メインメニューを開く

eS-League(エスリーグ)は、オンラインで行われる11人制eスポーツサッカーを主体とした大会の名称である。1人制や2~3人制の大会も開催され、成績上位者を集めたオフラインイベントが開催されることもある。

eS-League
前身 S-League
競技 eスポーツサッカー
開始年 2015年9月
参加チーム 106
日本の旗(PES、FIFA)
マレーシアの旗(FIFA)
シンガポールの旗(FIFA)
インドネシアの旗(FIFA)
ミャンマーの旗(FIFA)
ブルネイの旗(FIFA)
前回優勝 日本の旗FCC(PES Div1)
PROGRESSO(PES Div2)
SEED JAPAN NEXT(FIFA)
マレーシアの旗Amigos VFC(FIFA Div1)
Bara Boys VFC(FIFA Div2)
シンガポールの旗SG GREATS FC(FIFA)
香港の旗Man In Dragon(FIFA)
インドネシアの旗Akherat FC(FIFA)
ミャンマーの旗Asian Dynasty(FIFA)
ブルネイの旗Man In Dragon(FIFA)
スポンサー #協賛団体一覧参照
国際カップ戦 eS-League ASIA CHAMPIONS
公式サイト eS-League Japan
eS-League Malaysia
eS-League Singapore
eS-League Hongkong
eS-League Indonesia
eS-League Myanmar
eS-League Brunei
eS-League ASIA CHAMPIONS

概説編集

日本国内におけるオンラインサッカーゲームの二大タイトルFIFAシリーズウイニングイレブンシリーズ[1]を使用したeスポーツ大会を運営。関東圏内を中心にオフラインイベントも開催される。 行われた試合はディビジョン入れ替え戦など一部を除き全てポータルサイトに登録されており、クラブや個人の今までプレイしてきたデータを確認することが可能。 また、FIFAシリーズやウイニングイレブンシリーズのゲーム内で入手できるカードを模した「大会に参加したプレイヤー自身の選手カード」が発行されるのも特徴の一つ。#選手カードを参照。 最大の特徴はeS-Leagueに所属している各国の国内リーグによる成績に応じて参加できるeS-League ASIA CHAMPIONSが挙げられる。#eS-League ASIA CHAMPIONSを参照。

eS-League加盟国編集

加盟国一覧編集

eS-League加盟 活動
2015年 -  日本 活動中
2019年 -  マレーシア 活動中
2019年 -  シンガポール 活動中
2019年 -  香港 活動停止[2]
2019年 -  インドネシア 活動中
2019年 -  ミャンマー 活動中
2019年 -  ブルネイ 活動中

eS-League ASIA CHAMPIONS編集

eS-League ASIA CHAMPIONSはeS-League CHAMPIONSとeS-League ASIAの2大会があり、この2大会の総称とされている。

eS-League CHAMPIONS

各国リーグで上位成績を修めたクラブのみが参加でき、それぞれの国から参加できるクラブ数は各国のリーグに参加したクラブの多さに比例する。

大会 参加クラブ 優勝 準優勝
eS-League CHAMPIONS 24  SG GREATS FC  SEED JAPAN NEXT
eS-League CHAMPIONS 2nd 24  SG GREATS FC  SEED JAPAN NEXT

eS-League ASIA

eS-League CHAMPIONSに参加するクラブ以外の全てのクラブに参加する権利が与えられる大会。

大会 参加クラブ 優勝 準優勝
eS-League ASIA 32  Temasek Rangers VFC[3]  Akherat FC
eS-League ASIA 2nd 44  KLDORTMUND VFC  OLD MAN UNITED

