オークランド (ニュージーランド)

ニュージーランドの都市

オークランド: Auckland, 英語発音: [ˈɔːklənd], マオリ語: Tāmaki-makau-rau)は、ニュージーランド北島北部に位置するニュージーランド最大の都市オセアニア有数の世界都市でありポリネシア地域最大の都市でもある。都会でありながら周辺に変化に富む自然環境を持っている。

オークランド
Auckland(英語
Tāmaki-makau-rau(マオリ語
AucklandMontage24032011.jpg
オークランドの市章
市章
愛称 : City of Sails,Queen City (現在は稀)
位置
ニュージーランド内のオークランドの位置の位置図
ニュージーランド内のオークランドの位置
の位置図
座標 : 南緯36度51分 東経174度47分 / 南緯36.850度 東経174.783度 / -36.850; 174.783
行政
 ニュージーランド
 広域自治体 オークランド広域自治体
 地域自治体 Auckland City
Manukau City
Waitakere City
North Shore City
Papakura District
Rodney District (一部)
Franklin District (一部)
 市 オークランド
地理
面積  
  市域 4894 km2
人口
人口 (2020年現在)
  市域 1,650,644人
    人口密度   2,719人/km2
  市街地 1,650,644人
    市街地人口密度   2,719人/km2
その他
等時帯 UTC+12 (UTC+12)
夏時間 UTC+13 (UTC+13)
市外局番 09
公式ウェブサイト : www.aucklandnz.com/

概要編集

かつてニュージーランドの首都であった歴史を持ち、ニュージーランドの人口の3割強が居住している。地域人口の40%は海外出身者が占めるグローバル都市である。また、世界最大のポリネシア人の居住人口を抱える都市である。

2010年のオークランド市の人口は約45万人であった。2010年にニュージーランドの地方行政区画の改革によって7つの自治体が統合され、広域都市オークランド地方が発足した。2011年の域内人口は約149万人であったが、2020年には約165万人に増加した。

商業地区は中心業務地区以外に北部のノースショアや南部のマヌカウなどにも分散している。市内にはオークランド国際空港とオセアニア地域有数の商業港湾であるオークランド港が所在し、ニュージーランド最大の貿易拠点となっている。

海に面した地形から海上交通が栄え「City of Sails(シティ・オブ・セイルズ、訳例: 帆の街)」の愛称で呼ばれる。ヨットボートなど小型船舶の登録数は約14万隻で人口比では世界最大。オークランドに居住する3軒に1軒の割り合いで小型船舶を保有している。

マオリ語名はTāmaki Makaurau(ターマキ・マカウラウ)であるが、Aucklandの読みをマオリ語化したĀkarana(アーカラナ)という名称[1]もあり、ヨット名や地元の団体名などで使われている。なお、 日本語のカタカナ表記では米国カリフォルニア州オークランド (Oakland) と当市とは同じになってしまうため、当市を「NZオークランド」、米国のそれを「USオークランド」と表記する場合がある。

歴史編集

 
対岸から見たオークランド中心部

1350年ごろ、肥沃なこの一帯の地峡に先住民のマオリが住み始めた。マオリは主に火山の頂上付近に要塞化された村を建設していった。当時のマオリの人口は2万人ほどであったと推計されている。やがてニュージーランド北島では火器が戦闘で用いられるようになり、種族間の均衡が崩れ、こうした新兵器を所持できなかった部族は海岸部から山間部へと逃れた。ヨーロッパからの入植が始まった19世紀の時点で、今日のオークランドの地には比較的少数の先住民が残っていただけであった。

1820年、オークランドの地に初めて足を踏み入れたのは、ニュージーランドで初めてキリスト教布教をしたイギリスの宣教師サミュエル・マーズデンである。1769年にイギリスの探検家ジェームズ・クックエンデバー号でワイテマタ湾を通過したものの、オークランド周辺には上陸しなかったためである。1832年オタゴ地方のジョセフ・ブルックス・ウェラーがオークランド周辺の土地を購入、1839年9月からはヨーロッパ人の入植が始まり、翌年1840年2月6日にはマオリ族とイギリス政府が「ワイタンギ条約」を締結して、正式にニュージーランドがイギリスの植民地となった。 この時、イギリス海軍のウィリアム・ホブソンがニュージーランドの初代総督となった。オークランドの町が建設された土地はマオリから総督のホブソンへ友好の証として寄贈された。ホブソンはワイテマタ湾の南岸に大型船が停泊できることを見つけ、そこを1841年にニュージーランドの首都と定めてオークランドと名づけた。この名前は、当時インド総督を務めていた政治家の初代オークランド伯爵ジョージ・イーデンに由来している。1842年にはラッセルから政府機関の移転も行われたが、ポート・ニコルソン(現在のウェリントン)のほうが地理的に首都に適している、という意見は当時でも多かった。

