INOMATIntelligent & Innovative Mechanical Automatic Transmission イノマット)は、三菱ふそうトラック・バスが製造する機械式オートマチックトランスミッション(機械式AT)である。1996年三菱自動車工業(当時)が開発。自社製マニュアルトランスミッションをベースに、コンピュータ制御で自動変速させるものである。主にトラックに搭載されるが、1984年発売の初代エアロスターに搭載されたバス用機械式AT「MMAT」(エムマット)の後継でもあり、バスにも搭載車種が存在する。シフトレバーは三菱製乗用車のスポーツモードATに似た外観だが、Pレンジは装備されていない。積載状況などに応じて1段飛ばしで変速する機能もある。

MMAT編集

1984年初代エアロスターにオプションとして搭載(標準仕様は5速マニュアル)。

INOMAT編集

1996年登場。停車時にクラッチ操作が必要。

  • 搭載車種

INOMAT-II編集

1997年東京モーターショーで参考出品、路線バス車両の2代目エアロスター(ニューエアロスター)で市販化された。発進・停車時のクラッチ操作が不要。2ペダル式である。成田国際空港のターミナル循環バスとしても採用された。

  • 搭載車種
    • 5速
      • エアロスター(2代目・ニューエアロスター)
      • キャンター
      • キャンターエコハイブリッド
    • 6速
      • キャンター
      • ファイター
    • 7速
      • スーパーグレート
    • 12速
      • スーパーグレート

同業他社の類似システム編集

関連項目編集