クラブ一覧編集

FIFA編集

 日本のクラブ
グループ クラブ名 初加入 国内大会参加 アジア大会参加
S AKATUKI カップトーナメント2015 3rd[4] 3回 1回
S Burlesque IkT FIFA20 eS-League 4th 1回
S CASK United FIFA19 eS-League 3rd 3回 2回
S MK BOMB FIFA19 eS-League 2nd 6回 2回
S MUMEI FIFA20 eS-League 4th 1回
S SEED JAPAN NEXT S-League 2nd 20回 2回
S Vinculum FIFA20 eS-League 4th 1回
G BLACKBIRD FIFA19 G&eS-League 1st[4] 2回
G BSW FIT カップトーナメント2015 3rd 4回
G FC Bonds S-League 9th 8回
G FC DIOLA FIFA20 eS-League 4th 1回
G NOLVADEX FIFA20 eS-League 4th 1回
G REY BARIENTE FIFA19 G&eS-League 1st 2回 1回
G SEED JAPAN Plus S-League 9th 9回 2回

ウイニングイレブン編集

 日本のクラブ
クラス クラブ名 初加入
Division 1 DREAM TOWN UNITED ウイイレ2019 eS-LEAGUE 1st 2部
Division 1 Eternal Wonder Utd ウイイレ2019 eS-LEAGUE 1st 1部
Division 1 FCC ウイイレ2019 eS-LEAGUE 1st 1部
Division 1 JAPAN CORPS ウイイレ2019 eS-LEAGUE 1st 2部
Division 1 JOKERS ウイイレ2019 eS-LEAGUE 1st 1部
Division 1 PROGRESSO ウイイレ2019 eS-LEAGUE 2nd 2部
Division 1 ROBA ELEVEN ウイイレ2019 eS-LEAGUE 2nd 2部
Division 1 SAPPORO PUTIN ウイイレ2019 eS-LEAGUE 1st 1部
Division 1 SfiDante ウイイレ2019 eS-LEAGUE 1st 2部
Division 1 SKS ウイイレ2019 eS-LEAGUE 2nd 2部
Division 1 Super Own Goal Football Club ウイイレ2019 eS-LEAGUE 1st 1部
Division 1 WAGAMAMA UNITED ウイイレ2019 eS-LEAGUE 1st 2部
Division 2 AS Vecchio eFOOTBALL eS-LEAGUE 4th
Division 2 Best Great Team MOST KICKS eFOOTBALL eS-LEAGUE 4th
Division 2 CAO FOOTBALL CLUB ウイイレ2019 eS-LEAGUE 3rd 2部
Division 2 E.C.D ウイイレ2019 eS-LEAGUE 3rd 2部
Division 2 F.C NoiR[17] ウイイレ2019 eS-LEAGUE 1st 2部
Division 2 FC cola-zero ウイイレ2019 eS-LEAGUE 1st 2部
Division 2 FC GIST eFOOTBALL eS-LEAGUE 4th
Division 2 FC hangover ウイイレ2019 eS-LEAGUE 3rd 2部
Division 2 FC Imperial ウイイレ2019 eS-LEAGUE 3rd 2部
Division 2 FC POP ウイイレ2019 eS-LEAGUE 1st 1部
Division 2 FC Revival ウイイレ2019 eS-LEAGUE 3rd 2部
Division 2 FCBuenos ウイイレ2019 eS-LEAGUE 1st
Division 2 GallopNoseTouch eFOOTBALL eS-LEAGUE 4th
Division 2 GOAL ウイイレ2019 eS-LEAGUE 2nd 2部
Division 2 miniSARUeleven ウイイレ2019 eS-LEAGUE 1st
Division 2 Precure All Stars eFOOTBALL eS-LEAGUE 4th
Division 2 STE eFOOTBALL eS-LEAGUE 4th
Division 2 Tier1 ウイイレ2019 eS-LEAGUE 3rd 2部

選手カード編集

大会での活躍に応じてカードの能力値が決定[18]され、その週に優秀な成績を修めたプレイヤーはTeam of the Week (TOTW) やFeatured Player(FP)といった特別な仕様のカードとして表彰される。 [19]

