メインメニューを開く
大学入試センター試験のICプレーヤー

ICプレーヤー(アイシープレーヤー, 英:IC player)は、大学入試センター試験英語リスニング試験専用の機器、およびその試験対策用の機器に対する一般的な呼称。また、まれにデジタルオーディオプレーヤーの別称として用いられることもある[1]。 ここでは、主として大学入試センター試験に関するものを取り扱う。

概要編集

大学入試で用いられるICプレーヤーは、ハードウェア的には再生に特化したデジタルオーディオプレーヤーであり、録音機能も備えていない。また、メモリースティック(またはSDカード)を挿入し電源を入れた後の再生は1度きりとなっている。ボタンも「電源ボタン」「確認ボタン」「再生ボタン」の3つのみであり、全て長押しで作動するようになっている。

大学入試対策用のものも基本的に同じ性能であるが、こちらは繰り返しの再生や早送りなどが可能となっている。

なお、類似する呼称にICレコーダーがあるが、こちらは録音を主な目的とした機器全般の呼称であり、用途は本質的に異なる。

ICプレーヤーに関する報道編集

2006年、センター試験において、ICプレーヤーの不具合により試験中のトラブル(音がでない等)が発生し、マスメディア等で報道された[2]。以降、ICプレーヤーの不具合は2009年まで毎年報告されている[3]

利用の実際については大学入試センター試験#英語(リスニング)についても参照。

注釈・引用編集

関連項目編集

外部リンク編集