HAZE』(ヘイズ)は、2006年に公開された日本映画塚本晋也が監督と主演を務めた。

HAZE
監督 塚本晋也
脚本 塚本晋也
製作総指揮 塚本晋也
川原伸一
出演者 塚本晋也
藤井かほり
村瀬貴洋
神高貴宏
辻岡正人
さいとう真央
音楽 石川忠
撮影 志田貴之
編集 塚本晋也
配給 ゼアリズエンタープライズ
公開 日本の旗 2006年3月4日
上映時間 49分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

もともとは韓国のインディペンデント映画祭であるチョンジュ映画祭で「三人三色」というプロジェクトの依頼を受け作り上げた25分の作品で、その後、49分のロングバージョンが2005年ロカルノ国際映画祭コンペティション部門に出品された[1]

狭いコンクリート空間に閉じ込められた男の密室劇を描いており、小型のビデオカメラを駆使し撮影。フィルムで映画を撮り続けてきた塚本晋也が初めてオールデジタル作品に挑んだ[2]。狭い空間の恐怖を描いたスリラー映画だが、この作品を作った塚本自身も閉所恐怖症である[3]

キャスト編集

スタッフ編集

  • 監督・脚本・製作・撮影監督・美術・編集 - 塚本晋也
  • プロデューサー - 塚本晋也・川原伸一
  • 制作 - 福山秀美
  • 撮影 - 志田貴之
  • 音楽 - 石川忠
  • 録音 - 加藤大和
  • 音響効果 - 北田雅也
  • 照明 - 吉田恵輔
  • 助監督 - 小出健、安倍雄治
  • 配給 - ゼアリズエンタープライズ

出典編集

  1. ^ HAZE”. シネマライズ オフィシャルサイト. 2019年10月2日閲覧。
  2. ^ HAZE-Original Long Version”. 塚本晋也 TSUKAMOTO SHINYA OFFICIAL WEBSITE. 2019年10月2日閲覧。
  3. ^ 塚本晋也(Shinya Tsukamoto)氏: 金縛りと解放。ラストシーンには 突き抜ける解放感を用意しています”. クリエイターズステーション. 2019年10月2日閲覧。

外部リンク編集