大会ルール編集

クラブ側がやるべきこと編集

eS-League公式戦では各チームに最低一人のライブ配信を義務付けている[20]。これは出場停止を受けている選手が出場していたり、禁止されている行為があった場合の確認に必要であり、相手の違反行為を明確にするためにも欠かせないものとなっている[21][22]。また、試合終了の際に表示される各選手のスタッツ画面を動画に収録することが推奨されており、このデータを参考に選手カードの能力値が作られ、収録がなかった場合の能力値は低くなる傾向がある。選手カードについては#選手カードを参照。 試合終了後の結果入力も義務付けされており、どの選手がどのポジションで出場したか、ゴールやアシストを決めた選手などの登録を行う必要がある。[23]

eS-League 過去の大会編集

FIFA編集

日本リーグ編集

大会 期間 参加クラブ 優勝 備考
S-League 1st 2015年09月04日 -
2015年09月18日
6 Blaze over
S-League 2nd 2015年11月07日 -
2015年12月02日
7 Blaze over
S-League 3rd 2016年02月13日 -
2016年03月19日
8 Blaze over
S-League 4th 2016年04月23日 -
2016年06月04日
6 FC Manualists
S-League 5th 2016年07月30日 -
2016年09月03日
10 Nobishiro
S-League 6th 2016年11月01日 -
2017年01月10日
12 Drunk Monkeys 2016年11月18日から12月09日までの間JSLリーグとの交流戦を行った。
GROUP S1 2017年02月17日 -
2017年03月03日
6 McDonald's City S-League初の2部制リーグ。Div1を意味する「S1」と名付けられた。
GROUP S2 2017年02月17日 -
2017年03月03日
6 Sylvania Family 同上。Div2を意味する「S2」と名付けられた。
S-League 7th 2017年03月17日 -
2017年04月21日
8 McDonald's City 2017年03月28日から04月11日までの間JSLリーグとの交流戦を行った。
2部リーグ 2017年03月17日 -
2017年04月21日
8 McDonald's City S-League 7thの2部リーグ。こちらも同期間にJSLリーグとの交流戦を行っている。
S-League 8th 2017年06月16日 -
2017年07月21日
8 Nobishiro 2017年06月27日から07月11日までの間JSLリーグとの交流戦を行った。
2部 夏季リーグ 2017年06月16日 -
2017年07月21日
13 CoCo Latte S-League 8thと同期間の開催だがS-League 8thの記述はなく、夏季リーグと名付けられている。
S-League 9th 2018年07月13日 -
2018年08月31日
28 LIBERTE JSLリーグと合併した「WEL」終了後、S-Leagueとして約1年ぶりの大会。
FIFA19 eS-League 1st 2018年11月02日 -
2018年11月30日
6 FC Bonds S-LeagueからeS-Leagueへの変更に伴い、新たにウイニングイレブン部門が加わったことによって大会名にFIFA19が追加された。
FIFA19 eS-League 2nd 2019年01月18日 -
2019年02月15日
6 FC Bonds
FIFA19 eS-League 3rd 2019年05月10日 -
2019年06月07日
6 MK BOMB リーグ戦の結果は初のアジア大会であるeS-League ASIA CHAMPIONSに反映された。
FIFA19 G&eS-League 1st 2019年07月19日 -
2019年08月09日
10 SEED JAPAN NEXT G-Leagueとの共催。リーグ戦の結果はeS-League ASIA CHAMPIONS 2ndに反映された。

日本1onリーグ編集

大会 期間 参加人数 優勝 備考
1on League 1st 2016年06月07日 -
2016年07月06日
10 sawa_pato

日本トーナメント編集

大会 期間 参加クラブ 優勝 備考
カップトーナメント2015 3rd 2015年06月20日 -
2015年07月11日
16 TATEPON de RING G-Leagueとの共催であり、S-League初の公式大会。
カップトーナメント 15FINAL 2015年09月10日 -
2015年09月17日
15 Shocking Factel G-Leagueとの共催。
FIFA19 eS-League CUP Nov. 2018年11月13日 -
2018年11月27日
5 SEED JAPAN NEXT 賞品として優勝クラブにPSNカードを贈呈。
FIFA19 eS-League CUP Dec 2018年12月14日 -
2018年12月21日
8 FC Bonds 賞品として優勝クラブにPSNカードを贈呈。
eS-League CUP Mar. 2019年03月08日 -
2019年03月22日
6 SEED JAPAN Plus 賞品として優勝クラブにPSNカードを贈呈。

