年、ソ連を除く三国が占領地区の統合を図ったことで東西ドイツの分裂は決定的となり、1949年ドイツ民主共和国(DDR)が成立した。これに伴ってDDRオーバーリーガが発足した。なお、2部リーグは単にリーガ(Liga)と称する。

DDRオーバーリーガ発足編集

1949年、第1回のDDRオーバーリーガが開催された。結果は以下の図のように、ZSGホルヒ・ツヴィッカウ(ZSG Horch Zwickau)が、SGフリードリヒシュタット(SG Friedlichstadt)をおさえて優勝を手にした。

DDRオーバーリーガ結果表
1949年/1950年
順位 クラブ名 試合数 得失点 勝点
1. ZSGホルヒ・ツヴィッカウ 26 20 1 5 69:27  +42 41-11
2. SG Friedrichstadt 26 18 3 5 87:29  +58 39-13
3. BSG Waggonbau Dessau 26 17 3 6 67:36  +31 37-15
4. BSG Turbine Erfurt 26 15 5 6 58:30  +28 35-17
5. ZSG Union Halle 26 13 5 8 56:38  +18 31-21
6. BSG Franz Mehring Marga 26 13 5 8 49:48  +1 31-21
7. BSG Märkische Volksstimme Babelsberg 26 10 4 12 42:66  -24 24-28
8. ZSG Industrie Leipzig 26 8 6 12 38:45  -7 22-30
9. Einheit Meerane 26 9 3 14 38:56  -18 21-31
10. BSG Hans Wendler Stendal 26 7 5 14 31:45  -14 19-33
11. SG Gera Süd 26 6 7 13 34:54  -20 19-33
12. ZSG Altenburg 26 6 5 15 34:50  -16 17-35
13. ZSG Anker Wismar 26 6 5 15 35:60  -25 17-35
14. BSG Vorwärts Schwerin 26 4 3 19 30:84  -54 11-41

DDRオーバーリーガの各クラブは、ドイツ社会主義統一党 (SED) 独裁政権の影響下におかれている。そのため、たびたび政府によってチーム名が改称されることがあった。初代優勝チームが本拠地とするツヴィッカウは、トラバント(旧東独で盛んに生産された自動車)の生産地であったこともあり、BSGモーター・ツヴィッカウ(BSG Motor Zwickau)と改称した。また、場合によっては政府の決定でクラブ全体が他の都市のメンバーと入れ替えられることもあった。その代表的な例としては、1954年には、SCエンポール・ラウターとSCエンポール・ロストック(のちのハンザ・ロストック)のメンバーが急遽入れ替えられたことなどが挙げられる。1971年にはFCフォアヴェルツ・ベルリンとFCフォアヴェルツ・フランクフルト(・アン・デア・オーダー)も同様の交替がなされている。

1950年代には、アウエを本拠地とするSCヴィスムート・カール=マルクス=シュタット(SC Wismut Karl-Marx-Stadt、現在のエルツゲビルゲ・アウエ)が3連覇を含む4度の優勝を果たした。ハンガリーの反ソ自由化運動に対してソ連軍が侵攻した1956年、ソ連のリーグ戦にあわせて新年から秋までを1シーズンとすることが定められた。(1961年より、再び従来の日程進行に戻された。)

「ディナモ」の時代編集

1970年代は、ディナモ・ドレスデンが活躍し、3連覇を含む5度の優勝を果たした。その後、70年代末からはベルリンFCディナモBerliner FC Dynamo)が快進撃を続け、1987年のリーグ戦まで10連覇の偉業を成し遂げた。とはいえ、「ディナモ」を冠するチームには特殊な事情がある。SVディナモSportvereinigung Dynamo)とは、東独の国家保安省秘密警察情報機関)とも関係の深いスポーツクラブ群であり[1]、扱う競技はサッカーにとどまらずアイスホッケー乗馬スキーなど多種に渡った。どの競技においても事実上の東ドイツ代表であり、近代オリンピックワールドカップの代表もディナモのメンバーから多く選出された。

ブンデスリーガへの併合編集

1989年11月、ベルリンの壁が崩壊した。東ドイツの崩壊と西ドイツへの合併が迫る中、東ドイツサッカー協会は解散し、北東ドイツサッカー協会(Nordostdeutsche Fußballverband)へと再編された。そのため、1990年から91年にかけてのリーグ戦は、NOFVオーバーリーガ(NOFV-Oberliga)の名称で開催された。これが、事実上最後のDDRオーバーリーガである。最後の優勝は、ディナモ・ドレスデンをおさえてハンザ・ロストックが手に入れた(下図参照)。最後のリーグ戦で、「ディナモ」のチームが優勝できなかったこと、中世ドイツを思い出させる「ハンザ」を冠したチームが優勝を手に入れたことは、東西ドイツの時代が終わったことを象徴していたのかもしれない。

NOFVオーバーリーガ結果表
1990年/1991年
順位 クラブ名 試合数 得失点 勝点
1. Hansa Rostock 26 13 9 4 44:25  +19 35-17
2. Dynamo Dresden 26 12 8 6 48:28  +20 32-20
3. FC Rot-Weiß Erfurt 26 11 9 6 30:26  +4 31-21
4. Hallescher FC Chemie 26 10 9 7 40:31  +9 29-23
5. Chemnitzer FC 26 9 11 6 24:23  +1 29-23
6. FC Carl Zeiss Jena 26 12 4 10 41:36  +5 28-24
7. 1. FC Lokomotive Leipzig 26 10 8 8 37:33  +4 28-24
8. BSV Stahl Brandenburg 26 9 9 8 34:31  +3 27-25
9. Eisenhüttenstädter FC Stahl 26 7 12 7 29:25  +4 26-26
10. 1. FC Magdeburg 26 9 8 9 34:32  +2 26-26
11. FC Berlin 26 7 8 11 25:39  -14 22-30
12. FC Sachsen Leipzig 26 6 10 10 23:38  -15 22-30
13. FC Energie Cottbus 26 3 10 13 21:38  -17 16-36
14. Viktoria Frankfurt/Oder 26 4 5 17 29:54  -25 13-39

その後の旧東独クラブ編集

かつてのDDRオーバーリーグのクラブは、1992年のシーズンよりブンデスリーガに参入し、ハンザ・ロストックとディナモ・ドレスデンが1部リーグに所属した。ハンザ・ロストックはその年に降格し(1995年に1部復帰)、ディナモ・ドレスデンは1995年に2部に降格した。2000年よりエネルギー・コットブスがブンデスリーガ1部に在籍したが、2003年に2部へ降格した。2005年にハンザ・ロストックが再び2部に降格したため、2005/06シーズンのブンデスリーガ1部から旧東ドイツのクラブチームは消滅していた。2006年にエネルギー・コットブスがブンデスリーガ1部に復帰している。

記録編集

1949年から1991年までの観客動員数は、合計でおよそ8千7百万人ほどとされる。一試合平均で1万人を超える計算である。通算のゴール数は24200ゴールであった。(一試合平均は3.01ゴール。)

歴代優勝クラブ編集

ソ連占領地区時代編集

DDRオーバーリーガ編集

NOFVオーバーリーガ編集

クラブ別優勝回数編集

脚注編集

  1. ^ ディナモ」はソビエト連邦ディナモ・モスクワなど、中東欧の旧社会主義国の秘密警察系のチームによくつけられた名称である。

外部リンク編集