DINO』(ディーノ)は、柳沢きみおによる日本漫画。『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)に1992年から1994年まで連載された。単行本は全12巻。

DINO
ジャンル 青年漫画
漫画
作者 柳沢きみお
出版社 小学館
掲載誌 ビッグコミックスピリッツ
発表期間 1992年 - 1994年
巻数 全12巻
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

これを原作としたオリジナルビデオ映画も作られた。

ストーリー編集

菱井ディーノは老舗デパート・丸菱デパートの御曹司として何不自由なく暮らしていたが、7歳の頃に父・丈一郎が部下達の裏切りにあい、社長職を失脚させられてしまう。愛想を尽かした母は家を出て行き、ディーノは父と暮らすことになるが、父は心労から酒に溺れて体調を崩してディーノを残して他界してしまう。天涯孤独になったディーノは遠戚の杉野家の養子になるが、厄介者扱いされて孤独な少年期をすごす。

高校生になったある日、父の友人を名乗る人物に丈一郎がディーノの為に残していた一軒家と自身の名前の由来ともなった「ディーノ」を譲り受けて杉野家を出て一人暮らしを始める。この時ディーノは自身の為に家と車を残してくれた父に深く感謝すると共に、その父を地獄に突き落とした父のかつての部下達への復讐を誓い、猛勉強の末に東大を経て丸菱デパートへの入社を果たす。

次々と重役たちやその親族を破滅させ、時には(偶然とはいえ)殺害まで追い込んでいった。総会屋が雇ったゴロツキに撃退されるディーノだが、催涙スプレーを使ったラフプレーで勝利する。その後、身の危険を感じた会長はボディガードを雇い始める。ディーノは苦戦しつつもボディガード幹部たちの目を潰し、再起不能に追い込んで勝利。正体は疑われたものの、その証明ができないボディガードたちは撤退していった。

そんな中、樽屋会長と母が男女の関係にあったことが判明。ディーノは二人の飲み物に毒を混入し復讐を計るが、良心の呵責に苛まれた末に母殺害を取りやめようと決心する。しかし、二人は既に毒を飲んだ後だった。樽屋会長は植物人間となり、母は危篤に陥っていた。しかし、意識を取り戻した母はすべての罪を自分でかぶり、無理心中を図ったとしてディーノを庇った。このことからディーノは母の愛情の深さを知り、母が出所したら一緒に暮らすことを約束する。

復讐は終わったかに思われたが、実は樽屋会長の裏で父の裏切りを指示した者がいることを知る。その人物は既に死んでいたが、孫娘がいた。ディーノは孫娘に惚れてしまい、相手にされなかったことからレイプ同然に犯してしまう。結果、彼女はディーノの愛人となる一方で英雄と婚約。身ごもった子供がディーノなら結果的に「ディーノの子供」が丸菱を支配することになると語った。

またもや意外な事実が発覚する。実は父は樽屋会長の妻と男女の関係を結んでおり、その子供が英雄ではないかというのだ。つまり、英雄はディーノの腹違いの兄だった可能性がある。この真実を公にし、英雄の失脚を目論む樽屋の親族。しかし、この事実を知ったディーノは発作的に親族を殺害してしまう。その後、リベンジを仕掛けてきた総会屋のゴロツキと対峙。既に正体がばれていたため、ディーノは不意打ちで非常階段から墜落させてゴロツキを殺害した。

それから数年後、ディーノは英雄の従妹と結婚を決意。母と同居も決心、ディーノは2人を連れて丸菱を離れ、新たな人生を始めようとしていた。

登場キャラクター編集

主要人物編集

菱井ディーノ / 杉野ディーノ / 杉野一郎
7歳の時に父が社長職から失脚し、その翌年に父と死別してからは遠戚の杉野家の養子になり「杉野ディーノ」となる。杉野家では冷たい仕打ちを受けるなど不遇な日々を過ごしていたが、ディーノが高校生になる頃に父の友人を名乗る人物から、父がディーノのために残した一軒家と名前の由来にもなったフェラーリディーノ206GTを譲り受けて一人暮らしを始める。猛勉強の末、東京大学に入学し、その後丸菱デパートの幹部候補生として入社する。「ディーノ」という外国人風の名前だが純日本人。
菱井丈一郎
ディーノの父。過去、側近であった樽屋吾郎たちに裏切られ、トップの座を追われて転落。以後は酒浸りの人生を過ごし、妻にも逃げられ失意の内に命を落とした。
ダンディな父親としてディーノから尊敬されており、父親自身息子に一軒家とフェラーリ(ディーノ)を遺すなど愛情はあった様子。
クライマックスでは破滅に至った真実が語られる。実は樽屋の妻に手を出しており、このことから報復を受けてトップの座から転がり落ちたというのが真相だった。また妻に対し暴力を振るっていた。浮気と暴力に愛想を尽かした妻に逃げられたというのが真相であった。
樽屋英雄
丸菱デパート会長・樽屋吾郎の息子。ディーノとは同期入社の同僚。いわゆる「御曹司」だが仕事熱心で有能。しかし、自己過信のきらいがある。ディーノの能力と本性の一端を見抜き、側近として重宝している。
実はディーノの腹違いの兄である可能性があると判明する。
清田
ディーノが入社後に配属された「モード・イタリア」の女性主任。ディーノと関係を持つようになる。