日本その他の大会編集

大会 期間 参加クラブ 優勝 備考
CL 2016 1st Group A 2016年01月20日 -
2016年01月27日
4 WELLDONE 1位:WELLDONE、2位:Shocking Factelが決勝トーナメントに進出
CL 2016 1st Group B 2016年01月20日 -
2016年01月27日
4 EKUVO FC 1位:EKUVO FC、2位:ALTIMAが決勝トーナメントに進出
CL 2016 1st 決勝トーナメント 2016年02月03日 -
2016年02月10日
4 Shocking Factel
CL 2016 2nd Group A 2016年01月20日 -
2016年01月27日
4 Chivalric order 1位:Chivalric order、2位:Drunk Monkeysが決勝トーナメントに進出
CL 2016 2nd Group B 2016年01月20日 -
2016年01月27日
4 ALTIMA 1位:ALTIMA、2位:Kinman FCが決勝トーナメントに進出
CL 2016 2nd 2016年02月03日 -
2016年02月10日
4 ALTIMA
SPRING CUP 〔Group A〕 2017年04月15日 -
2017年04月22日
4 CAT United 1位:CAT United、2位:FC ONEWAYが決勝トーナメントに進出
SPRING CUP 〔Group B〕 2017年04月15日 -
2017年04月22日
3 DESAFIANTE CF 1位:DESAFIANTE CF、2位:SHOGUNが決勝トーナメントに進出
SPRING CUP 〔Group C〕 2017年04月15日 -
2017年04月22日
4 belle equipe 1位:belle equipe、2位:SEED JAPAN NEXTが決勝トーナメントに進出
SPRING CUP 〔Group D〕 2017年04月15日 -
2017年04月22日
4 Dominator Utd 1位:Dominator Utd、2位:BSW FITが決勝トーナメントに進出
SPRING CUP 〔Group E〕 2017年04月15日 -
2017年04月22日
4 DATOO 1位:DATOO、2位:SCHILD ANGRIFFが決勝トーナメントに進出
SPRING CUP 〔Group F〕 2017年04月15日 -
2017年04月22日
3 NeverSayNever 1位:NeverSayNever、2位:TRYBEが決勝トーナメントに進出
SPRING CUP 〔Group G〕 2017年04月15日 -
2017年04月22日
4 LIBERTE 1位:LIBERTE、2位:Sylvania Familyが決勝トーナメントに進出
SPRING CUP 〔Group H〕 2017年04月15日 -
2017年04月22日
4 SEED JAPAN 2019 1位:SEED JAPAN 2019、2位:McDonald's Cityが決勝トーナメントに進出
SPRING CUP 2017年04月29日 -
2017年05月27日
18 CAT United

マレーシアリーグ編集

大会 期間 参加クラブ 優勝 備考
eS-League MALAYSIA 2019年02月13日 -
2019年05月15日
27 Project18 VFP リーグ戦の結果は初のアジア大会であるeS-League ASIA CHAMPIONSに反映された。
eS-League MALAYSIA S 2 (1st div. ) 2019年06月19日 -
2019年08月07日
15 Amigos VFC リーグ戦の結果はeS-League ASIA CHAMPIONS 2ndに反映された。
eS-League MALAYSIA S 2 (2nd div. ) 2019年06月19日 -
2019年08月07日
15 Bara Boys VFC リーグ戦の結果はeS-League ASIA CHAMPIONS 2ndに反映された。また、2部リーグであるためeS-League CHAMPIONSへの挑戦権はなく、eS-League ASIAへの参加のみとなった。

シンガポールリーグ編集

大会 期間 参加クラブ 優勝 備考
eS-League SINGAPORE 2019年02月20日 -
2019年05月15日
14 SGG AND FRIENDS[24] リーグ戦の結果は初のアジア大会であるeS-League ASIA CHAMPIONSに反映された。
eS-League SINGAPORE S 2 2019年06月19日 -
2019年08月07日
17 SG GREATS FC リーグ戦の結果はeS-League ASIA CHAMPIONS 2ndに反映された。

