J.C.P.ウィリアムズ

ジョン・シプリアン・フィップス・ウィリアムズ英語: John Cyprian Phipps Williams1922年11月16日 - )は、ニュージーランドの医師である。循環器系の専門医であり、現在のウィリアムズ症候群の症例を初めて報告し、その名前の由来にもなった。[1]

経歴編集

ニュージーランドウェリントンに生まれ[1]、1945年にニュージーランドヴィクトリア大学ウェリントンで学士(理学)を[1][2]、1947年に同校で学士(文学)を取得した[1][3]。その後、ダニーデンオタゴ医科大学で医学を学び、1953年に卒業した。1954年から1955年まではオークランド病院の研修医として勤務し、テムズ病院での勤務を経て、1956年から1962年までオークランド病院とグリーンレーン病院に勤務した。1961年に自分の名前を冠した症候群に関する論文を発表したのは、研修医として勤務していたこの時期だった。「低身長で妖精のような顔立ちをしており、心臓に問題を抱え、非常に友好的で、認知障害を持つ若い患者のグループ」に注目した。

失踪編集

その後のウィリアムズの消息についてはわかっていない。ユタ州の病院での職を一旦引き受けたが辞退したほか[1]、1979年にはパスポートの更新などの動きがあったとされる[4]。1988年にニュージーランド高等裁判所はウィリアムズを「1978年に死亡したと推定される行方不明者」と認定した。しかし、作家のマイケル・キングによると、2000年1月にウィリアムズから間接的に連絡があったという。

脚注編集

  1. ^ a b c d e Lenhoff, Howard M.; Teele, Rita L.; Clarkson, Patricia M.; Berdon, Walter E. (2010). “John C. P. Williams of Williams-Beuren syndrome”. Pediatric Radiology 41 (2): 267–269. doi:10.1007/s00247-010-1909-y. ISSN 0301-0449. PMID 21107555. 
  2. ^ “Graduates, 1945”. The Spike or Victoria University College Review 1945: 68. (1945). http://nzetc.victoria.ac.nz/tm/scholarly/tei-VUW1945_Spik-t1-body-d29.html 2013年1月23日閲覧。. 
  3. ^ “Graduates, 1947”. The Spike or Victoria University College Review 1947: 36. (1947). http://nzetc.victoria.ac.nz/tm/scholarly/tei-VUW1947_Spik-t1-body-d23.html 2013年1月23日閲覧。. 
  4. ^ Michael King (1 April 2002). Wrestling With the Angel: A Life of Janet Frame. Counterpoint Press. pp. 340–41. ISBN 978-1-58243-185-7. https://books.google.com/books?id=IGLf69ljvecC&pg=PA340