メインメニューを開く

うしかい座[2](牛飼い座、Boötes[1][2])は、トレミーの48星座の1つ。日本では春から初夏にかけて見ることができる。

うしかい座
Boötes
Boötes
属格 Boötis
略符 Boö
発音 [boʊˈoʊtiːz]、属格:/boʊˈoʊtɨs/[注 1]
象徴 the herdsman[1]
概略位置:赤経 15
概略位置:赤緯 +30
正中 6月15日21時
広さ 907平方度 (13位
主要恒星数 7, 15
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
59
系外惑星が確認されている恒星数 4
3.0等より明るい恒星数 3
10パーセク以内にある恒星数 6
最輝星 アークトゥルス(α Boö)(-0.05
最も近い星 Wolf 498;(17.7光年)
メシエ天体 0
流星群 January Bootids
June Bootids
Quadrantids
隣接する星座 りょうけん座
かみのけ座
かんむり座
りゅう座
ヘルクレス座
へび座(頭部)
おとめ座
おおぐま座

他の名称: Arctophylax

α星は、全天21の1等星の1つであり、アークトゥルスと呼ばれる。アークトゥルスと、おとめ座のα星スピカしし座のβ星デネボラで、春の大三角を形成する[3][4]

目次

主な天体編集

恒星編集

1等星のα星(アークトゥルス)以外に、2等星が1つ(ε星)ある[5]

以下の恒星には、国際天文学連合によって正式な固有名が定められている。

  • α星:アークトゥルス (Arcturus[6]) は、うしかい座で最も明るい恒星で、全天21の1等星の1つ[7]。実視等級-0.05等のオレンジ色の巨星[7]
  • β星:ネカル[8](Nekkar[6])
  • γ星:セギヌス[8](Seginus[6])
  • ε星:うしかい座で2番目に明るい恒星で、2等星[9]と5等星[10]との連星になっている。ε星Aにはイザル[8] (Izar[6]) という固有名が正式に付けられている[6]。美しい二重星であるとされ、ラテン語で「最も美しいもの」を意味するプルケリマという名前で呼ばれることもあった[11]
  • η星:ムフリッド (Muphrid[6])
  • λ星:玄戈 (Xuange[6])
  • μ星:連星。μ1星にはアルカルロプス (Alkalurops[6]) という固有名が付けられている[6][12]
  • 38番星:固有名はMerga[6]

その他、以下の恒星が知られている。

その他編集

由来と歴史編集

由来編集

星座名の Boötes は、ギリシャ語の Βοώτης を音訳したもので、元々は動物を追いやる大きな声に関連して「騒がしい」を意味する言葉であったとされる[1]。また「Βους(牛)を ωθειν (動かす)」に由来する[2]ともされ、実際におおぐま座が牛に牽かれた車として描かれた図が残っている[1]。また、古代ギリシャでは Ἀρκτοφύλαξ とも呼ばれており、これは「熊を監視する者」や「熊を守る者」など様々に訳されている[1]アラトスはこの名前を用いて、熊を引き連れて天の北極の周りを巡る人物としている[1]ホメロスが、『オデュッセイア』の中で Boötes とだけ呼んでいることから、 Boötes のほうがより古い呼び名であると考えられている[1]

神話編集

この星座に描かれた人物が誰かについては諸説ある。偽エラトステネスは、アルカディアの王リュカーオーンの娘カリストーゼウスの息子アルカスであるとする[1]。またヒュギーヌスは、ディオニューソスからブドウブドウ酒の製法を教わったアッティカの王イーカリオスであるとしている[1]。一説には、ギリシア神話に登場する天を支える巨人アトラスであるとする説もある[13]

後に天文学者たちはこの人物に2匹の犬(りょうけん座)を結び付けているが、ギリシャ神話や古代ギリシャの星図とは全く関係がない。

呼称と方言編集

英語では Boötes と綴られる。2番目の "o" の上に見られる "¨" はドイツ語に見られるウムラウト記号ではなくトレマと呼ばれるもので、これが付加されているので [bouóuti:z] (ボウオウティーズ)と発音される。分音符がなければ[bú:ts] (ブーツ)になってしまう。

日本では明治時代以降牧夫座と表記され、関西では「ぼくふざ」、関東では「まきおざ」と呼ばれていた[14]日本天文学会では、1922年末から1923年にかけて「牛飼座」に変更された[14]が、東亜天文学会系の研究者はそれ以降も「牧夫(ぼくふ)」の名称を継続して使用し、1957年から1960年にかけて学術用語として「うしかい座」と正式に定められるまでは日本名が統一されなかった[15]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ OED

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i Ridpath, Ian. “Star Tales - Boötes”. 2017年1月28日閲覧。
  2. ^ a b c 原恵 2007, p. 122.
  3. ^ 原恵 2007, p. 67.
  4. ^ 春の星空を楽しもう”. AstroArts. 2013年5月11日閲覧。
  5. ^ Results for CCDM J14449+2704AB”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2013年1月27日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2017年10月10日閲覧。
  7. ^ a b Results for NAME ARCTURUS”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2013年1月15日閲覧。
  8. ^ a b c 原恵 2007, p. 123.
  9. ^ =Results for HR 5506”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2013年1月27日閲覧。
  10. ^ Results for HR 5505”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2013年1月27日閲覧。
  11. ^ 原恵 2007, pp. 123-124.
  12. ^ 原恵 2007, p. 124.
  13. ^ 野尻抱影 『星座の話』 (改版) 偕成社、1977年9月、83-85頁。ISBN 4037230100 
  14. ^ a b 原恵 2007, pp. 43-44.
  15. ^ 原恵 2007, p. 44.

参考文献編集

原恵『星座の神話 - 星座史と星名の意味 -』恒星社厚生閣、2007年2月28日、新装改定版第4刷。ISBN 978-4-7699-0825-8

関連項目編集

座標:   15h 00m 00s, +30° 00′ 00″