香港リーグ編集

大会 期間 参加クラブ 優勝 備考
eS-League HONGKONG 2019年04月01日 -
2019年04月29日
6 Man In Dragon リーグ戦の結果は初のアジア大会であるeS-League ASIA CHAMPIONSに反映された。

インドネシアリーグ編集

大会 期間 参加クラブ 優勝 備考
eS-League INDONESIA 2019年04月24日 -
2019年06月05日
14 KLDORTMUND VFC リーグ戦の結果は初のアジア大会であるeS-League ASIA CHAMPIONSに反映された。
eS-League INDONESIA S 2 2019年06月19日 -
2019年07月17日
10 Akherat FC リーグ戦の結果はeS-League ASIA CHAMPIONS 2ndに反映された。

ミャンマーリーグ編集

大会 期間 参加クラブ 優勝 備考
eS-League MYANMAR 2019年06月21日 -
2019年07月12日
8 Asian Dynasty リーグ戦の結果はeS-League ASIA CHAMPIONS 2ndに反映された。

ブルネイリーグ編集

大会 期間 参加クラブ 優勝 備考
eS-League BRUNEI 2019年06月21日 -
2019年07月19日
6 Man In Dragon リーグ戦の結果はeS-League ASIA CHAMPIONS 2ndに反映された。

ウイニングイレブン編集

日本リーグ編集

大会 期間 参加クラブ 優勝 備考
ウイイレ2019 eS-LEAGUE 1st 1部 2018年10月27日 -
2018年12月22日
10 SAPPORO PUTIN
ウイイレ2019 eS-LEAGUE 1st 2部 2018年10月27日 -
2018年12月22日
9 SPARKLE
ウイイレ2019 eS-LEAGUE 2nd 1部 2019年02月02日 -
2014年03月30日
10 SPARKLE
ウイイレ2019 eS-LEAGUE 2nd 2部 2019年02月02日 -
2014年04月13日
11 SKS
ウイイレ2019 eS-LEAGUE 3rd 1部 2019年06月15日 -
2014年08月03日
10 FCC
ウイイレ2019 eS-LEAGUE 3rd 2部 2019年06月23日 -
2014年08月04日
12 PROGRESSO

日本1onトーナメント編集

大会 期間 参加人数 優勝 備考
第2回 eS-LEAGUE 1on CHAMPIONSHIP -
2019年02月02日
31 hand_kaz 1戦目の開催日は不明[25]。準決勝・決勝はオフラインイベント「G-SQUARE ON powered by eS-League Vol.2」にて行われた。
第3回 eS-LEAGUE 1on CHAMPIONSHIP -
2019年05月18日
49 Dai__football 1戦目及び2戦目の開催日は不明[26]。準決勝・決勝はオフラインイベント「ARCHE e-Battle vol.1 supported by eS-League」にて行われた。

日本1onその他の大会編集

大会 期間 参加人数 優勝 備考
1on CHAMPIONSHIP GP-A 2018年11月23日 4 Limited-Sazabys 1位:Limited-Sazabys、2位:messi__weが決勝トーナメントに進出
1on CHAMPIONSHIP GP-B 2018年11月23日 4 wayakazu 1位:wayakazu、2位:Dai__footballが決勝トーナメントに進出
1on CHAMPIONSHIP GP-C 2018年11月23日 5 SakuRamble_ 1位:SakuRamble_、2位:SasakiMirei2が決勝トーナメントに進出
1on CHAMPIONSHIP GP-D 2018年11月23日 5 KA-RI-X 1位:KA-RI-X、2位:Altonishが決勝トーナメントに進出
1on CHAMPIONSHIP 2018年12月08日 -
2018年12月15日
8 Altonish 準決勝・決勝はオフラインイベント「G-SQUARE ON powered by eS-League」にて行われた。

