J-POP (電気グルーヴのアルバム)

J-POP』(ジェー・ポップ)は、日本のテクノユニットである電気グルーヴの9作目のアルバム

J-POP
電気グルーヴスタジオ・アルバム
リリース
録音 2008年
MONTAG STUDIO
KI/OON RECORDS "COMPAL" STUDIO
AOBADAI STUDIO
ジャンル テクノ
時間
レーベル キューンレコード
プロデュース 石野卓球
チャート最高順位
電気グルーヴ アルバム 年表
電気グルーヴとかスチャダラパー
2005年
J-POP
(2008年)
YELLOW
(2008年)
『J-POP』収録のシングル
  1. 少年ヤング
    リリース: 2007年12月5日
  2. モノノケダンス
    リリース: 2008年2月14日
テンプレートを表示

2008年4月2日キューンレコードよりリリースされた。

解説編集

前作『VOXXX』から数えて8年2ヶ月ぶりのオリジナルアルバムであり、21世紀に入ってからは初のアルバムである。活動休止や各々のソロ活動、電気グルーヴ×スチャダラパーでの活動などを挟んでのアルバムリリースとなる。

初回限定版には先行リリースされたシングル、「少年ヤング」と「モノノケダンス」のPVを収録した特典DVDが付属する。

2008年2月から、オフィシャルサイト内に「ワークショップ」というページが開設され、アルバム収録予定曲のデモ音源をリリース前に公開、随時更新し、曲が出来上がる過程を時間軸を追って疑似体験できる試みがなされていた。しかし、最終更新時にアップされた石野からのメッセージで企画自体やらせであったことが発覚した[1][2][3][4]

収録曲編集

DISC1-CD編集

全作詞: 石野卓球、ピエール瀧、全作曲: 石野卓球。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.完璧に無くして(Kanpeki Ni Nakushite)石野卓球、ピエール瀧石野卓球
2.エキスポ ヒロシマ(EXPO Hiroshima)石野卓球、ピエール瀧石野卓球
3.ズーディザイア(Zoo Desire)石野卓球、ピエール瀧石野卓球
4.いちご娘(Ichigo-Musume)石野卓球、ピエール瀧石野卓球
5.半分人間だもの(Hanbun Ningenn Damono)石野卓球、ピエール瀧石野卓球
6.モノノケダンス (Album Mix)(Mononoke Dance)石野卓球、ピエール瀧石野卓球
7.アルペジ夫とオシ礼太(Osclator To Arpeggio)石野卓球、ピエール瀧石野卓球
8.少年ヤング (Album Mix)(Shonen Young)石野卓球、ピエール瀧石野卓球
9.スーパースター(Super Star)石野卓球、ピエール瀧石野卓球
10.地蔵(ZIZO)石野卓球、ピエール瀧石野卓球
11.シュチェチン(Szczecin)石野卓球、ピエール瀧石野卓球
12.リンギンベル(Ringing Bells)石野卓球、ピエール瀧石野卓球
合計時間:

DISC2-DVD –Music Clips編集

*初回限定盤のみ付属

  1. 少年ヤング
  2. モノノケダンス

曲解説編集

  1. 完璧に無くして - Kanpeki Ni Nakushite
  2. エキスポ ヒロシマ - EXPO Hiroshima
  3. ズーディザイア - Zoo Desire
  4. いちご娘 - Ichigo-Musume
    後に『いちご娘はひとりっ子』という歌詞付きでリアレンジされ、2017年の『TROPICAL LOVE TOUR』で初披露されてアルバム『30』に収録されている。
  5. 半分人間だもの - Hanbun Ningenn Damono
  6. モノノケダンス(Album Mix) - Mononoke Dance
  7. アルペジ夫とオシ礼太 - Osclator To Arpeggio
  8. 少年ヤング(Album Mix) - Shonen Young
  9. スーパースター - Super Star
  10. 地蔵 - ZIZO
  11. シュチェチン - Szczecin
  12. リンギンベル - Ringing Bells

参加ミュージシャン編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ ナタリー - 「でんきグルーヴ」のホームページで新企画スタート”. 2012年6月27日閲覧。
  2. ^ ナタリー - 盛り上がる「でんきワークショップ」にゲスト登場”. 2012年6月27日閲覧。
  3. ^ ナタリー - やらせ発覚!電気グルーヴのデモトラック公開企画”. 2012年6月27日閲覧。
  4. ^ ナタリー - Power Push 電気グルーヴ”. 2012年6月27日閲覧。に記述があるように、もちろんジョークである。