1865年に首都はウェリントンへと移された。第二次世界大戦がおわった1945年以降、太平洋諸島の数多くの人々が移住し、1996年にはオークランドの人口が100万人を突破した。

2020年3月、国内で新型コロナウイルス感染者が確認されると、政府によりオークランドは各都市とともにロックダウンが行われた。同年5月に入り、感染は抑え込まれたとしてロックダウンは解除されたが、同年8月には再び感染者数が増加。オークランドは3週間にわたり再びロックダウンが行われた[2]

地理編集

 
ワイテマタ湾のオークランド・ハーバー・ブリッジ

東に太平洋に続くハウラキ湾、南東に低いフヌア山脈、南西に浅瀬の入り江であるマヌカウ湾、西から北西はワイタケレ山脈がある。タスマン海のマヌカウ湾と太平洋のワイテマタ湾の間の狭い地峡に都市が広がっている。この地峡は最狭部は2kmもない。

オークランドは活火山であるオークランド単性火山群英語版が分布している。この火山群は玄武岩質のマールタフリング火砕丘などの53の単性火山から構成されており、最古の噴火は約25万年前、最新の噴火はランギトト島英語版の約600年前である。最近の噴火ほど1イベントの噴出量が多くなる傾向があり、最新のランギトト島の噴火では約2.3km3のマグマが噴出した。この量は火山群全体の噴出量の約6割にあたる。海岸には流れた溶岩も多く見られる。

気候編集

海洋性気候で、ケッペンの気候区分では西岸海洋性気候(Cfb)に属す。ニュージーランドの主要都市では最も温暖で年間の日照時間は2060時間を越える。年間を通じて早朝、地峡から穏やかな海風が入り心地よい朝を楽しむ人々の姿が見られる。車の保有率が極めて高いことから浮遊粒子状物質による大気汚染も問題になってきている。

オークランドの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 23.3
(73.9)
23.7
(74.7)
22.4
(72.3)
20.0
(68)
17.4
(63.3)
15.2
(59.4)
14.5
(58.1)
15.0
(59)
16.2
(61.2)
17.8
(64)
19.6
(67.3)
21.6
(70.9)
18.9
(66)
平均最低気温 °C (°F) 15.3
(59.5)
15.8
(60.4)
14.6
(58.3)
12.3
(54.1)
10.0
(50)
8.0
(46.4)
7.1
(44.8)
7.6
(45.7)
8.9
(48)
10.5
(50.9)
12.1
(53.8)
13.9
(57)
11.3
(52.3)
降水量 mm (inch) 75
(2.95)
65
(2.56)
94
(3.7)
105
(4.13)
103
(4.06)
139
(5.47)
146
(5.75)
121
(4.76)
116
(4.57)
91
(3.58)
93
(3.66)
91
(3.58)
1,240
(48.82)
平均月間日照時間 229 201 180 162 142 111 140 144 149 181 187 225 2,060
出典: NIWA Science climate data

交通編集

鉄道編集

オークランドの鉄道の中心となっているのが、ブリトマート駅である。2003年に旧オークランド駅の機能を移転して開業した。4本の近郊線の始発駅となっている。駅に周りにはバスターミナルやフェリーターミナルが隣接しており、全体として「ブリトマート交通センター」とよばれている。

フェリー編集

フラーズ・グループの運営によって、オークランドからハウラキ湾内各地へ旅客フェリーが運航されている。2007年の乗客は約420万人にのぼる。

空港編集

ニュージーランド最大のオークランド国際空港は、南部のマヌカウ港 (Manukau Harbour) の埋立地に位置する。

観光編集

テレビ番組と映画の撮影作品編集

姉妹都市編集

 
市議会のロゴ

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本語におけるいわゆる「カタカナ化」と同じ現象である。日本語で Auckland /ˈɔːklənd/ が Ōkurando になるように、マオリ語では Ākaranaになる。
  2. ^ NZ首相、再びコロナ勝利宣言 最大都市での規制緩和へ”. AFP (2020年10月5日). 2020年10月17日閲覧。
  3. ^ Eriksen, Alanah (2009年3月7日). “'Power Rangers' defeated - Entertainment”. NZ Herald News. 2016年9月4日閲覧。
  4. ^ Power Rangers”. Film NZ. 2016年9月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

公式
日本政府
観光

座標: 南緯36度51分 東経174度47分 / 南緯36.850度 東経174.783度 / -36.850; 174.783