丸菱デパート編集

樽屋吾郎
丸菱デパート会長。
樽屋文雄
吾郎の弟。英雄にとっては叔父にあたる。
今井沢
副社長。
登戸
副社長。恵(めぐみ)という大学生の娘[1]がおり、彼女を溺愛かつ厳しく育てていたが、恵がディーノの罠[2]にはまって朝帰りをした際[3]に激怒して、恵の首を絞め付けて死なせてしまう。
曽根崎
専務。社内で息子(ディーノの最初の上司)が愛人女性と情交中にディーノに襲撃され、不倫がバレた際、連座して丸菱デパートの流通センターの所長に左遷となる。その後流通センターでボヤが発生[4]し、総額9千万円相当の商品を破損させてしまったことを知った直後に心労から心筋梗塞の発作を起こして、長期入院・退職に追い込まれた。
所川
専務。
吉井
丸菱デパート銀座店店長。

その他編集

杉野あや
ディーノの養家である杉野家の次女で、ディーノの義姉。幼少期はディーノを弟のようにかわいがり、面倒を見ていたが、高校生の頃にディーノと関係を持つ。成人後は銀行に就職しているが、ディーノにしつこく付きまとうなど異常な面を見せる。
終盤では登場しなくなり、その後の経緯も語られていない。

反響編集

じゃまおくんはツッコミどころの多い漫画で、主人公のディーノは姓を変えているため素性がバレていないことになっているが、キラキラネームであるため普通にバレるはずだと疑問に思い、復讐を遂げていく中で名前が目立つからと一郎に改名するのは今更で、柳沢のフェラーリ偏愛っぷりがいかんなく発揮されて作中で突然「フェラーリの名車たち」なるミニコーナーや車を絡めたポエムが挿入されたりするのはフェラーリに興味ないと違和感が凄いが、これが逆にクセとなり、ダークな主人公を軸としたストーリーはとてつもなく面白く、クールでワルな男の生き様はどこまでいっても魅力的だと証明していると評した[5]

LAWRENCE大藪春彦作品の主人公のように復讐鬼と化しながらもどこか心優しさや弱々しさにより相手を追い詰めながら自分も消耗するのが柳沢ならではの人間描写で、ディーノはエンツォ・フェラーリから子のアルフレード・フェラーリへ思いを込めたものでディーノ246ではなく206であるところに柳沢のこだわりがあり、描写は車そのものは上手く描かれてはいないがまさに細やかで柳沢がいかに惚れ込んでいたかがわかると評した[6]

オリジナルビデオ編集

1994年渡辺航を主演として、オリジナルビデオが製作された。

監督
吉村典久
原作
柳沢きみお
脚本
中村和彦、木田薫子
撮影
上野彰吾
出演

脚注・出典編集

  1. ^ 清田曰く「父親には全く似ていない美人」。
  2. ^ この際、ディーノは「司法浪人の松野春雄」という偽名で恵に近づいている。
  3. ^ 恵は帰宅当初「女友達のアパートで眠り込んでしまった」と言い訳をしたが、その直後にディーノがドアの隙間から恵の裸の写真をバラまいた。
  4. ^ ディーノの放火によるもの。
  5. ^ (3ページ目)金、女、野望、復讐……柳沢きみお『青き炎』と『DINO』に学ぶ、アウトローな生き方”. サイゾー (2015年6月22日). 2019年10月16日閲覧。
  6. ^ 【名作一気でぃーの?】あの名車の名を持つ青年の復讐劇『DINO ディーノ』 全12巻(by 柳沢きみお先生)”. LAWRENCE (2016年2月29日). 2019年10月16日閲覧。