オフラインイベント編集

2018年12月15日

G-SQUARE ON powered by eS-League

東京都秋葉原「eSports Studio AKIBA」にて行われたウイニングイレブンを使用したイベント。事前にオンラインで予選を勝ち抜いた選手が対戦する1on CHAMPIONSHIPや、3対3で行われるCO-OPモードの大会、eS-Leagueのオフライン選抜メンバーとオンライン選抜メンバーで対戦するTPエキシビジョンマッチなどが開催された。[27]

1on CHAMPIONSHIPの優勝はアルト。#eS-League 過去の大会を参照[28]。CO-OPモードの優勝は「アルト、ミク、まーさん」チーム。そしてTPエキシビジョンマッチのMVPもアルトが選出され、各部門の賞品を全て持ち帰るという事態が起こった。

  • MC:ちゃちゃ丸

2019年02月02日

G-SQUARE ON powered by eS-League Vol.2

前回に引き続き東京都秋葉原「eSports Studio AKIBA」にてイベントを開催。 オンライン予選を勝ち抜いたベスト4の選手が会場で対戦するeS-League ChampionShipをメインとしたイベント。[29][30]

1on CHAMPIONSHIPの優勝はkaz。#eS-League 過去の大会を参照[31]CO-OPモードの優勝は「kaz、だい」チーム。MVPにはしょーたが選ばれた。

  • MC:ちゃちゃ丸
  • 解説:礒貝洋光
  • アシスタント:レナ(ex.バニラビーンズ)

2019年05月18日

ARCHE e-Battle vol.1 supported by eS-League

埼玉県さいたま市、大宮駅西口アルシェ前にて開催されたウイニングイレブンイベント。事前に告知されていた通り、大宮駅前駅前大型ビジョンにイベントの映像を流したことにより多くの観客を集めることに成功した。キャッチコピーは「大宮駅前をジャック!!」。恒例となったeS-League ChampionShipの他、浦和レッズ大宮アルディージャOBによるeスポーツ対決、アイドルゲーマーvs元Jリーガーなどといった新企画も開催された。[32][33]

また、プレ国体と称したCO-OPモードのトーナメントがあり、オフライン予選11組を勝ち抜いたベスト4の準決勝・決勝が行われた。優勝は「ぱぁぱぁこそが生きがい」チーム。

恒例の1on Championsipは過去最大の49名の参加者のベスト4がイベント本選に出場。優勝はDai__football。#eS-League 過去の大会を参照。

  • 実況:ちゃちゃ丸
  • 司会:福井瑞規(J:COM
  • 解説:礒貝洋光、まーさん
  • アシスタント:レナ(ex.バニラビーンズ) 、RaMu


2019年08月04日

全国都道府県eスポーツ選手権2019IBARAKI ウイニングイレブン群馬県代表決定戦

群馬県前橋市、けやきウォーク前橋にて開催されたイベントに特別協力として参加し、ゲームの設定や大会の進行を担当した。また、イベント中自由にウイニングイレブンを体験でき、フリー対戦で勝利するごとに貰えるチケットで様々な賞品と交換できる対戦台を設置した。[34]

  • 実況MC:ちゃちゃ丸
  • MC:仁科美咲(J:COM)
  • 解説:からあげ
  • アトラクション:久保田悟

2019年08月18日

全国都道府県eスポーツ選手権2019IBARAKI ウイニングイレブン埼玉県代表決定戦

埼玉スタジアム2002にて開催されたイベントに特別協力として参加し、ゲームの設定や大会の進行を担当した。また、イベント中自由にウイニングイレブンを体験でき、フリー対戦で勝利するごとに貰えるチケットで様々な賞品と交換できる対戦台を設置した。[35]

  • 実況:ちゃちゃ丸
  • MC:福井瑞規(J:COM)
  • 解説:からあげ


eSgame times編集

eSgame timesとは、国内や海外のeS-Leagueに関する最新のニュースや活躍・インタビュー・イベントなど、サッカーゲームにまつわる情報を掲載している。

weekly eSgame times

weekly eSgame timesは、eSgame timesの動画版である。主にeS-Leagueの試合経過や結果、活躍などを動画にまとめて配信しており、MCは横ナツ・タツ・壮治が務めている。

