メインメニューを開く

G6とは日本海軍が計画した航空巡洋艦のこと。この計画は後に発展し、蒼龍の前身案であるG8となった。航空母艦の概念が固まっていなかった1930年代に検討された案であり、重巡洋艦並みの艦砲を装備し、さらに飛行甲板も配し航空機運用を行うとしたものである。G8案では20.3cm砲5基となり、全通甲板を有するものとなる。

要目編集

  • 基準排水量:12,000t
  • 公試排水量:17,500t
  • 水線長:240m
  • 水線幅:21.7m
  • 主缶:艦本式ロ号缶8基
  • 主機:艦本式タービン4基4軸 150,000hp
  • 速力:36ノット
  • 航続距離:18ノットで10,000海里
  • 兵装:50口径20.3cm連装砲3基、45口径12.7cm連装高角砲6基
  • 飛行甲板:194.2m×29m
  • 航空機:70機(格納庫2層、昇降機2基)

参考文献編集

関連項目編集