メインメニューを開く

情報センターJAXAi(じょうほうセンタージャクサ・アイ)は、かつてあった宇宙航空研究開発機構(JAXA)の広報施設。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 情報センターJAXA i
JAXAi Entrance.JPG
JAXAiのエントランス
施設情報
正式名称 情報センターJAXA i
愛称 ジャクサ・アイ
専門分野 宇宙開発
来館者数 年間17万7,926人(2009年度)[1]
事業主体 宇宙航空研究開発機構(JAXA)
管理運営 (財)日本宇宙フォーラムに委託[1]
年運営費 9600万円(2009年度実績)[1]
延床面積 約150m2 [1]
開館 2004年9月24日[2]
閉館 2010年12月28日
所在地 100-8260
東京都千代田区丸の内1-6-4
丸の内オアゾショップ&レストラン 2F
位置 北緯35度41分0.6秒
東経139度45分59.1秒
座標: 北緯35度41分0.6秒 東経139度45分59.1秒
外部リンク JAXA i ホームページ
プロジェクト:GLAM

入場料は無料で、主に日本宇宙開発に関するイベントや展示などが行われていたが、2010年4月26日に行われた事業仕分け第2弾において事業の廃止を判定された[3]。この判定を受け、2010年12月28日に閉館した[4]

目次

概要編集

JAXAiは2004年9月24日、JAXAの情報発信の場として丸の内オアゾショップ&レストラン2階にオープンした[2]。当時のパンフレットには『地球への愛。宇宙からのeye』と書かれていた[2]

H-IIBロケットの模型や実物のLE-7Aエンジン宇宙服、関連図書、宇宙食などの展示コーナーのほかに、月1回のマンスリートークや子供を対象としたイベント、丸の内オアゾ1階を使用したスペースシャトルH-IIAロケット打ち上げのライブ中継などを実施し、気軽に宇宙を楽しめるスポットとして運営されていた[5][6]

JAXAの情報発信拠点として、約6年3ヶ月半で約116万人以上の来場数を誇ったが、2010年12月28日に閉館した[4]

事業仕分け編集

2010年4月26日に行われた事業仕分け第2弾において、JAXAのOBが業務委託先に天下りをしていること、年間経費が1億円掛かることが問題視され[7]、仕分け人から「丸の内に常設しなければならない理由が分からない」、「日本科学未来館との統合や筑波宇宙センターに行ってもらえば良い」、「年間1億円かけるなら、他にもっと良い広報の方法があるのではないか」と指摘された[5]。樋口清司副理事長は「宇宙に興味のない人がふらっと寄れる施設にこだわりたい」と主張したが[7]、最終的に仕分け人12人中10人が「廃止」を提示し、事業の廃止を結論付けた[8]

所在地編集

ギャラリー編集

参考文献編集

外部リンク編集