メインメニューを開く

GRB 080319Bは、2008年3月19日6時13分(UTC)に、うしかい座の方向で発見されたガンマ線バーストである。

GRB 080319B
GRB 080319Bの残光写真 (左:X線、右:紫外線と可視光)
GRB 080319Bの残光写真
(左:X線、右:紫外線と可視光)
星座 うしかい座
視等級 (V) 5.8
分類 ガンマ線バースト
発見
発見日 2008年3月19日6時13分(UTC)
発見者 スウィフト
発見方法 自動検出
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 14h 31m 40.98s
赤緯 (Dec, δ) +36° 18′ 18.8″
赤方偏移 0.937
距離 103億6000万 光年
Template (ノート 解説) ■Project

概要編集

GRB 080319Bは、現在知られている中で、視等級が最も明るいガンマ線バーストである。明るさのピークの30秒間は、肉眼で見える6等級を上回り、5.8等級に達する明るさとなった。これは、肉眼で見える明るさとなった唯一のガンマ線バーストである。また、GRB 080319Bまでの見かけの距離は75億1200万光年、空間の膨張を考慮した実際の距離は103億6000万光年もあり、これは肉眼で見えた最も遠い物体である。常時肉眼で見える最も遠い物体はアンドロメダ銀河(254万光年)もしくはさんかく座銀河(238万〜307万光年)であり、それらの数千倍遠い距離にあることになる。

GRB 080319Bの明るさは、視等級で9.0等級以上だった時間も60秒間続いた。また、バーストから3週間経っても、GRB 080319Bの残光が明るすぎて、バースト源の銀河がハッブル宇宙望遠鏡で観測ができなかった。

その他編集

GRB 080319Bは「クラークイベント」と名づけることが提案された。この名前は、このガンマ線バーストの発生時刻の数時間後に亡くなったSF作家アーサー・C・クラークにちなんでいる。

関連項目編集

出典編集