J.B.ルノア

African American blues guitarist and singer-songwriter

J.B.ルノアもしくはJ.B.ラノーJ. B. Lenoir /ləˈnɔːr/ 1929年3月5日 - 1967年4月29日)はアメリカ合衆国ブルースギタリストシンガーソングライター。1950年代から60年代にシカゴ・ブルースシーンで活躍した。シマウマ模様の衣装と高い声でショウマンとして知られ、エレキ・ギターのスタイルと社会的な歌詞が影響を与えた。[1] 「アイゼンハワー・ブルース」[2]、「コリア・ブルース」、「アイム・イン・コリア」、「アラバマ・ブルース」、「ベトナム・ブルース」などのプロテストソング反戦歌で知られている。

"Len WAH"(レノワ)と発音される場合もあるが、自身は"La NOR"(ラノー)と呼んだ。イニシャル"J.B."に意味はなく、出生名(ファーストネーム)が"JB"だった。

来歴編集

ギター弾きの父にブラインド・レモン・ジェファーソンの音楽を紹介され、とりこになる。[1] そして昼は畑仕事、夜はギターの練習という生活で、演奏技術を磨いていった。

10代前半の1940年代初期にサニー・ボーイ・ウィリアムソンIIエルモア・ジェームスニューオリンズで共演。[3]後にアーサー・ビッグ・ボーイ・クルーダップライトニン・ホプキンスに影響を与えた。[1]

1949年にシカゴに引っ越す。ビッグ・ビル・ブルーンジーに地元ブルースコミュニティーを紹介してもらい、ナイトクラブでメンフィス・ミニー英語版ビッグ・メイシオ・メリーウェザー英語版マディー・ウォーターズと共演し、黒人の間でその名を知られるようになっていった。[3][4]

1951年、21歳の時にJ.O.B.レコードで初録音し、その後チェスレコードで録音を始める。

1950年代、J.O.B., チェス、パロット、チェッカーなどのレーベルで録音。"Let's Roll", サックスにJ. T. ブラウン英語版を迎えた"The Mojo feat. J. T. Brown", "Eisenhower Blues" などが黒人の間で人気になった。[5] ところが、「アイゼンハワー・ブルース」は大統領を批判した曲だったため、政府から圧力がかかり、発禁に追い込まれてしまった(のちに歌詞を変え"Tax Paying Blues"として再発売)。朝鮮戦争を批判した"Korea Blues"はチェスレコードからの発売で、[5]名義は'J. B. and his Bayou Boys'だった。[6]バンドにはピアノのサニーランド・スリム英語版、ギターのベイビーフェイス・リロイ・フォスターらがいた。他にも「コリア・ブルース」と同じく朝鮮戦争を批判した「アイム・イン・コリア」、人種差別を批判した「アラバマ・ブルース」などを発表した。

1954年に"Mamma Talk To Your Daughter"をParrotから発売し、R&Bで11位になり、後に多くカバーされた。[5]1956年に"Don't Touch My Head!!!", 1950年代後半にチェッカーで『ドント・ドッグ・ユア・ウーマン 英語版』を録音、スタンダードになった。

1963年、USAレコードで'J. B. Lenoir and his African Hunch Rhythm'名義でアフリカ系パーカッションを目立たせて録音。[1] 「アイゼンハワー・ブルース」が圧力で発禁になったルノアだが、彼は弾圧で屈服するようなヤワな男ではなかった。60年代にはベトナム戦争、大統領を批判する「ベトナム・ブルース」を発表し、反骨の精神を示した。

生活が苦しく、イリノイ大学の食堂などで働いた。ウィリー・ディクスンが彼をフックアップし、ドラムのFred BelowとアルバムAlabama BluesDown In Mississippi を録音。当時のインスピレーションは黒人の公民権運動(1955-1968)やFree Speech Movementだった。[1]ヨーロッパをツアーし、1965年にイギリスでAmerican Folk Blues Festivalに参加した。[7]

I never will go back to Alabama, that is not the place for me,

I never will go back to Alabama, that is not the place for me,
You know they killed my sister and my brother,
And the whole world let them peoples go down there free.