協賛団体一覧編集

  • acer
  • DXRACER
  • G-SQUARE
  • SOCCERKING
  • Team GRAPHT
  • Twitch

脚注編集

  1. ^ 同タイトルの海外版はPro Evolution Soccer(略称:PES)の名称が用いられることがあり、eS-Leagueでもその略称であるPESの名称が使用されることもある。
  2. ^ 香港で活動していたクラブは他国リーグに参加しており、クラブ数不足のため一時的に閉鎖されている。
  3. ^ 後にOnes-To-Watchへ改名
  4. ^ a b G-Leagueとの共催
  5. ^ 旧名:PT Warrior VFC
  6. ^ 旧名:XSUKAMENX VFC
  7. ^ 旧名:Pakcik2 Tua FC
  8. ^ 旧名:HougangLazo SG
  9. ^ 旧名:JUGAR GLITCH VFC
  10. ^ 旧名:Temasek Rangers VFC
  11. ^ 旧名:SGG AND FRIENDS
  12. ^ 旧名:Segar Knights(初期)、Ultras Pro(2回目)
  13. ^ 旧名:Mavericks VFC
  14. ^ 旧名:TORA TORA
  15. ^ 旧名:La Belle Equipe
  16. ^ クラブ名に年号を採用しているため毎年名称が変わっている。入団当初の名称はSEED JAPAN 2015
  17. ^ 旧名:Samokichi ELEVEN
  18. ^ eS-Leagueとは”. eS-League公式サイト. 2019年10月2日閲覧。
  19. ^ 同様にベストイレブンのカードが作られ、場合によっては得点王やアシスト王、MVPなどもカード化されることがある。
  20. ^ FIFA / リーグ戦レギュレーション&ルール”. eS-League公式サイト. 2019年10月4日閲覧。
  21. ^ Winning Eleven / リーグ戦レギュレーション&ルール”. eS-League公式サイト. 2019年10月4日閲覧。
  22. ^ ウイニングイレブン部門ではこの動画提出を重く見ており、動画の提出がなかった場合はホーム側の場合0-5、アウェイ側の場合0-3での敗戦扱いとなる厳しいペナルティが科せられる。
  23. ^ AM5時までに入力をしなかった場合は0-3の敗戦扱いとなり、2日経っても登録されない場合は勝点を減らされる場合がある。
  24. ^ 後にSG GREATS FCへ改名
  25. ^ 公式サイトでは2戦目からデータが登録されており、1回戦のデータは登録されていない。
  26. ^ 公式サイトでは3戦目からデータが登録されており、1回戦、2回戦のデータは登録されていない。
  27. ^ eS-League初のオフラインイベント『G-SQUARE-ON! powered by eS-League』が開催!!”. eS-League公式サイト Report. 2019年10月4日閲覧。
  28. ^ 公式サイトではPSIDのAltonishで記録されている。
  29. ^ eSports STUDIO AKIBAにて『G-SQUARE-ON! powered by eS-League Vol.2』を開催しました!”. eS-League公式サイト Report. 2019年10月4日閲覧。
  30. ^ 秋葉原「eSports Studio AKIBA」でeスポーツイベント開催!参加&観覧無料”. サッカーキング. 2019年10月4日閲覧。
  31. ^ 公式サイトではPSIDのhand_kazで記録されている。
  32. ^ eS-Leagueオフラインイベント第3弾、『ARCHE e-Battle vol.1 supported by eS-League』開催!”. eS-League公式サイト Report. 2019年10月4日閲覧。
  33. ^ 5月18日(土)「ARCHE e-Battle vol.1 supported by eS-League」開催!”. ソフマップ. 2019年10月4日閲覧。
  34. ^ 「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」のウイニングイレブン部門群馬県代表決定戦が開幕!”. eS-League公式サイト Report. 2019年10月4日閲覧。
  35. ^ 「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」ウイニングイレブン部門埼玉県代表決定戦が埼玉スタジアム2002で開催!”. eS-League公式サイト Report. 2019年10月4日閲覧。

外部リンク編集