メインメニューを開く

H&K HK79は、G3系統のライフルに装着される40mm擲弾発射器である。

H&K HK79 グレネードランチャー
Exercise TRIDENT JUNCTURE (22386125898).jpg
HK79を装着したG3を持つポルトガル陸軍の兵士
概要
種類 擲弾発射器
製造国 Flag of Germany.svg西ドイツ
設計・製造 ヘッケラー&コッホ
性能
口径 40mm
銃身長 280mm
ライフリング 6条右回り
使用弾薬 40x46mmグレネード弾
装弾数 1発
作動方式 シングルアクション
全長 350mm
重量 1.67kg
発射速度 5-7発/分
銃口初速 76m/秒
有効射程 150m
テンプレートを表示

概要編集

HK79は、それまでドイツ連邦軍で使用されてきたライフルグレネードに代わり、G3に対応した擲弾筒としてHK69をベースに開発された。装填や脱包のために薬室を開放する際、アメリカのM203では筒身を前方向に直線移動させるのに対し、HK79は前方を支点として筒身後端を下方向に振り下げる。

関連項目編集

外部リンク編集