リスニングテスト

リスニングから転送)

リスニングテスト英語: listening test)とは、音声の聞き取りを用いた学力検査(聞き取り能力テスト)のこと。「リスニング」と省略されることも多い。

概要編集

リスニングテストは、英語圏でいわれる「リスニング・コンプリヘンション」(listening comprehension)を指す。入学試験高校受験大学受験など)における外国語(特に英語)の試験や、語学の能力試験の一部として実施される。音源はスピーカーラジカセなど、教室内で一斉に聞かせる目的のものが多いが、大学入試センター試験のように個別のリスニング専用機器を用いる場合もある。また、問題の回答方法は主として記号選択式のものである。

かつて日本では、高校受験大学受験実用英語技能検定などで実施される英語の聞き取り能力テストのことをヒアリングテスト(hearing test)と呼んでおり[注釈 1]、その名残で現在も混同されることがある。具体的には、実用英語技能検定においては1993年度まで聴解力試験のことを「ヒアリング」と称していたが、1994年度に「リスニング」へ改称され現在に至っている。英語の"hear"は"listen"よりも受動的な意味合いが強いこと、英語圏で"hearing"は「公聴会」「意見聴取」を表すことから、現在の「リスニングテスト」に言い換えられた。また、TOEFLTOEICなどのテストを実施している米国非営利団体であるETSにおいても、英語の聴解力テストのことをhearlingではなくlisteningとしている。[要出典]

英語のリスニングテストの現状編集

TOEICやTOEFLで用いられるほか、高校受験大学受験でも実施される。大学入試のうち、日本のセンター試験では個別のリスニング専用機器(ICプレーヤー)が用いられる。これは世界初の試みであるものの、機械に関するトラブルが毎年報告され、これらを含めて話題となっている。詳しくは大学入試センター試験#英語(リスニング)についてを参照。

日本語のリスニングテストの現状編集

日本の場合、母国語である日本語でも行われるが、もっぱら日本語能力試験など、日本語を母語としない者への実施が多く、入試で実施されるケースはまれである。

2008年現在、日本の高校入試では8つの自治体(青森県島根県岡山県広島県山口県佐賀県鹿児島県沖縄県)で国語にリスニングテストを取り入れている[2]。「母国語のリスニングはできて当然」として不要とする意見がある一方、国語の授業で聞く力を重視する風潮が強まっていること、また人の話を適切に聞き取れない子供が増えているという学校教育現場の懸念から、1990年以降に導入する自治体が増えてきている。

その他の言語のリスニングテストの現状編集

韓国の場合韓国語のリスニングテストが大学修学能力試験の言語領域で実施されている。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ヒアリングテストを言語の聞き取り検査の意味で使用する用法は、カタカナ英語である。英語でヒアリングテスト(英語: hearing test)は、聴力検査の意味となる。外国語の聞き取りテストは、英語で、listening comprehension test, aural comprehension test、または単にaural testという[1]

出典編集

  1. ^ 坂田俊策『NHKカタカナ英語うそ・ほんと』日本放送出版協会、1988年5月20日、42頁。
  2. ^ 朝日新聞 2008年1月20日「入試に国語リスニング 公立高、今春8県に拡大」

関連項目編集