—"Alabama Blues", by J. B. Lenoir

おれはアラバマには帰らない。おれの場所じゃないよ。

おれはアラバマには帰らない。おれの場所じゃないよ。
やつらはおれの妹や弟を殺した。
あそこじゃみんなめちゃくちゃなんだ

—"Alabama Blues", by J. B. Lenoir

編集

彼は1967年4月、38歳の時イリノイ州アーバナで交通事故にあった。3週間後、ルノアは内出血と心臓発作が原因で死亡したが事故の際、病院で充分な治療を受けられなかったことが、死亡の原因だったと言われている[8]

後世への影響編集

イギリスのジョン・メイオールオマージュ歌"I'm Gonna Fight for You, J.B."や"Death of J. B. Lenoir"を書いた。[9]

2003年のドキュメンタリー映画『ソウル・オブ・マン英語版』(ヴィム・ベンダース監督)はマーティン・スコセッシ監督のThe Bluesシリーズの第二弾で、ルノアのほかにも、スキップ・ジェイムス、ブラインド・ウィリー・ジョンソンの生涯と作品を扱っている。

2011年、ブルースの殿堂入り。[10]

ディスコグラフィ編集

  • Natural Man (1968)
  • Crusade (1970)
  • J. B. Lenoir (1970)
  • Chess Blues Masters (1976)
  • Down in Mississippi (1980)
  • Mojo Boogie (1980)
  • Chess Masters (1984)
  • Parrot Sessions, 1954-55: Vintage Chicago Blues (1989)
  • His JOB Recordings 1951-1954 (1991)
  • Lenoir (1991)
  • J.B. Lenoir 1951-1958 (1992)
  • Vietnam Blues: The Complete L&R Recording (1995)
  • One Of These Mornings (2003)
  • Live in '63 (2003)
  • Martin Scorsese Presents The Blues: J.B. Lenoir (2003)
  • Alabama Blues: Rare And Intimate Recordings From The Tragically Short Career Of The Great Chicago Blues Man (2004)("the whale has swallowed me"(クジラがおれを呑み込んだ)収録)
  • If You Love Me (2004)
  • J.B. Lenoir (2004)
  • Mojo: The Job/USA/Vee Jay Recordings (2004)
  • J. B. Lenoir 1955-1956 (2007)
  • I Don't Know (2010)[11]
  • 日本盤『ナチュラル・マン+2 J.B.ルノアー』 (2013)

関連項目編集

参照/脚注編集

  1. ^ a b c d e Bill Dahl. “J.B. Lenoir”. Allmusic. 2011年11月11日閲覧。
  2. ^ http://www.discogs.com/JB...Eisenhower-Blues/.../2042354
  3. ^ a b Blues Online© J.B. Lenoir”. Physics.lunet.edu. 2013年3月10日閲覧。
  4. ^ J.B. Lenoir @ All About Jazz”. All About Jazz. 2013年3月10日閲覧。
  5. ^ a b c Nigel Williamson, Rough Guide to the Blues, 2007, ISBN 1-84353-519-X
  6. ^ J. B. Lenoir Discography”. Wirz.de. 2013年3月10日閲覧。
  7. ^ Russell, Tony (1997). The Blues: From Robert Johnson to Robert Cray. Dubai: Carlton Books Limited. pp. 133–134. ISBN 1-85868-255-X. 
  8. ^ Doc Rock. “The 1960s”. The Dead Rock Stars Club. 2013年3月10日閲覧。
  9. ^ John Mayall - The Death Of J.B. Lenoir Lyrics”. Metrolyrics. 2013年3月10日閲覧。
  10. ^ 2011 Blues Hall of Fame Inductees”. Blues.org. 2013年3月10日閲覧。
  11. ^ CD Universe, AMG, Amazon

外部リンク編集