妖精(ようせい、fairy)とは、西洋の伝説・物語などで見られる、自然物の精霊[1]。主としてフェアリーの訳語である。中国では、もともと妖怪や魔物を指して使われていた[注釈 1]

目次

ヨーロッパの妖精編集

シェークスピアの『夏の夜の夢』に登場するオーベロンパックなどが有名。

東洋の妖精編集

時代や地方によって多少の差異はあるが、中国における「妖精」という言葉は、「妖怪」「妖魔」などと同様、魑魅魍魎を指す一般名詞であった。

伝承における妖精の差異編集

詩、戯曲においては、妖精は小柄で可愛らしい存在として描写されるが、その他の伝承においては、巨漢であったり、天使のように荘厳であったりする存在として描かれることもある[3]

未確認生物としての妖精編集

近現代において妖精は度々写真に撮られたりミイラが見つかったりして世間を騒がせることがある。

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 西遊記』や『封神演義』に記述が見られる[2]

出典編集

  1. ^ 『広辞苑 第四版』[要文献特定詳細情報][要ページ番号]。当文献では、英語のフェアリー(fairy)のみを挙げている。
  2. ^ 『封神演義』上、安能務訳、講談社〈講談社文庫〉、1988年11月、50ページ。ISBN 978-4-06-184320-2
  3. ^ 妖怪バイブル』256ページ

参考文献編集

  • ローゼン, ブレンダ 『妖怪バイブル - 幻想の生きものについて知りたかった事の全てが解る』 中谷友紀子訳、ガイアブックス、2009年8月ISBN 978-4-88282-702-3

関連項目編集